Tada-Min
Tada-Min
オーディオ好きの年金生活者

マイルーム

音の焦点実験システム
音の焦点実験システム
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
再生系のオーディオシステム構成 音源 : CDから16bit、 LPからは24bitでリッピングしたAACまたはAIFFファイル・ iTunes Store で購入したファイル・e-ONKYO(…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

シールドRCAケーブル BELDEN 88760

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月18日

音の焦点効果をスピーカーケーブル以外にRCAケーブルにも受け持たせている関係で最初は3.5mからスタートして徐々に短くして今は1.47mになりました。

並行してスピーカーケーブルも5.2mから4.83mまで切って落ち着いています。

長いRCAケーブルはちょっとした取り廻しでノイズを拾うようで色々試行錯誤の結果短くするのが最善と判断しました。

このRCAケーブルは2芯をアルミ箔で一括シールドされていますが、周りの電磁ノイズ環境を考えると一重では心許ないので、LRを捻って銅箔テープでシールドしました。

試聴結果は高音の刺激的な部分だけ少なくなりクリアで良い帯域バランスです。残響が更に増え、音が綺麗に消えて行きます。

シールドはハンダでアース線を付け、メインアンプの入力端子付近に落としました。もう一方はフリーです。

1時間ほどジックリ聴いてみました。ノイズレベルは下がって残響がよく出るようになったが肝心の演奏中の音が元気が無くなり大人しすぎる。

結局銅箔テープは止めてLRの捻りのみにしました。これだけでも大分耳に障る刺激的な音が減りました。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする