パグ太郎
パグ太郎
クラシック中心に聴いています。オーディオは手段と考えてはいるものの、気がつくと手段の魔力に取り付かれてしまうことも多く、日々修行をしております。

マイルーム

パグ太郎の部屋
パグ太郎の部屋
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
Phileweb登録後1年、気が付くとスピーカー導入していました(2018/6) 10数年愛用したアンプが逝ってしまったので、久々の機器更新をしました(2017/6)。
所有製品
  • スピーカーシステム
    GERMAN PHYSIKS HRS120 Carbon
  • プリメインアンプ
    OCTAVE V110SE
  • ハードラック
    QUADRASPIRE QAVM
  • RCA/BNCオーディオケーブル
    KIMBER KABLE KS-1020
  • 電源ケーブル

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

若手歌手の門出を、有名演奏家の期待の3作で「無理やり」言祝ぐ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月23日

ハードであれ、ソフトであれ、実際に聴いてから日記を書く、それが当然の流れなのですが、新作の発表を見ただけで嬉しくなってしまい、今日は、聴いてもいない新録音を、待ちきれずに日記に登場させてしまいます。そういうファン心理は、傍から見るとお馬鹿でしょうが、笑って見過ごしていただけると幸いです。(決して新録音の宣伝ではございません)

(1)祝! ヒラリー・ハーンのバッハの無伴奏ソナタ&パルティータの全曲収録が、20年越しで完成!
16歳のデビューCDを聞いた時の衝撃は以前、日記にも書きました。その時は、この作品の全6曲中3曲の録音。直ぐにパート2が出ると思っていたら音沙汰なし、完全に諦めていたのです。 が、10月の新譜で漸く、実に21年の間隔を開けて全曲収録が完了です。レーベルもSonyからDECCAへ変っています。この間に彼女のバッハ演奏がどのように変ったのか、そして20年以上の間隔を開けた理由は、あるいは、今これを完結させることを思い立ったた訳は、更には、この時点での全曲の再録音ではなく、完結のための追加録音を選んだのは何故、などなど次々に色々なことを尋ねたくなります。それ以上に、どういう演奏になっているのか、とても楽しみ。

おまけに、12月には来日して、2日で全曲演奏のリサイタルをするそうです。先行チケットはあっという間に完売で手出しも出来ず。秋口に再度販売が行われるそうですが、これも無理なんでしょうね。

(2)祝・祝! ムローヴァの久々の新録音はぺルト!!
前回のプロコフィエフ作品集が、2012年・14年のライブ録音。スタジオ録音としては、前回のワールドカップ2014、リオ大会にあわせた(?)「リオのストラディバリ」というブラジル音楽の企画モノでした。両方とも彼女らしい良い作品ではあったのですが、どこかで、彼女らしい尖がった新しい曲を聴きたいという欲求不満が続いておりました。W杯年の今年、4年ぶりの新録音は、P.ヤルヴィ指揮エストニア国立交響楽団で、ぺルトの代表曲の詰まったCDです。久々に、先鋭的なムローヴァが聴けるのではと待ちきれません。

(3)祝・祝・祝! ナデーヌ・シエラのメジャー・デビュー!!!
白状します。これが書きたくて、この日記を書いてしまいました(前の二つは前座です)。

以前の日記で、国際コンクールの動画配信で若手オペラ歌手の有望株を見つけて、そのキャリア・アップを見るのが楽しみという、マニアックな記事を書きました。そこでご紹介した、ナディーヌ・シエラ(2013年の「Neue Stimmen(新しい声)国際声楽コンクール」の優勝者)が、5年越しでメージャー・レーベルでのCDデビューです。コンクール後も順調に主要オペラ劇場の出演を果たし、スカラ座(16年)、メトロポリタン(17年)、昨年のパリ革命記念日コンサート(17年)など有名歌手への途を歩んできていました。でも、ここで終わってしまってCDリリースできない歌手も沢山いる中、それを果たしたということです。それも、あのドイツ・グラモフォン(DG)。これは目出度い!

今年で30歳のはずですから、これからじっくりと名歌手への階段を登って行って貰いたいものです(こうなると、もう親だか、親戚の叔父さんのような心境)。で、親戚の叔父さんとしては、DGの企画に一言、物言いがあります。彼女の美質は、やはり柔らくて軽い情緒的な歌声と、その感情表現の精細な豊かさで、ヴェルディ・ベリーニ・ドニゼッティなどのイタリア・オペラのアリアで最大限にその美質が発揮できるはずなのです。でも、今回のCD、彼女がアメリカ人で、今年がバーンスタイン生誕100年だからといって、この企画はないでしょう! いえ、バーンスタインや、フォスター、ヴィラ・ロボスが、嫌いだと言っているわけではないのです。彼女のデビューに持ってこなくもいいでしょうと言っているだけで・・・・。すいません、つい興奮してしまいました。

(4)祝・祝・祝・祝! ヨーヨー・マのバッハ無伴奏チェロ組曲の再録音登場!!!!
更に、すみません。これは、待ち望んでいたというわけではありませんので、付け足しです。

彼がチェロの聖典といわれるこの名作を録音するのは、83年、98年に続いて、今回が3回目です。特に2回目の録音は、原曲の舞曲としての本来の姿を露にしてくれた、軽やかで楽しい、でもバッハの傑作の心を打つ基本をしっかりと押さえた演奏でした。この作品の新しい境地を拓いてくれた演奏だと感じる愛聴盤です。ですので、彼の無伴奏組曲の次の姿を聴くとしたら、もう10年後、70歳になった彼がどのような滋味深いバッハを弾いてくれるかが楽しみというような意識でいたのです。そういう意味で、待ち望んでいたわけではありませんが、還暦を迎えた彼の演奏は、やはり期待の録音です。この調子で行けば、更に15年後に4回目もありかも、なんて勝手なことを考えてしまいます。

ということで、応援している若手歌手(といっても、30歳)の門出を祝う、打ち上げ花火として大物ベテラン(といっても、ハーンは9つしか年上ではないのですが)の期待作を配してみました。ハーンとムローヴァが前座で、ヨーヨーが付け足しという豪華布陣です。親戚の叔父さんの、無理やりの応援は滑稽でもあります。(でも、こうやって応援していた若手歌手が、我が侭放題の人格破綻のプリマドンナに成長して、業界から干されるという悲しい思いをした経験もあり・・・・本当は大人しくしていたほうが良かったかも)

*因みに、本日の4作品とも8月から10月にかけてのリリースの予定で、予約はしましたが、一切聴いておりませんので、内容につきましては保証の限りにあらずということでご容赦ください。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. パグ太郎さん、こんばんは。

    熱い親戚のオジサマのオススメに従ってリリースしたら聴いてみることにします(笑)
    ハーンの再録ではなく付け足しの意図も気になりますね。こちらも聴きたいな。というか、ハーンって現在Deccaなんですね。Grammophonだと思っていました。。。

    bykanata at2018-07-23 22:48

  2. パグ太郎さん

    ナデーヌ・シエラのメジャー・デビュー おめでとうございます。

    やはり若いかけだしの頃(メジャーコンクール挑戦の前後あたり)に目をかけて、原石の可能性を見いだし応援していた才能が花開き世に広く認められるというのは応援する方も鼻高々ですよね。

    ここ数年、夏場は長野県のほうに避暑することが多いのですが、当地のどの地方局もローカルニュースで必ず「今日の御嶽海」をやっています。初土俵~幕下時代からずっとやっていて、最初はいくら地元出身とはいえ幕下力士の土俵を場所中は毎日放映するなんてと…と笑って見ていたのですが、だんだんこっちも感化されて応援モードに。

    ついに今場所は優勝してしまってびっくりするやらうれしいやらです。

    byベルウッド at2018-07-24 11:27

  3. kanataさん

    レス有難うございます。こういうファン心理だけで音楽を聴くというのも、またそれはそれで楽しいと思っています。その楽しさだけをお伝えしたい日記ですので、「オススメ」ではございませんので、ご理解賜りたく・・・。本来、親戚の叔父さんであれば、CD買い込んで、ご近所に配って歩かないといけないですよね。

    ハーンは仰るとおりDGと契約していたはずですが、DECCAはこれが初めてだと思います。ユニバーサル・ミュージックという意味では同じなのでしょうが、理由が気になります。

    byパグ太郎 at2018-07-24 12:50

  4. ベルウッドさん

    レス有難うございます。「おめでとうございます」と言われてしまうと、本当に身内になった様な気がしてくるから不思議です。

    相撲にも「谷町」という伝統がありますね。それの現代的マーケティング手法がAKB総選挙。YouTube見て一喜一憂するくらいが丁度良いのかもしれません。

    byパグ太郎 at2018-07-24 12:59

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする