Tada-Min
Tada-Min
オーディオ好きの年金生活者

マイルーム

音の焦点実験システム
音の焦点実験システム
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
再生系のオーディオシステム構成 音源 : CDから16bit、 LPからは24bitでリッピングしたAACまたはAIFFファイル・ iTunes Store で購入したファイル・e-ONKYO(…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

スピーカーケーブルを切り詰めるのに5mmか10mmかと悩む世界とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月18日

最近LPリッピング用PCの改良を立て続けに行ないました。

0 プロケーブル製100V「超越重鉄タップ2個口」を導入してUPS2台を繋ぐ

1 PC等が繋がっている2台のUPSの電源プラグ

2 UPS1に繋がっているPC1、Display、PS-X700プレーヤーの電源プラグ

3 UPS2に繋がっているHUB、AirMacExtreme、iP8730プリンタの電源プラグ

1〜3 は全てクロームメッキなのでヤスリで削って真鍮部分を出し非メッキ化しました。

この結果改良前のリッピングファイルと比べてほんの僅かバックグランドノイズが減り、楽器の音の輪郭が良く浮き出るようになりました。
しかし高音部がやや目立つようになってしまいました。それで表題のように悩むのです。

前回 メッキケーブル BELDEN 8473 を 2.5cm = 25mm 切って、やや高音が物足りなくなってしまって後悔しましたが、その後の改良で目立たなくなりました。
今回は10mmずつか、5mmずつではいくら何でも煩雑すぎる。また後悔するかな?

切りすぎてしまった場合でも聴感上延ばす方法が有ります。ダウントランスの空きタップを利用する方法です。非メッキ(真鍮)オスを100V端子への一個挿入で8473を5-6cm延長した効果となります。非メッキ(真鍮)オスを115V端子への一個挿入で8473を2cm延長した効果となります。

また高音が出すぎて困った場合はRCAケーブルを長短合わせて延長する方法です。これは焦点ポイントを決めるのに凄く便利です。

以上二つの対処方法がありますので安心して切って下さい。

なおタップ挿入の方法は大田区Yさんに教えて頂きました。有り難うございました。

PS 現在 11mm+10mm 切りました。ピアノやギターの再生ではさして高音が突出しているとは感じないが、交響曲を聴くと弦楽器が明らかに突出している。もう10mm切るか?
超越重鉄タップの音質改良分が凄い!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Tada-Minさんへ

    当方における、スピーカーへのメッキケーブル長を介した音の焦点調節法において、ステップダウントランスの100V/115Vの空タップへオスの真鍮空タップを抜き差しして微調整を加味する方法は、Belden 8470にて開発しました。Tada-Minさんによって、Belden 8473においても同様の調節効果が確認され、微調節に利用できたことは、本法の客観性を高める重要な追試と受け止めています。

    他のユーザーの更なる追試を期待します。

    by大田区Y at2018-04-18 10:41

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする