Tada-Min
Tada-Min
オーディオ好きの年金生活者

マイルーム

オーディオシステム
オーディオシステム
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
ベッドルームのオーディオシステム構成 ソース:Mac Pro 2008, DELL Inspiron 545 Core2Duo で LP, CD を24bit, 96kHzのハイレゾリッピングし…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

あるオーディオ仲間の呟きから

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月13日

あるオーディオ仲間の(帯域バランス)云々の呟きに刺激されて、私のベッドルームのシステムで再度音の焦点法でバランスを取り直して見ました。
具体的には更に高域を抑えて中音・低音に重心を移動する為RCAケーブルを50cm延長しました。
違和感の有る音質・音像を作り出すトーンコントロール・イコライザの類いは一切使っていません。
やはりピアノ・ビブラフォン・ギターの第1・第2・第3基音はバランス良く出てなく、しっかりした音質・音像が作れていません。
その結果楽器の音にカチッとしたしっかり感が無く、薄っぺらな表現です。
Bose Acoustic Wave Music System II と雖もスピーカーの口径からくる低域再生限界からは逃がれられないという事です。
上記の結論からベッドルームのシステムとより大口径のPCルームのシステム(Bose 301V-W)を入れ替えました。
良く聴き込むと前のシステムと比べ帯域バランスが中音・低音寄りで楽器の基音の再生も大分良いです。
驚いた事に LPの録音を上回るCDが沢山発見出来ました。今までは殆んど有りませんでした。
またLPと比べてCDが高域寄りでキンキンして聴きづらい事も録音次第だという事が分かりました。全てがキンキンでは無いという事です。
これからは、BLUE SKY LABEL というサイトから著作権フリーの音楽ファイルを600枚ぐらいダウンロードしてiTunesに登録して有るのでこの中から音の良いCDを多いに楽しもうと思っています。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする