Tada-Min
Tada-Min
オーディオ好きの年金生活者

マイルーム

音の焦点実験システム
音の焦点実験システム
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
再生系のオーディオシステム構成 音源 : LPまたはCDから16bitまたは24bitでリッピングしたAACまたはAIFFファイル・ iTunesで購入したファイル・某サイトからダウンロードした…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

スーパーRCAケーブル

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月12日

ここ数ヶ月はRCAケーブルの長さは3.0mを維持していたが、RCAケーブルはシールドされているとは言え、微弱な音声信号を送るので長い程ノイズの影響を受けやすい筈と思い短くする事を決断しました。

オス・オス中継プラグを購入して手持ちのRCA延長ケーブル2.0m 1.495m 75cm を繋いて聴き慣れた曲を聴いたら、以前は3.0mを超えないと音の焦点効果を感じられなかったが、それぞれのケーブルにそれなりの音の焦点効果を感じました。

しかし現在の焦点効果と比べてそれ程大きく隔たっている訳では無い。スピーカーケーブルを数cm切ればポイントに到達しそう。

手持ちの BELDEN 88760 でセミバランス結線、黒繋がない結線の1.47mのケーブル2本を作りスピーカーケーブルを切りながら比較試聴中です。
ケーブルの結線でスピーカーを新調したような劇的な変化を体験したのは初めてです。
アンバランス接続は論外で、どちらの接続にしようか嬉しい悩みどころです。

追記:黒繋がない結線は帯域バランスが高音寄りで、ノイズが溜まってくるせいか強奏時に特に高音が歪んできます。この傾向はアンバランス結線と同じです。セミバランス結線は高音が突出せず、中音寄りの豊かで広がりの有るバランスです。
現在スピーカーケーブルは 10mm×3回=3.0cm切り詰め4.83mです。度重なる実践で RCAケーブル50cm=スピーカーケーブル1cm(10mm) が経験値として定着しつつあります。
なおノイズを低減させる電源・電源ケーブル・そのシールドについては私の別『日記』をご覧下さい。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Tada-Min様
     BELDEN 88760 のアンバランス結線・セミバランス結線・黒繋がない結線は、具体的にどのような結線でしょうか?

    byPipesmoker at2018-10-14 16:30

  2. ベルデン88760 は二本の一芯ケーブルです。赤線と黒線とそれを覆うアルミ箔とシールド線。

    アンバランス結線は最も一般的な結線法で赤線をRCAピンのプラスに、黒線とシールド線を共捻してRCAピンのマイナスに。
    セミバランス結線は上記のシールド線の片方を繋がない。どちらが良いか聴感上で決める。
    黒繋がない結線は文字通り黒線は繋がないで赤線はRCAピンのプラスに、シールド線はRCAピンのマイナスに繋ぐ。

    以下は私見です。

    アンバランス結線は黒線とシールドで信号・ノイズのループが出来てしまう。
    セミバランス結線は上記のループが出来なくてその上ノイズは逃がす。
    黒繋がない結線は使っていない黒線の静電容量が音を悪くし、シールド線それ自体はシールドされずノイズの影響を受けしまう。

    音の良さは セミバランス結線>黒繋がない結線>>アンバランス結線

    byTada-Min at2018-10-14 17:21

  3. Pipesmoker さんへ

    RCAケーブルのセミバランス出来そうですか?
    自作出来なければ作ってあげますよ。
    この際ですから1.5mにすればノイズを受けませんよ。

    byTada-Min at2018-10-16 17:40

  4. Tada-Min様

     ご提案ありがとうございます。
     ネットで調べたら、88760のRCAケーブル作成は、難しい部類に入るということを見つけておりまして、躊躇しておりました。
     ところで、DAC-プリアンプ間にも88760RCAケーブルが2mあるのですが、これもセミバランスの対象でしょうか?
     今のところ、DAC-プリアンプ間に2m、プリ-パワー間に1.5+1.0+0.5=3mあります。

    byPipesmoker at2018-10-19 12:34

  5. Pipesmoker さんへ

    >>今のところ、DAC-プリアンプ間に2m、プリ-パワー間に1.5+1.0+0.5=3mあります。
    <<プリ-パワー間は直結に戻せますよね?
    今までの私の経験則から3/0.5=6 なのでスピーカーケーブルを6cmほど切れば音の焦点が出ると思います。

    なかなかの冒険ですね。
    この上でDAC-プリアンプ間をセミバランス接続の 0.5m か1.0m で繋いでRCAケーブルによる音の焦点効果を全て失くすというプランはどうでしょうか?

    不要なRCAケーブルはヤフオクでプロケーブルで買った価格から500円引きぐらいで売れます。

    byTada-Min at2018-10-19 14:48

  6. Tada-Min様

     スピーカーケーブルを少しずつきりつつ、良く聞こえる時もありますが、音の焦点が出ているのか否かが、今だによく判りません。ここがピンポイントと判断できていません。
     プリ-パワーは直結に戻せますが、DAC-プリ間に、セミバランス接続のRCAケーブルを複数接続して、様子を見ながら調整はできないのでしょうか?
     RCAケーブルによる音の焦点効果の撤廃は、初心者には無謀な気がします。

    byPipesmoker at2018-10-20 15:40

  7. Pipesmoker さんへ


    >>スピーカーケーブルを少しずつきりつつ、良く聞こえる時もありますが、音の焦点が出ているのか否かが、今だによく判りません。ここがピンポイントと判断できていません。

    <<自分で聴いて心地良ければ、そこがピンポイントだと思います。聴いているうちに次第にズレて来ると思います。色々な経年変化、音感的な成長等で。

    >>DAC-プリ間に、セミバランス接続のRCAケーブルを複数接続して、様子を見ながら調整はできないのでしょうか?
    <<RCAケーブルの長短によってパワーアンプの入力インピーダンスを増減させるとそれに応じて出力インピーダンスも増減してDFが適正になると考えています。
    それを更にDAC-プリ間のインピーダンスを変化させるとアンプの出力インピーダンスも変化するのか私には分かりません。でも試してみる価値は有ると思います。是非試してみて下さい。

    >>RCAケーブルによる音の焦点効果の撤廃は、初心者には無謀な気がします。
    <<段階的にRCAケーブル0.5m のを外してスピーカーケーブルを1cm 切って、次は1.0m のを外してスピーカーケーブルをまず1cm切って様子を見ながら、足りなければ、もう1cm切る。
    これを二、三日で楽しみならやれば良いだけの事です。面白いですよ。更に歪みも減る。

    byTada-Min at2018-10-20 16:40

  8. Tada-Min様

     セミバランス接続のRCAケーブルに変更してみました。
     全体的に、中音寄りにシフトし、いい感じになりました。
     ただ、スピーカーを新調したような劇的な変化にまでは至りませんでした。
     今回、RCAケーブル1m取り外した後、まだスピーカーケーブルの調整をしていないのですが、室内楽のようなものは、もうスピーカーケーブルを切る必要もないような気がしますが、交響曲・協奏曲の強奏部分は、多少切った方が良いような気がします。
     この違いは、正解なのか、私のシステムがまだ調整すべきことがあるのでしょうか?
     システムのレベルの問題としたら、どこに手を入れたらよいか判らない。

    byPipesmoker at2018-10-30 14:05

  9. Pipesmoker さんへ

    >>この応用で、RCAケーブルもアルミホイル巻きで、片側のみRCA端子マイナス接続とかしています。(効果不明)
    <<これ全く駄目です。音が大人しくなり過ぎです。後半にセミバランス接続がスピーカーを交換した程の効果を感じられない原因の一つはこれかも?
    効果不明の判定ですが、ある程度システムが洗練されてくると些細な改良でも音に変化が出ます。アルミホイル止めて見ましたか?
    Pipesmoker さんが書いた送信メッセージ内容を端折らないでフルに転載してくれないとどの部分を言っているのか良く分かりません。
    それと現在のRCAケーブルの長さ(DAC、プリメイン)とスピーカーケーブルの長さも書いて下さい。正しい解答を得るには正しい質問が必要です。

    byTada-Min at2018-10-30 16:08

  10. Tada-Min様

     セミバランスRCAケーブルは、Tada-Min様製作のオリジナルのままです。
     それ以前のRCAケーブルにつき、もしかしたらという気持ちで、アルミホイル巻き+RCA端子マイナス接続していました。
     Tada-Min様の日記を拝見し、セミバランスRCAケーブルはオリジナルのままです。
     RCAケーブルの長さは、DAC-プリ:1m、プリ-メイン間:1.5mで、セミバランスRCAケーブルです。
     スピーカーケーブルは、ベルデン8470(16GA)401.5cmです。
     推奨距離、片側3~4mにもう少しのところです。
     RCAケーブルは、もとは、1.5+1+0.5=3.0mありまして、0.5m外した際、スピーカーケーブル1.5cm切断、1m外したところで、セミバランスRCAケーブルに交換したところで、調整するつもりで、まだ切っていません。
     セミバランスRCAケーブルにて、中音が出てきて、高音が抑えられているように感じます。
     室内楽は、もう切らなくてよいのではと思いますが、交響曲・協奏曲は、強奏時、もう少し切らないととは思っています。

    byPipesmoker at2018-10-31 09:07

  11. Pipesmoker さんへ

    とりあえず今現在問題と思われる箇所を指摘します。
    >>RCAケーブルもアルミホイル巻きで、片側のみRCA端子マイナス接続とかしています。(効果不明)
    <<効果不明と有りますが、無ければ元に戻しましょう。
    片側のみRCA端子マイナス接続とかしています。意味不明ですが?

    >>シールド❌は、下流側に接続
    <<私は下流側、上流側に接続して比較視聴の上、上流側に接続しました。
    ギターアンプの場合は下流側が定番のようですが、効果を検証の上決めたんですか?

    >>RCAケーブル1m取外す前は、もう少し、漂う感じがあった。
    <<明らかにバランスが高音側だと思いますが?
    いきなりスピーカーケーブルを切る方向に行かないでしっかり検討してから

    もう一度お願いしますが、送信メッセージの方が内情が詳しく出ています。
    コピペすれば良いのだから、端折らないレスを入れてください。

    短兵急に音が良くなる方策を求め過ぎです。
    以上 7つの疑問の内二つにコメントを差し上げました。

    byTada-Min at2018-10-31 11:56

  12. Tada-Min様

     シールド❌上流or下流の再確認中です。
     ケーブルが届いた際、一度実施したのですが、判らなかったので、下流にしておりました。

    byPipesmoker at2018-11-02 08:37

  13. >>シールド❌上流or下流の再確認中です。
 ケーブルが届いた際、一度実施したのですが、判らなかったので、下流にしておりました。
    <<お判りにならなかったということは、それ以前に問題が有ります。

    ざっと考えると
    大地アース、一点アース、電源プラグの非メッキ化、電源ケーブルのシールドと片側アース、個々の機器の対地電位低減、すべてセッティング後の対地電位 等もう一度点検してご報告ください。電位は何Vでしょうか?

    電源ケーブルのシールド材はアルミ箔は電場を、銅箔は磁場を防ぎます。私は銅箔を使っていて明確に違いが出ています。実践例等をググって調べて見て下さい。

    byTada-Min at2018-11-02 10:47

  14. ザッと調べた所アルミホイルは低周波の電場には効かない様ですよ!
    私も昔廉価なアルミホイルでシールドを作った事が有りましたが、聴感上全く変化しませんでした。そこで即銅箔テープに方針を変えました。
    アルミ箔テープだったら如何なるかは試して居ません。
    シールドが出来ると謳い文句の有る製品を使いましょう!

    byTada-Min at2018-11-02 17:59

  15. 更に疑問です。
    アルミホイルを使って本当に音が良くなったと実感したんですか?

    byTada-Min at2018-11-02 18:01

  16. スーパーRCAケーブルその後
    セミバランス接続のRCAケーブルの評価ですが、多重電源トランスシステムを採用したらシステムの電源投入時ノイズ電流が流れてザザー・ガガー・カチカチと凄い雑音が30秒ほど続き、その後静かになります。その後も偶にノイズらしい音がします。
    音が少しハイ上がりになり、音像が前に出て来てライブのような感じで、これはこれで気に入ってましたが、いかんせん上記の凄いノイズでは問題です。

    ふつうのアンバランス接続に戻して聴いて見ると音はフラット、音像が少し後ろに引っ込み、ハーモニーと余韻が良い。クラシックならこれも有り。

    ライブ感溢れるセミバランスも良いが、落ち着いたクラシックなアンバランスも良い。暫くはアンバランスでいく事にしました。

    信号・電源ループを見直さなければならないと感じている。
    システムを変えたらまたケーブルの評価が変わってしまった!?

    byTada-Min at2018-11-21 08:33

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする