Tada-Min
Tada-Min
オーディオ好きの年金生活者

マイルーム

オーディオシステム
オーディオシステム
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
新ベッドルームのオーディオシステム構成 音源 : LPまたはCDから16bitまたは24bitでリッピングしたAACまたはAIFFファイル・ iTunesで購入したファイル・某サイトからダウンロ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

音の焦点の探求

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月07日


スピーカーケーブルは AE線 1.2mm 10.0m から始めました。
100Vの電源環境では『音の焦点』が出しづらいとの前評判道理、設置限界の 6.5m まで切っても音の焦点は出ませんでした。
同じアナログケーブルのRCAケーブルで長短数本の組み合わせで見事「音の焦点」の近傍を探り当てました。

AE線は平行線なのでレンツの法則から音の歪みが出るとの事なので、BELDEN 8473 に変更しました。音の歪みが大分減って聴きやすくなりました。
まずRCAケーブルの長さを調節しておよその音の焦点の長さにして、更にスピーカケーブルの長さで調節でします。RCAケーブルの長さは 5.0m です。
スピーカーケーブルを 6.0m から 5.0cm 切り詰めて5.95m で主に女性ボーカルとピアノソナタと交響曲等の全奏部分を聴いています。
低音・中音・高音のバランスをしばらく聴いて更に切り詰めるか判断しています。
現在は女性ボーカルは生々しくなかなか良い、ピアノソナタのトツトツとしたピアノらしい音がイマイチ。交響曲等の全奏部分の高音が五月蝿すぎると言った状態です。
報告
どうやら本当の音の焦点に遭遇したようです。
6.0mから5cm 10回 その後 2.5cm 9回根気よく切っては聴き、切っては聴き比べました。
切って行く先に本当に音の焦点が有るのか疑心暗鬼に成りましたが、迷いを振り切って只管切って音を比べました。
長さが5.5mをきるとハッキリと高音が柔らかく刺激的でなくなります。相対的に中低音が出て来ました。
RCAケーブルを長くするとスピーカーケーブルの調節では絶対出てこない中低音の更に下の音が出て来ます。
最終の長さの一つ前までは音像が広がり過ぎて広いホールでの演奏が多いように感じたが、最終の長さでは音像がピタッと真ん中に纏まって裾野がスーッと低くなり、ホールの広さ感も適正になった。
またスピーカーの無駄な振動が抑えられ、それでいて余韻はシッカリ再生され、無音との区別が出来るようになった。
音の焦点に遭遇しました!ボーカルが直ぐそこで歌っているようです。ピアノが室内に在って生演奏しているようです。
オーケストラにいたってはやや小さいながらも十分に迫力を出しています。もうこれ以上は恐ろしくて切れません。
最終長さ527.5cmです。参考にして下さい。
今の所私が出来るのは此処までです。更に聴き込んで不満が出れば切る決心をするかも?

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Tada-Minさん こんばんわ

    たまには「プロケーブル理論」から離れて他の世界を試してみるのも良いと思います。

    その結果、「プロケーブル理論」を再認識することになるかもしれませんし、そうならないかもしれません。

    経験値を増やす事はきっと後々役に立つと思いますよ。

    by光陰 at2017-11-07 21:18

  2. 光陰 さんへ
    ご忠告有り難う御座います
    記事には「音の焦点」と書いたのに、わざわざ「プロケーブル理論」と言い換えていますね。
    貴方の記事ザッと読ませていただきましたが、「音の焦点」に関する記事は見当たりませんでした。
    こういうレスを入れるのだから少しは実践して、論拠になる記事を書いて置くべきで、全くの期待ハズレでした。
    それとも「よんまる」さんの今となっては時代遅れの「プロケーブルを振り返る」シリーズの21を見てご自分の「音の焦点」に関する安易な結論としたのですか?
    ネットで「音の焦点」と検索した事有りますか? 肯定的な記事が数ページ上位に出てきます。この方たちが皆んなオカルチックな錯覚に陥っていると思っているんですか?
    私には「音の焦点」以外の音質向上策は200Vダウントランス、リスニングルーム建設しか残っていません。他は「音の焦点」の革新性と比べれば取るに足りない瑣末な音質向上策です。
    食わず嫌いで「音の焦点」を避けている方々はご自分のスピーカーケーブルの途中に宝の山が埋まってる事に気が付かない可哀想な人達です。

    byTada-Min at2017-11-08 08:25

  3. Tada-Minさん こんばんわ

    ご連絡、有難うございます。
    日記も読まして頂きました。
    私も同様の体験を経ており、全く、同感です。
    私の場合は、太いBelden8470で当方の場合、2.5 - 3.0mの範囲に焦点ががあるようです。範囲が広いのは、途中の機器・ケーブルの変更で変化するためです。PCのHDDの種類・回転数でも変化します。また、各機器の中のコンデンサー部品の劣化・安定化に伴う変化もあります。四季の気温差に依存した機器の温度変化に基ずくと思われる変化もあります。
    こうして書き連ねると怖くて後戻りできない切り込みに怖気づけます。
    そこで、私の場合は、切り過ぎたケーブルを擬似的に延ばす効果のある方法を採用します。その方法とは、ProCable/ハタヤリミテッドの200V→150/100Vのダウントランスの空きタップを利用する方法です。別に百円程度で購入した非メッキ(真鍮)オスを100Vまた150Vの空きタップに差し込む方法です。100V端子への一個挿入で8470を5-6cm延長した効果となります。115V端子への一個挿入で8470を2cm延長した効果となります。これらを組み合わせて機器類の変化・変更等に対応します。但し、アイソレーショントランスは用いてはなりません。また、この方法は、私の聴感上の体験に基ずく方法で、論理的裏付はありません。
    参考になれば、幸いです。

    by大田区Y at2017-11-08 20:13

  4. 良い情報有難う御座います。
    ジックリ検討しようと思います。

    byTada-Min at2017-11-08 20:16

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする