Tada-Min
Tada-Min
オーディオ好きの年金生活者

マイルーム

音の焦点実験システム
音の焦点実験システム
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
再生系のオーディオシステム構成 音源 : CDから16bit、 LPからは24bitでリッピングしたAACまたはAIFFファイル・ iTunes Store で購入したファイル・e-ONKYO(…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

三つの『音の焦点』の調節法 2019/03/24 AAFC分科会 往古穗

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月14日

AAFCの分科会発表資料です。


「音の焦点」をご存知でしょうか?

スピーカーケーブルとRCAケーブルの長さの調節によってスピーカーを駆動するダンピングファクター(DF)を最適化してアンプとスピーカーの能力を絞り出して最高の音を出す方法です。

画像4のようにDFが10以下になるとスピーカーの周波数特性が低域だけでなく中域・高域も激しく変化します。この美味しい領域を使って、豊かで伸びの有る低音・恐ろしいほど臨場感が有る中音・煌めきと広がりが有る高音を創り出します。

画像5は昔のJBLの自作スピーカーシステムで使用するケーブルの一覧表で、距離によって適切な太さのケーブルを選び、最も良い音が出るように長さを調節する事が自作派には求められました。

「ポイントに達すると正にこの世の音とは思えないほどの幻想的でリアルな音が出てきます」

以下に三つの方法をご紹介します。
1.アンプからスピーカーまでの距離によって適切なスズメッキのスピーカーケーブル(例えばBELDEN ベルデン 8470 16GA(推奨距離、片側3m~4m)を5.0m程度)を選び、よく聴き慣れた音楽ソースを聴きこみ低域・中域・高域の帯域バランスが最も良くなるようにスピーカーケーブルを10mm単位で短く切っていく。ポイントに近づいたら5mm単位で。

2.RCAケーブルを連結して2.0mから徐々に長くし、よく聴き慣れた音楽ソースを聴きこみ帯域バランスが最も良くなるようにRCAケーブルの長さを調節する。殆んどのシステムは3.5m辺りにポイントが有る。

3.『スピーカーケーブル』と『RCA ケーブル』の併用法で簡単に音の焦点が出せます。

これらの方法は『オーディオメーカー』『オーディオ評論家』『オーディオショップ』の戦略(DF調整不良で音の不満を作り、高額の機器を次々と買い替えさせる)によって一般ユーザーからずっと隠され続けて来ました。

不自然なイコライザーや多額の投資が必要で調整が困難なマルチ・アンプシステムも必要有りません。また高額なアンプやスピーカーに次から次へと買い換える必要は全く無くなります。



今回はスピーカーケーブルを切る時間的な余裕が有りませんので、2.の方法でやってみます。

スピーカーケーブル単独で音の焦点を出す方法はどなたも最初に試みますが、初心者には難しく、生音の帯域バランスが本来のバランスで認知されて居なく、大部分の方はCD音質のような高音強調型のバランスを好むので、生音の帯域バランスを再現出来ない。また自己流でスズメッキケーブル以外のケーブルを使って失敗するケースも有ります。慣れるまではどこが最良のポイントかも見極めが難しい。切り過ぎる不安も常に付き纏う。

RCAケーブル単独で音の焦点を出す方法はケーブルを切ってハンダ付けするのが大変面倒、ピントの詰めが甘い、ケーブルが沢山必要等々の欠点が有ります。
色んな長さのケーブルを切らずに組み合わせて大体の焦点を出して、音の焦点を体験して頂く簡便法です。

私が発見した 3.の方法は現在常用しているやり方で、一度焦点を出した後でも機器の音質向上・機器の入れ替え・リスポジの変更等の理由でズレてしまった焦点を再度簡単に合わせることが出来ます。

使うケーブル類
BELDEN 8470 スピーカーケーブル 4.0m×2 (スズメッキケーブル)
BELDEN 88760 RCA ケーブル オス メス 50cm と オス オス 1.5m の2本

最も優れている方法はスピーカーケーブル単独やRCAケーブル単独よりも私が提唱している併用法だと自負しています。

スピーカーケーブル調節による『音の焦点』を更に発展させて、簡単に音の焦点を出す事が出来る私の community.phileweb.com ID : Tada-Min の記事『RCAケーブルにも音の焦点あり!』のシリーズ等も参考にして下さい。

追記
この方法を使ってRCAケーブルを1.5mから75cmに替えてみました。
第一段階として仮想的に1.5mから1.0mになったとしてスピーカーケーブルを10mm切ってみました。聴き込むと高音が未だキツくキンキンするので50cmのRCAケーブルを連結したら明らかに高音が抑え気味で煌めきが無い。第二段階は仮想的に1.0mから75cmとなったとして25cm短くなったのでスピーカーケーブルを5mm切ってみました。ジャストポイントでした。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする