Tada-Min
Tada-Min
オーディオ好きの年金生活者

マイルーム

音の焦点実験システム
音の焦点実験システム
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
再生系のオーディオシステム構成 音源 : CDから16bit、 LPからは24bitでリッピングしたAACまたはAIFFファイル・ iTunes Store で購入したファイル・e-ONKYO(…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

レコードクリーニングとリッピングその1

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月25日

日頃実践している方法を纏めておきます。結論として超音波洗浄機の必要を感じません。


洗面台に少し水道水を張って、テクニカのクリーナーに上記の洗剤を付け、レコード盤の片面につき2回ずつ、手前から奥へ洗剤をしっかり塗りつけます。特にA面のスタートから5分程度のバンドが一番ホコリが乗っています。


終わったら十分泡を立てて水面下に沈め、1時間以上つけ置き洗いします。ラベルは傷んでも気にしない事にしています。
その後クリーナーを盤面にシッカリ押し付け、浮かない様に片面につき2回洗います。この段階もA面のスタートから5分程度のバンドを入念に。ややぬるめのシャワーでシッカリ洗浄します。


上図のレコードホルダーBOXにセットして移動し次は拭き取りです。



白手袋をつけメガネクリーナー布上で上記のクリーナーで盤面を軽く拭きます。強く擦るとラベルが剥がれる!
汚れ・ホコリがもう一方の面につかない様に、片面に付き1つのクリーナーを使います。終わったら車用のエアダスターでその都度、クリーナーの汚れ・ホコリを飛ばします。


予備のプレーヤーでレコード盤の針通しをしてホコリを搔き出します。滅多に有りませんが針先にホコリが付いています。A面 B面の順

続く

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする