Tada-Min
Tada-Min
オーディオ好きの年金生活者

マイルーム

オーディオシステム
オーディオシステム
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
ベッドルームのオーディオシステム構成 ソース:Mac Pro 2008, DELL Inspiron 545 Core2Duo で LP, CD を24bit, 96kHzのハイレゾリッピングし…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

日記

I-O DATA アナログレコード カセット デジタル化 PC取り込み オーディオキャプチャー「アナレコ」 AD-USB2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月09日

2016/11/07に購入しました。
きっかけはレコードの処分をどうしょうか?CDも有ることだし、ある程度リッピングして売り払う事にしょうと思いこれを買いました。何枚かリッピングしているうち同じ楽曲のCDと聴き比べると明らかに音が滑らかで耳に突き刺さらない。またCDには入って居ない楽音も聞こえる。暗騒音の様な情報量も圧倒的に多い。今までCDの方が高音質という既成概念がガラガラと崩れていきました。LPレコードの再発見でした。最初はLPのリッピングもCD並みの音質で良いだろうと思い 44.1kHz 16bit でリッピングしてましたが、CDのサンプリング限界を考え 96kHz 24bit も試してみました。明らかに高音域が伸びていて詰まった感じがしない。表現力、臨場感が増し好評価。ついでにCDも 96kHz 24bit のハイレゾでリッピングを始めました。世間一般のハイレゾ認識に逆らって此の様な方針転換をするのは大冒険でした。此のデバイスに付属のソフト DegiOnSound X のマルチトラックサウンド編集機能がすごい。いろいろな機能が有ってまだ使いこなしていないが、さわりの機能だけ紹介します。メニューのエフェクト・ノイズリダクション・クラックルノイズはLPがホコリだらけでも殆どノイズが出なくなるほど強力です。余り強くかけると楽曲が変に成ります。ほどほどに。LPの傷は此のメニューでは除去出来なく、左右両チャンネルに出るある程度大きなノイズを必要最低限範囲指定して消去(一箇所0.02秒ほど)しています。分割機能と楽曲情報を割り当てる機能は未完成で使い物に成りませんでしてた。現在研究している事はCDからリッピングした耳に突き刺さる部分の軽減です。この課題も此のソフトで何とかなりそうです。最後に昔の話を。LPと同じ楽曲をある程度揃えたのですが、当時(30年ぐらい前)はレコードが聞ける時価100万円ほどのステレオセットでは聞かずCDラジカセで聞いていました。CDプレイヤーは高価で安くなったら買おうと思っていました。現在はLPとCDを含めて500枚ぐらいのリッピングを6割ぐらい完了しました。LPに関しては売るどころかオークション等で買って増えています。もうあんなCDなんか買いたくない!!! 

CDからリッピングした耳に突き刺さる部分の軽減
今現在はLP,CDとも隔て無く聞いています。特にCDは無料配布サイトから大量にダウンローして聞いています。本題の「軽減」ですが、全く別のアプローチから殆んど気に成らなくなりました。原因は低音部に比べて高音部が突出して再生されるためで音が良くなるほどこの傾向が出ます。別のアプローチとは某サイトが推奨しているスピーカケーブルの太さと長さの調節です。私はこの方法の応用動作としてRCAケーブルとスピーカケーブルの両方の調節を行いました。この現象を「音の焦点」と云い、これを実行するとレコーディングエンジニアが目指した音「生音」が出ます。生音の凄さは言葉ではなかなか表現し辛いです。体験しなければ分からないでしょう。詳しくは「音の焦点」で検索して下さい。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 勝手にレスします事、おわびします。
    わたしも、CDとLPレコードを聴き比べしました。
    曲は、「中島みゆき」「シモンズ」「松山千春」さんです。
    明らかに、LPのほうが優っていました。
    また、CDも、単品と複数枚のと聞き比べたら、単品の方が、低音から、特に高音の抜けが良いこと、故に、「5枚集」とかのCD安価だが、音質が違う。発見でした。

    byテルボウズ at2017-08-09 11:25

  2. Tada-Minさん はじめまして

    確かにCD特有の耳を圧迫する感じがありますね。
    リラックスするつもりで聴いていたのが逆にストレスになんて・・・

    これが嫌で10年以上CDは買っていません。
    ハイレゾも初期は北欧を中心に力の入った作品が出ていましたが、最近はCDの焼き直しぱかり目立って・・・なんだかな~・・・です。

    早く録音環境を含めてハイレゾ化されると良いですね!

    byhelicats at2017-08-09 12:20

  3. テルボウズさん、helicatsさん レスありがとうございます。

テルボウズさんへ CDとLPの比較 LPの方が断然良いですね。CDで聴いて気に入った曲はヤフオクでレコードを探してリッピングしています。すべてがLPで揃えられる訳でもないので。またCDなんだからそんなに音質に拘らないことにしています。16bit, 44.1kHz で充分と思います。

helicatsさんへ 大事なことは高音、中音、低音のバランスと思います。CDはバランスが大分高音寄りです。ハイレゾも最高音がより以上に出る分高音寄りです。このアンバランスを今までのご自分の音楽体験によって修正すべきです。結果豊かな中音をメインにそれを支えるどっしりした低音、味付けの煌びやかな高音と考えます。昔のステレオセットの方が音楽的(音楽そのものを聴かせる)だと思います。以上私のステレオ観を述べました。
ハイレゾについてはまたの機会に譲ります。

    byTada-Min at2017-08-09 17:15

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする