ケンウッド
ケンウッド
ダメなアンプ製作50年 いつか改心のアンプを、製作したいと思います。

マイルーム

ダメダメなアンプ製作
ダメダメなアンプ製作
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
いつか改心のアンプ製作出来ると信じて頑張っています。 知識も技術も伴いませんので、御指導宜しくお願いします。
所有製品
  • プリアンプ
  • SACDプレーヤー/トランスポート
  • プリメインアンプ
  • スピーカーシステム

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

日記

HYPEXのアンプ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月16日

古の金田アンプを聞きましたので、次に、現代のデジタルアンプを聞きました。

HYPEXのUCD400と言うユニットを使って、電源は、EIコアの600VAの容量のものを使いました。
プリアンプは、最初C-2420を使っていましたが、

少し気になったので、自作のフルバランスプリにかえました。写真を見ていただくと、金田アンプの様ですが、中身を入れ替えてあります。

テストCDは、ダイアナクラールのSACDと「BASIE」菅原さんのSACDです。

ダイアナクラールは、しばらく前に、ライブに行ってきましたので、ライブの印象と、比べながら聞きました。
解像度は、古の金田アンプにも負けないのに、音に温かみと、太さが加わりました。
ライブは、S席でしたが、端の方で、音の聞こえが悪く、今のシステムで、家で、SACDを聞くほうが、感動します。

BASIEの菅原さんのSACDでは、ビックバンドのJAZZが、濁りなく聞けました。
古いテープ録音の、SACDですので、うまく再生しないと、混濁して聞こえます。
今の解像度になるのに、3か月ほど格闘しました。

使ったスピーカーは、JBLの3wayです。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする