Tada-Min
Tada-Min
オーディオ好きの年金生活者

マイルーム

オーディオシステム
オーディオシステム
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
新ベッドルームのオーディオシステム構成 音源 : LPまたはCDから16bitまたは24bitでリッピングしたAACまたはAIFFファイル・ iTunesで購入したファイル・某サイトからダウンロ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

トランスころがし!2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月06日

再生系でPC関係(Mac mini, HUB, Display)を100V壁コンセントに挿した100Vアイソレーショントランスに、その他(DAC, A3700)を単相200V コンセント16トランスに接続しています。
今までアースループについては充分の対策をしましたが、前回研究した「トランスの使い方」のサイトを再度見ると「電源・インターコネクトケーブル・電源」のループについて書いてありました。
PC関係は今現在の私の力量では対策出来ないが、その他中DACとA3700はRCAケーブルで繋がって居るのでループを為している。今までは3P電源ケーブルと2P電源ケーブルのアースループしか考えなかったので更なる対策が必要だ。
最善の策はDAC用のアイソレーショントランスを調達して使う事だ。

DACを次のトランスに繋いで比較試聴する
1.100V壁コンセントに挿した100Vアイソレーショントランス
2.コンセント16トランスに挿した100Vアイソレーショントランス(PC関係と共用)
3.コンセント16トランスに挿した録音系統から流用した100Vアイソレーショントランス(DACのみ)

前回の評価とは違いが出た。この順で音の歪みが減り、3.が一番歪みが減り、フルオーケストラでも五月蝿さが殆んど無い。

結論が出たので後はトランスを調達するのみ。

100V壁コンセントから取った電源、100Vアイソレーショントランスから取った電源、単相200Vコンセント16トランスから取った電源の歪の出かたの違いが判別できるようになった。
あと残すのは単相200Vアイソレーション電源だが、音の焦点を続けるにはこれは使えない、使えばVVF数百メートルの世界だ。
聴覚能力が恐ろしいほどにドンドン進歩している。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする