パグ太郎
パグ太郎
クラシック中心に聴いています。オーディオは手段と考えてはいるものの、気がつくと手段の魔力に取り付かれてしまうことも多く、日々修行をしております。

マイルーム

パグ太郎の部屋
パグ太郎の部屋
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
Phileweb登録後1年、気が付くとスピーカー導入していました(2018/6)。所有製品はHRS130ですが、製品DBに登録がないので、一番近いもので代替しています。 10数年愛用したアン…
所有製品
  • スピーカーシステム
    GERMAN PHYSIKS HRS120 Carbon
  • プリメインアンプ
    OCTAVE V110SE
  • ハードラック
    QUADRASPIRE QAVM
  • RCA/BNCオーディオケーブル
    KIMBER KABLE KS-1020
  • 電源ケーブル

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Harubaru邸訪問記 オーディオをめぐる二つの理想の関係とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月01日

昨年の6月、拙宅にお越しいただいたHarubaruさんのお宅にお邪魔してまいりました。Harubaru邸といえば有名な『マラソン オフ会』ですが、ゴールデンウィークは当方も家族と過ごすため、これまで参加が叶わずでした。今回は奥様のご旅行中という僥倖(?)にめぐまれ、オフ会のご招待を頂いた次第です。リビング-オーディオという双方共通の環境ですので、ご事情は何となく察せられます。

午後からは、MFさん、Chibiさんが参加されてヴォーカル系のデータ再生が中心になるので、午前中にクラシックのCDを楽しみましょうという事で、朝からのオフ会です。駅至近のマンションの最上階のリビングに通して頂いて、まず説明頂いたのがお部屋の構成。驚いたのが、「ここから先は和室で鴨井と小壁が下がっていたのだけれど、オフ会に来られたGさんとBさんに『それが邪魔して音が回っていない』と言われたので、取り払って一つ続きの洋間に改装した」と事も無げに仰ったことです。拙宅でそんなことを言い出そうものならとんでもない暴挙として即却下。冒頭の同じリビング・オーディオで共通の苦労というのは、大いなる誤解であったと気付いたのであります。

(パワー三系統と電源)
面喰いながら、続いて伺ったシステム構成にまたまたびっくり。パワーアンプが3系統、プリが2系統、トランスポートがSACDプレイヤーとMFPC、DACが2種(SACDプレイヤー内蔵を入れれば3種)これらを組み合わせて(って何通りあるのか暗算すらできません)使い分けしておられるそうです。うーん、後にも先にも一通りしかない拙宅とはやはり違う。

きっと余程日ごろの行いが良いに違いない、なんて考えている所でかけて頂いたのがこのCD。
皆さんのオフ会のチェックでよく登場するのは知っていたのですが、聴くのは今日が初めてです。伸びのある歌声の人間味のある暖かさが再現できるか、弦楽器の響きがバランス良く響くかが聴きどころなのでしょう。まずはSACDプレイヤー単体で、それからasoyajiDACとのセパレートでの聴き比べ。この時点で、情報量の差もさることながら、単体DACの音色の支配力にびっくり(後で伺ったところ、漆と和紙で職人が巻いたトランスという伝統工芸品のような作品だそうですね)。ついで、MFPCの4台構成の最新バージョンとasoyajiDACの組み合わせ。乾燥度が上がった晴天の真冬の早朝のような見通しのよさです。塵と水蒸気がなくなって、遠くの山の稜線がくっきりと、でも距離感を持って見えるよう。音として言えば。張り上げた声やバイオリンの擦れる音の高域が抵抗感なく伸びていきますし、低域もどこかに埋もれていたものがストレートに実在感を見せます。いやはや凄いですね。しかし、最初に聴かせていただいた一体型SACDプレイヤーだって世間水準で言えば、高級機のはずです。これでは余りに可哀想。
(主役のMFPCとDAC)
(可哀想なSACDプレイヤーは右下)

ということで、持参したCDをかけて頂いたのですが、先ほどまで聴かせていただいたMFPC-asoyajiDACではこう聴こえるはずというのが想像ついてしまって、どうにも居心地がよろしくありません。お言葉に甘えてお持ちしたCDをリッピングしていただいて、再度聴かせて頂くことになりました。本当に我儘で申し訳ありません。

そんなこんなでお昼を回って、午後の部のChibiさんとMFさんがご登場。そこから先は、私の理解を超える更に詳細な技術的解説と聞き比べが行われたのですが、残念ながら再現能力がありません。断片的にお伝えすると、Roonがファイル・フォーマットをどう扱っているか、そのことと4台目のバッファリング専用PCの働きの関係とか、ノイズは濾すのではなく減衰させるとか、汎用化・家電化(?)と共に強化が進んだフェイル・セーフの仕掛けを使い勝手を犠牲にしてどれだけはぎとるか等など、MFさんの設計思想の一端を、伺うことができて大変面白かったです。

実は、最近、MFPCを幾つかのお宅で聴かせていただき機会があったのですが、それぞれヴァージョンや構成が違うらしく、その質感も違うとのこと。Harubaruさんはそのテストベッドとして開発者と二人三極でその変化を追いかける醍醐味を楽しんでおられるようです。そのお気持ちがあるからこそ、この改変に継ぐ改変を心待ちにしておられる、もっと言うというと、永遠に安定などせず、その方向転換の振れ幅が大きければ大きいほど良いとまで考えておられるのではないかと勝手に想像してしまいました。私には到底理解も及ばない世界ではありますが、お二人に、開発者とユーザの理想的な関係を見たような、まぶしい想いをしたのでありました。

午後の部も、色々な実験(ムターの新録音の人工的色付けであったり、マスタリングの違いであったり、direttaのトライアルであったり、LANケーブルの長さの影響であったり)であっという間に過ぎてしまいました。

その後の感想戦でも飛び出したのは、昼間感じさせていただいた、ご家族との関係や、開発者と愛好家との関係にまつわる色々な話題でした。Harubaru邸のオフ会はオーディオ愛好家の、ご家族との理想の関係、開発者との理想の関係を目の当たりにさせていただいた貴重な体験の場となったのであります。

Harubaruさん、MFさん、Chibiさん、本当に楽しい一日を有難うございました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 私もお誘いいただきありがとうございました。
    MFPCを聴いたのは、これで5回目になりますし、harubaruさん宅にお邪魔するのはマラソンオフ会以来になりますが、MFPCもharubaruさん宅の音も様変わりしていて、光陰矢の如し、極短期間での長足の進化に驚かされます。
    まだまだ、音質追求と進化への欲求は止まらず、これからも新たなブレイクスルーが起きるのではないかと予感させます。
    今回は、いろいろな組み合わせで実験しましたが、バッファーPCの重要さ、音質のみならず音場表現にまで次元の違う効果をもたらすことを確認できましたし、バッファーPCを変えることで、また音楽が違う表情を現すのも興味深く感じました。
    DACも、hugo2とasoyajiでは表現の柔らかさ、質感に大きな差があり、まあ完全に別物でしたね〜。
    しかし、一番のポイントは、出てくる音の定位がピタッと決まっていて、骨格がしっかりしているのと相まり、安定感と奥行き感のある深みのある表現が印象に残りました。
    もはやスピーカーの存在は消え、正面の壁一面に音場が拡がるのも、以前との大きな違いで、ああ何か突き抜けたんだなぁと感慨深いものがありました。
    多分まだまだ、立ち止まることを知らないMFさんとharubaruさんですから。これからもどんどん驚かしてもらいたいと思います。
    二次会も楽しかったです。ありがとうございました!

    bychibi at2019-09-01 21:57

  2. パグ太郎さん

    昨日はお疲れさまでした!
    苦手な分野のところお書き下さりありがとうございます。
    まぁ何が何やらですよね!(笑)

    >理解を超える更に詳細な技術的解説と聞き比べが行われたのですが、残念ながら再現能力がありません

    簡単に書かせて頂きますね!

    ①ノートPC+DirettatargetPCでのデモをしました。
    AsoyajiDACではなくHugo2でデモをしましたが、さすがにMFPC+AsoyajiDACとは差があり過ぎでした。

    ②次にHugo2をMFPCで再生しました。
    ノートPC+DirettatargetPCからMFPCの比較です。
    再生ソフトもノートはJRiverで、MFPCはroon+
    HQplayerの差がありますが、送り出し側での変化が分かりました。

    ③次にHugo2からAsoyajiDACに変更しました。
    ここではDACの変更による比較です。
    Hugo2がわざとらしい感じに聴こえてしまう差を感じました。
    AsoyajiDACはとても自然で良かったですね。

    ④次はBufferPCの比較をしました。
    双方のbufferPCの主な差は、ハードウェア的にはHDPLAXのPC(大きな筐体)はJCATLANカードが使われておりコストが掛かっています。もう一台はASRockのdeskminiベースの安価なPCです。
    安価と言ってもCPUはHDPLEXのPCよりも高速で最新のCPUを使っています。
    ソフトウェア的には、プロセスカットに違いはありませんが仮想メモリの容量を双方で変えています。
    これが皆様のMFPCで変更している数値の一つです。
    こればっかりは検証するにも台数と時間が膨大に掛かりますので、大幅な変更はしていませんが僅かな差があります。
    4台全て用途別に設定していますが、HDPLEXのPCは今まで設定していない数値にしてお渡ししていました。
    この2台のbufferPCの差は結構ありましたね。
    HDPLEXの方はコストが掛かっているので、私としては差が無い方がありがたかったのですが、Harubaruさん的には一安心ってところでしたね(笑)
    音の差の理由が何なのかは、違うところが多すぎるので断定は出来ませんが、音はHDPLEXの方がより落ち着いて聴いていられる感じで良かったです。

    【続く】

    byMF at2019-09-02 00:50

  3. ⑤次にBufferPCに使用しているLANケーブルを交換しました。
    見てみると少し細く短いケーブルでしたので、持参したカテ6Aの10メートルと交換しました。
    これが見事に良くなりましたね(笑)
    少し強く感じた音がしなやかに変わりました。
    それから長く余ったLANケーブルを束ねて結んでみました。
    こんなんで変わるか!って感じでしたが、変わっちゃいましたね!
    どう変わったかは、書くのやめます(笑)
    ここ盛り上がりましたね。

    ⑥コントロールPCのLANケーブルも長いものに変えてみました。
    これはほとんど変化は無かったですね。
    音源が送信されるLANケーブルだと変化があるのかも?と言った話になりました。

    ⑦最後に大きなパワーアンプで聴きました。
    とても貴重なトランスに交換されたとの事でしたが、真夏では熱くほとんど使用していない状態との事でした。
    まだ音が固く、真空管も交換されたそうですが硬さが取り切れていない感じでしたので本領発揮では無かったようです。
    エージングがもっと進んでからまた聴かせて頂きたいと思いました。

    簡単にといっても長くなりました汗

    私自身Harubaruさん宅の訪問は久し振りで、スピーカーが平行になっていたり、PCとDACが出川式オールリニア電源になっていたりで相当良くなっていましたので驚きました!
    大きな800D3の存在が消えるってすごいですよね!
    素晴らしい音場・奥行・定位でした。

    感想会も身の上話?で盛り上がりましたね!
    私は時折gloを吸いに(タバコではないで笑)外に出ましたが、その15階からの風景を眺めながら色々あったなぁ
    と思いにふけっておりました(笑)

    と長くなりましたが、次はパグ太郎さん宅へお伺いさせて下さいね!

    byMF at2019-09-02 00:51

  4. パグ太郎さん、初めまして。

    私もその日にHarubaru邸にお伺いする予定でしたが、
    急な用事でお伺いすることができませんでした。
    改めて皆さんご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

    皆さんのお話を読ませていただき、その時の様子が伝わってきました。
    行きたかったなぁ・・とつくづく思っております。

    また機会がございましたら懲りずにお誘いください!

    byにゃんす at2019-09-02 01:39

  5. パグ太郎さん、おはようございます。

    遠い所お越しいただき、また日記を書いていただきありがとうございます。
    パグ太郎邸にご招待していただきながら、なかなか拙宅にお呼びできませんでしたので心苦しく感じておりました。(^^;)

    オフ会は来ていただいた方に楽しんでいただけるのが一番大事だと考えておりますので、それなりに満足していただけたようで良かったです。

    技術的な解説はMFさんが既にしていただいので特に書き足すことはないのですが、8月18日にX1おやじ邸を訪問した後、SNを更に良くすることはないかと出川式リニア電源を追加したり、バッテリーを1つに1台にしたりいろいろやってみて、なんとかお聞かせできるレベルに仕上がって来ました。

    MFさんは、普段とてもお忙しくてなかなかオフ会に参加できない(私が窓口になったりMFPCのデモをしているのもその理由です)のですが、今回急にお越しになれることになり、いろいろ協力していただけて良かったです。
    Direttaのデモも興味深かったですね。今後のポテンシャルを感じます。

    MFさんとはMFさんがPhilewebに入会した時からの友人ですし、MFさんのやられることを検証するが私の役目だと勝手に思っています。今度はそう来ましたか、とその変化と出音を楽しんでいます。この2年半で
    JPLAYトリプル⇒ Foobarトリプル⇒ roon+HQPlayer+NAAクアッドと来ましたが、次はDirettaベースで凄い物を考えてくれそうで、とても楽しみにしています。(^^)

    CDP単体を別室から持ってきたマッキントッシュパワーアンプに繋いで今聴いていますが、なかなか良い音ですよ。ゆったり音楽に浸れますのでこれはこれで幸せです。(^^) CDPは本来もっとポテンシャルがあると思いますので、使い方次第かなと考えております。

    次回またご訪問させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

    byHarubaru at2019-09-02 09:47

  6. 横レスです。
    >chibiさん、

    お越しいただきありがとうございました。また過分にお褒め言葉に恐縮しております。昨年のマラソンオフ会からMFPCがどこまで進化したのを検証していただきたかったこともございますが、このメンバーなら楽しいオフ会を楽しんでおただけるであろうと。私も十分楽しんでおりますが。(笑)

    AsoyajiDACはファインメットトランスのコアは10倍になったことも大きいですが、電源をバッテリーから出川式リニア電源に変えたこともSN、音の密度やエネルギー感に寄与している感じがします。

    バッファーPCの有無、バッファーPCの種類の違いであれだけ音が違うのも、それを出してしますシステムも面白いですが、恐ろしいですよね。(^^;)

    >もはやスピーカーの存在は消え、正面の壁一面に音場が拡がるのも、以前との大きな違いで、ああ何か突き抜けたんだなぁと感慨深いものがありました。

    そう言っていただけるのはとても嬉しいです.私はまた新たな課題が見つかり、それを解決しようと考えております。

    chibiさんはワインの愛好家ですので、次回はゆっくりとワインを傾けながら聴きたいですよね。

    >MFさん、

    久々にお越しいただき、いろいろご協力いただきありがとうございました。またわかりやすい技術的なご説明にも感謝しております。

    X1おやじ邸で得られた経験と反省から、MFさんのコメントを反映して拙宅のSNをそれなりに良くすることができました。まだやれることはあると思いますが、出川式リニア電源を4台も導入し、かなりの出費ですので、地道な改善をしたいと思います。

    ご指摘の大きなパワーアンプ、確かに出力トランスエージングの問題とは別の問題がありますので、その電源部と共にアンプビルダーに発送しました。そんなこともあって久々にマッキントッシュのパワーアンプの登場です。(^^;)

    Direttaはポテンシャルがありそうですね。それをベースにした新作に期待しています。今のクアッドPCの出音は大満足ですので、将来それと併用できればと思っています。

    >にゃんすさん、

    今回はご都合が悪くなりご参加できなくて残念でした。あまり楽しかったと書き過ぎると悪いなと思いまながら、書かせていただいております。(^^;)

    なかなか拙宅はお呼びすることはできないのですが、機会がございましたらお声をかけさえていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

    byHarubaru at2019-09-02 10:45

  7. chibiさん

    先日は有難うございました。
    機器の組み合わせによる違いに気を取られてしまって、肝心のシステム全体の音楽の話を書き忘れていました。フォロー頂きありがとうございます。
    いろいろな変化に敏感に反映するのに、少しも神経質ではない、それでもしっかりと自己主張はしている、そういう印象を持ちました。勝手な想像ですが、奥行き感や定位など空間を再現するための微細な情報が上流から供給されるからこそ、それを再現するための使いこなしが進むという相乗効果があるのではないでしょうか。

    byパグ太郎 at2019-09-02 12:10

  8. MFさん

    先日は有難うございました。そして技術説明の力作レスも感謝申し上げます。分からないまま不正確に書くより、アッサリと白旗を上げて良かったです。

    理解はできませんでしたが、それぞれの出てくる音の違いは明確に認識できました。そして、皆さんが仰っていたMFさんの、論理に基づく試行錯誤の実行力と情熱とはこの事かと、その一端だけでも触れさせていただき、大変楽しかったです。

    拙宅で宜しければ是非!(呆れるほどのシンプルさですが)

    byパグ太郎 at2019-09-02 12:12

  9. にゃんすさん

    初めまして。レス頂きありがとうございます。
    お目にかかるのを楽しみにしていたのですが、残念でした。
    またの機会によろしくお願いします!

    byパグ太郎 at2019-09-02 12:14

  10. 平蔵さん

    初めまして。レス頂きありがとうございます。

    私は全くの機械音痴で、コンピュータについての認識は『2001年宇宙の旅』に登場するHALに対するイメージ(きっと自分の思い通りにはなってくれない怖い奴)から一歩も出ておりません。

    オーディオに限らず、世に中の変化にどう対応するかは、各人各様の考え方やら、人間模様やらで、夫々あっていい(というか夫々あるべき)と勝手に思っております。今回の拙文では、そういう色々な姿の中でも、自分から見て「気持ちが良いな〜」と感じたことを書かせていただきました。

    byパグ太郎 at2019-09-02 12:17

  11. HARUBARUさん

    先日は有難うございました。テック音痴にも分かるようご配慮いただいたプログラムを堪能しましたし、心から楽しませていただきました。

    自分の悪い癖なのですが、オーディオや音楽を聞かせていただいてそれを楽しむのと同時に、そのオーナーの音楽がどうして生まれてくるのか、そのサイドストーリーを勝手に想像して物語にしてしまうのです。

    今回も、そちらの方が大いに刺激され、フィクションの様な日記にしてしまいました。そんなんじゃないよ!という事でなければ良かったのですが。

    >CDP単体を別室から持ってきたマッキントッシュパワーアンプに繋いで

    >これはこれで幸せです。(^^) CDPは本来もっとポテンシャルがある

    まだ奥の手があったのですね。この一文で救われました。彼は完全アウェイの孤軍奮闘でやはり「可哀想」でしたので。

    今後とも宜しくお願いします。

    byパグ太郎 at2019-09-02 12:23

  12. パグ太郎さん こんばんは

    私も 未だに 円盤派です。CDPで 十二分に楽しめるようにと,

    日々 汗を流しております。 


    FILE再生は まだまだ難しいところが 沢山 有りますね。私は

    とても遅れています。しかし 山ほどのCD,LPに囲まれているのは 幸せと 思います。

    byX1おやじ at2019-09-02 22:09

  13. X1おやじさん

    お早うございます。レス有難うございます。
    自分はCD一本のままですが、環境が厳しくなって来ているのを日々感じてはいます。リリース日が遅い、そもそもCDでは出ないなどなど。

    先日のオフ会では貴邸の話題がたくさん出て来ました。長年の経験に裏打ちされた使いこなしの技で既存媒体の能力を限界まで引き出すという道も「また楽し」なのでしょうね。お互い刺激しあっているのは素晴らしいですね。

    byパグ太郎 at2019-09-03 07:38

  14. パグ太郎さん、おはようございます。

    良いですねぇ。
    音楽とオーディオとの付き合い方は人によってさまざまな立ち位置があると思いますが、今回はかなりオーディオよりな方向性だったということですね。
    とは言いつつも、出ている音に対する表現手段はオーディオ的なモノだけでなく音楽的な表現にも逸脱していくのが面白いところです。

    MFPCについては興味はあるのですが、すぐに試聴というわけにいかないのがつらいところです(汗)

    そういえば最近オフ会してません。
    忙しいせいもあるのですが(苦笑)

    どこかに出かけたい気分です。

    byfuku at2019-09-03 08:41

  15. fukuさん

    レス有難うございました。バリバリにオーディオ寄りのオフ会でしたが、自分は出てくる音と人間模様を楽しんでおりました。自身がどう関わるかは別にしても、こういう体験をさせて頂ける環境にいるのは有難い事だとしみじみ思います(なんとかに真珠かもしれませんが)。

    byパグ太郎 at2019-09-03 13:18

  16. パグ太郎さん 
    こんばんは。超遅レス失礼いたします。

    Harubaru邸はマラソンオフ会以外では垣間見ることのかなわぬ夢の国。パグ太郎さん独自のサイドストーリーにのせて記述されたあるいはレス中に開示された電源等その最近の様子を興味深く拝見いたしました。
    また、開発者とユーザーの理想的な関係、上流の進化が下流での使いこなしを促す、といった物語も、登場人物のHarubaruさん、MFさんのお人柄や登場するであろうMFPCユーザーさんに思いを馳せながらとても印象深く読みました。

    今後もサイドストーリーとその物語化を楽しみにしております。(ROMばかりで申し訳ありません。)

    byそねさん at2019-09-03 21:40

  17. そねさん

    今晩は。レス有難うございました。
    サイドストーリー楽しんでいただいたとのこと、嬉しい限りです。でも調子に乗ってやり過ぎると、事実無根の空想譚になってしまいますので、程々にしないといけませんね。まあ、オーディオにも脳内再生という便利な機能があるそうですが、、、^_^

    byパグ太郎 at2019-09-03 22:45

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする