Tada-Min
Tada-Min
オーディオ好きの年金生活者

マイルーム

オーディオシステム
オーディオシステム
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
ベッドルームのオーディオシステム構成 ソース:Mac Pro 2008, DELL Inspiron 545 Core2Duo で LP, CD を24bit, 96kHzのハイレゾリッピングし…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

バランスウォッシャー33マスターセット

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月30日

ちょっと高いけど評判が良いので使って見ました。4〜50年前のレコードも有りますが、古いレコードほどレコード溝の中が埃まみれになっているようです。
30年ぐらい前のレコードは比較的埃が溜まっていません。好きなレコードは長時間ダストカバーは閉じのレコードプレーヤー上に置いて聴いていた為か例外なくダストが多いです。
放置不可で聴き終わったら即アルバムに入れてレコードケースに蔵うものですね。
今ハイレゾリッピングにハマっていてほぼ450枚完了しました。
最初はレコードプレーヤーのセッティングをし直しました。トーンアームの水平バランス、オーバーハングを1mm単位で調節、カートリッジのウェイト追加、ネジのナットを上側に、針カバーを外す事。
リード線をPROCABLEの物に交換、プレーヤーの電源の極性(接地側)を揃える等々、自分の耳を満足させるためリッピング条件を詰めてきました。
レコードの洗浄(超音波洗浄は予算の関係でやっていません)。ドライクリーナーからウェットクリーナー、また前者二つの併用、更にこのバランス・ウォッシャーと使ってきました。
特にこのBWはレコードから良い音を限界まで引き出す決定版クリーニング液です。リッピングした波形を見て聴いてファイル化するのですが、もっとノイズが減るのではないかと色々工夫しています。
良い音を引き出す障害 その1 レコードの偏心と反り、その2 ダスト、その3 は静電気です。
BWでレコードをクリーニングして一晩置いて翌日プレーヤーに掛けるのですが、袋から取り出すだけで数千ボルトに帯電しているようです。
実験の結果少なくとも3時間はプレーヤー上に置いておかないと放電してパチパチが残ります。
今度は除電グッツの研究です。これでもダメなら超音波洗浄機やディスクフラッターですかね。 皆さんお使いでしたら教えてください。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする