パグ太郎
パグ太郎
クラシック中心に聴いています。オーディオは手段と考えてはいるものの、気がつくと手段の魔力に取り付かれてしまうことも多く、日々修行をしております。

マイルーム

パグ太郎の部屋
パグ太郎の部屋
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
Phileweb登録後1年、気が付くとスピーカー導入していました(2018/6)。所有製品はHRS130ですが、製品DBに登録がないので、一番近いもので代替しています。 10数年愛用したアン…
所有製品
  • スピーカーシステム
    GERMAN PHYSIKS HRS120 Carbon
  • プリメインアンプ
    OCTAVE V110SE
  • ハードラック
    QUADRASPIRE QAVM
  • RCA/BNCオーディオケーブル
    KIMBER KABLE KS-1020
  • 電源ケーブル

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

横浜のvafan邸再訪記、オフ会後の懇親会も含めた深い体験に感謝!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月20日

年の瀬も近づいたある週末、相互訪問のお約束をしながら、なかなか日程の調整がつかないままになっていた横浜のvafanさん邸訪問を、vafanさんとGRFさんの「昭和歌謡大会」への飛び入り参加という形で、ようやく果たしてまいりました(一方、vafanさんに拙宅にお越し頂くのは、申し訳ないことですが越年となってしまうのが確実のようです)。本日のオフ会は、もうお一方、vafan邸からそれほど遠くない駅に仕事場をお持ちのMさんが、オフ会終了間際から参加され、その後の懇親会もご一緒頂くという予定になっています。

今回の日記は趣向を変えて、その懇親会からお話を始めたいと思います。

オーディオのオフ会というのは、年齢、職業、暮らしぶりなど、日常生活では余り接する機会がないような、多様な方々と接する場となって、それ自体が面白かったりします。 そして、会の後の懇親会では、初対面の方でも同好の士という安心感もあってか、これまた普段しないような突っ込んだ話題で盛り上がったりするのも、また楽しいものです。

今回の懇親会も、Mさんにご紹介いただいた評判の肉料理に舌鼓を打ちながら、丁々発止の議論が、オーディオや音楽だけでない色々な話題に広がり、そういう楽しい懇親会の典型のような場となりました。その中で印象に残ったのが、宗教とか、信じることというのはどういうことなのかという、これはまた本当に滅多にしないような話題が上ったということです。

・宗教が歴史上引き起こしてきた(いや、今でも引き起こしている)抗争・対立の弊害をどう考えるか
・「信じることと、カルトの違い」とか、「信じることが生み出す社会的軋轢という害と、信じることによって生まれる社会的つながりという益」を一括りにしてしまうことの是非
・宗教における寛容と、日本人の無宗教はどうつながるのか。そもそも日本人は無宗教なのか(超自然的なものへの崇敬の態度は日常生活に浸透している、いや、西洋人からみたら絶対的帰依がなければ信仰ではない・・・)
・宗教が、組織として信者に帰属を求めること、そのために教義が湾曲されていくこと、そしてそれが経済活動に及ぶことの問題

こう書いてしまうと、延々と深刻な議論があった様ですが、そんなことは全くありません。美味しいものを食べて、酒飲みながらの他愛ない話として、こういう議論が一瞬盛り上がり、また別の話題に移っていっただけ、でも、そういうことが出来ること自体が刺激的。

このことが印象に残ったのは、何を大切にして、何を正しいと感じるのか、人と人との繋がりの中で、それをどのように共有していくのか、というようなことを昼間のオフ会で考えていたからかもしれません。さて時間を半日、巻き戻しまして・・・・。

Vafan邸訪問は1年ぶりです。前回同様、駅で待ち合わせして、お薦めの美味しい焼きそばで昼食後、お宅へむかう予定だったのですが、そのおそば屋さんが、GRFさんとvafanさんのお知り合いのIさんのお宅の近くなので、先にご挨拶に立ち寄ろうということになりました。予定変更で初対面の方のお宅訪問? ドキドキしながら見ていますと、玄関先でGRFさんと奥様がお話をされている様子から、奥様とは久々の再会で先様も驚かれている様です。後で伺えば、Iさんは寄られるかもということはご存じだったとのこと。そうとは知らない私は目を白黒させながら、オーディオルームにお通し頂いたのですが、そこで思いがけない驚きの歓迎を受けたのです。

というのは、大型のビンテージスピーカの間に置かれた譜面台に飾ってあったのが、大好物のR.シュトラウスの『四つの最後の歌』、それもセル指揮のシュワルツコップ盤と、カラヤン指揮のトモワ=シントウ盤で、どう見ても両方ともオリジナルLP。先ほどまでの遠慮は吹き飛んで、興奮気味に愛聴盤だとお伝えすると、2枚の下にから魔法のように10枚ほどのレコードが、それも名盤の誉れの高い歌手ばかりまとめて登場。最近はまっているヤノビッツ、日記にも再三取り上げたノーマン、それにポップ、テ=カナワ、デ・ラ=カーサ、、、そして滅多にお目にかかることのないハンガリー出身でカラスの再来といわれたシャーシュ。
(カラヤン指揮ヤノビッツ盤)
厚かましくも、ヤノビッツとシャーシュをリクエスト、気が付けば「シャーシュは学生時代、追っかけしていて、上野の文化会館でサインをもらったのが思い出」なんて誰にも話していない告白までしてしまい・・・・。
(懐かしのシャーシュ盤)

さらに、登場したのが、シュライヤーの『冬の旅』のエテルナ版オリジナルLP。そしてシューマンの『女の愛と生涯』のLPコレクション。こちらはGRFさんが興奮気味。こちらも負けじと(って先ほどの遠慮はどこへやら)、実はフランスの室内楽も好きでしてと欲を出すと、これまたドビュッシー、ラベルのエラートの最初期名盤がバラバラでてきます。例えば、以前、日記で取り上げたこれとか。
(ドビュッシーの最後のソナタ集)

今日はアンプの調子が悪いということを仰っていましたし、実際にそういう影響も見受けられましたが、そういう細かいことは一切抜きにして、古き良き演奏のオリジナルの素晴らしさを信じて、それに愛情と情熱を注ぎこんでこられた方の音楽が鳴っています。オーディオ的な正しさとは別の、音楽という「八百万の神々」を純粋に崇敬している日本人の宗教観のようなおおらかさが、初対面の遠慮などを吹き飛ばす人と人のつながりを作り出すという貴重な体験をしたと、後から振り返って、そう思える出会いでした。

これでは際限がなくなりvafan邸にたどりつけないと、早々に辞去しましたが、この思いがけない、飛び込みイベントの後、vafan邸に到着したのは、既に予定より1時間強遅れていました。

最初に定番の耳慣らし(?)として、かけていただいたのがダイアナ・クラールのこの曲。一聴して一年前と大きく変わっています。高域がきれいに伸びて、艶やかな音の質感が、きめ細やかな密度で再現されています。これがプリを入れる効果かと感心してしまいまいました。
(Octaveのプリアンプが綺麗に収まった新システム)

女声ヴォーカルが「華があって、明るく健康的、少し若めに」再生すると前回訪問で感じたvafanのお好みが、更に質感を向上させて飛び出してきています。そうです、やはりオーディオのオフ会としては、八百万の神々から外国の神様まで融通無碍に取り込んで幸せというだけではない、自分の信じる(欲する)音をどう実現するのが正しいのかという、ある意味、教義を確かめあう場でもあるのです。

最近、オフ会で感じることですが、同じ音楽を聴いていても、一人ひとり聴いているポイントが違う、そのポイントがどう聞えることを良しとするのかも千差万別、その中でのセッティングです。その目指すところは十人十色なんだという当たり前のことが、ようやくわかってきました。だが、完全に「各人各様」で良いのであれば、何のために第三者に聴いてもらうのか、やはり多様な経験・ノウハウを有する色々な人からの評価を受け、助言を得ることも大切だからだろうし、だからと言って、正しいと信じるところを一方的に押し付けて良いものでもない。いえ、今回のオフ会がそういう妙な場面になったということは全くありません。

逆に、それぞれが正しいと感じて取り組んできたことが真摯に議論されはしましたが、何かに固執しそれ以外を許容しない「カルト」でもなく、共通理解のないが故の「社会的軋轢も生む」ということもなく、より良く音楽を聴きたいという思い、「その思いを信じることで生まれる社会的つながり」によって、ある到達点に達するという、その過程に立ち会ったのだと感じました。vafanさんも仰っていた通り「そこから先はじっくり自分で聴きこむ」という個人の場なのでしょう。

そこからは、お決まりの音楽タイム、昭和歌謡が心地よく鳴り始めた。ちょうどそのタイミングで、閑静な住宅街に重低音のエンジン音を轟かせて登場されたのがMさん。開口一番「いい音ですね」って、それはそうです。これまで、ご登場の用意を皆でしていたようなものなのですから。その「良い音」のご紹介は、長くなりましたので、今回はお休みで、ごく一部のみ写真で。


昭和歌謡を堪能した後は、冒頭にご紹介した通りの懇親会に突入。私は、皆さんの議論にうなづきながら、一人、昼間の出来事を楽しく反芻していたのでありました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. パグ太郎さん、おはようございます。

    先日は、昼から晩まで先の展開が読めず、ジェットコースターに乗ったような1日でしたが、私も大いに楽しませていただきました。プリアンプで神が宿るとまでは、言いませんが、外すと寂しくなるのは確かで、定位置確保となりました。

    オーディオは、どうしてもモノを足しがちで、なかなか引くことはしにくいですね。行ったり来たり、3回繰り返すと言われたGRFさんのお言葉もありました。冬休みは、じっくりと音探しをやってみたいと思います。結局はどんな音を出したいかがブレないことが、大事なのかなぁと。

    来年になりますが、HRS-130を聴かせていただけること、楽しみにしています。その際、ミリ単位談議もいたしましょう。

    by横浜のvafan at2018-12-21 07:02

  2. 横浜のvafanさん

    先日は、確かに、先が見えない展開でしたが、充実の1日で本当に有難うございました。実際に聴かせていただくと、アンプをセパレートにする効果は相当なものだと感じました(当方は、当面はSPとの格闘ですが:笑)

    >結局はどんな音を出したいかがブレないことが、大事

    全く同感です。日記本文にも書きましたが、ここからは、個々人の想いを追求する世界なのでしょうね。その結果がどうなっていくのか、また聴かせていただければありがたいと感じています。

    >来年になりますが

    はい、そちらも是非、よろしくお願いいたします。

    byパグ太郎 at2018-12-21 12:39

  3. こんばんは

    私も、オフ会の楽しさは音そのものよりもその様々な周辺事由やストーリーにあると感じてます。その人との本筋ではない脇道話も魅力です^_^仕事だけしていたら決して味わえないこの趣味の奥行きは、インターネット時代に生きている喜びと言いましょうか、このコミュにも感謝してます。
    >行ったり来たり、3回繰り返す
    横レスになってしまいますが、まさに自分は今そこにいます。一度システムを縮小してまた再構築して、今度また縮小・簡素化に戻ろうと考えていたところです。やはりお気楽なシステムが性に合ってるみたいです(^_^.)

    byにら at2018-12-22 04:14

  4. にらさん

    おはようございます。レス有難うございます。

    音そのものより、この方はどういう音楽のどこが好きで聴いておられるのかというところの方が面白く、こういう音になっているのはその為かと納得したりします。今回は、更にそれを超えた、普段なら話題にもしないことで議論できたことが印象的でした。仰る通り、こういうコミュニティのおかげです!

    byパグ太郎 at2018-12-22 07:32

  5. パグ太郎さん、こんにちは。

    日本人の良さは何でも受け入れる事が出来る国民性だと思います。
    協調性と共に、これ見よがしなコミニュケーションを取らなくても察し合える事が出来るのは、村単位で協力しないと生きていけなかった古い農村生活の名残ですかね。
    自然にも物にも神様を宿らせて、粗末にしたり悪い事をしたら神様が見ていると思って、自らを律する事は少なくとも私の両親では当たり前だったように思います。
    個人主義は欧米化のモロ影響ですが、日本人の良さが薄れるようで何だかなあという感じです。
    少なくとも他人の価値観を否定はしないようにしたいです。
    時には真面目なCENYAより。

    byCENYA at2018-12-22 13:44

  6. CENYAさん、レスありがとうございます。


    >少なくとも他人の価値観を否定はしないようにしたいです

    そうですね。一方で、他人の価値観にも柔軟に耳を傾けることも大切だなとも思います。趣味趣向の共有はそういったモノの上に成り立つ様な気もします。

    でも良い音楽を聴いて共感できれば、そういう理屈も吹き飛んでしまうというのも、また事実なのですが。

    byパグ太郎 at2018-12-22 18:25

  7. パグ太郎さん、こんばんは。

    私もvafanさんのお宅に先日伺ったところですので、「華があって、明るく健康的、少し若めに」が良く分かります。
    もちろん、拙宅での再生とは違うわけですが魅力的だと感じました。
    自宅のシステムで満足していればいいのに、自分の浮気心にはガッカリさせられますね(笑)

    自分が単独で得られる情報で生まれるスキルの向上力は限界がありますから、オフ会は経験値を貯める上でとても役立つと感じております。
    新しい機器や使いこなしに新しい音楽、アーティスト、そして新しいお酒? とかもでしょうか。


    いつか、パグ太郎さんの出される音を聴いてみたいです。
    もちろん、拙宅の音も聴いていただきたいわけですけれども。

    …と、遠い田舎で考えております(汗)

    byfuku at2018-12-22 19:09

  8. fukuさん、こんばんは。レス有難うございます。

    オフ会で、知らない音源を教えていただくのは楽しみですね。それから、ホストの方の音楽の楽しみ方を知るのも大きな刺激になります。逆に、好きな音源をお持ちして気にいって頂くと、我がことの様に嬉しくなってしまいます。

    東京にお越しの際、お時間が許すようであれば、是非、お越しください。

    byパグ太郎 at2018-12-22 20:24

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする