takobozu
takobozu
buildrootを使って色々なボード用のディストリを作ってます。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気にいられユーザー

日記

NUC:フロント rpiB:バックでpiped pcm audio play

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月10日

思い込み、過度な期待ほど可能性を奪ってしまうことはない。僕は素人だから先入観がなく色々チャレンジできる。buildrootのおかげで。
あまり、触らないと忘れてしまうので今回は以下の構成でシステムを作ってみた。

(フロントエンド)
intel NUC(DCCP847DYE)
64bit,mpd,upmpdcli(buildrootで作らせた。もちろん、電源ぶち切りできる)
kernel 4.14.12 voluntary kernel preemption

(バックエンド)>>>以前作ったもの
rpiB
picore 9.03

以前にNUC向けにbuildrootでupnpgw,upnpレンダラーを作っていたので今回はリハビリのつもりでやった。以下作る過程で遭遇したことを簡単に書いておく。

(1)kernelだが、rt,lowlatencyはカーネルパニックを起こして起動できない。
(2)mpdだが、0.20.14だとエラーを吐いて起動できない。仕方なく今まで安定して使えている0.20.12にrtパッチをあてている。

今後も色々試していくので以上のようなことは克服できるかもしれない。

調べてもらえばわかるがこのNUCはスペックは大したことない。2core,4GBmemory,1.1GHz,celeron だがwidows7などがまともに動くのだから僕がbuildrootで作らせたシステムなんか超はやい。起動もあっという間だ。無理やりrtカーネルにする必要性すら感じない。
syslinuxを使ってブートusbを作った。ハードディスクには普段使いの別のシステムが入っている。usbブートするだけでフロントエンドの出来上がりだ。

構成ファイルはこれだけ。

bzImage extlinux.conf ldlinux.c32 ldlinux.sys rootfs.cpio.gz

もちろん、isolcpus,nohz_full,rcu_nocbsなどの設定も行っている。こういうこと1つ1つが面倒くさいが勉強になる。

色々いじって遊んでいる。気が向いたらbuildrootでの設定内容などを書くかもしれない。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 初めまして。

    失礼ながら、ソフト内部、PCハード内部を弄らないと出来ない分野ではおそらく発展しないだけに困り果てますね。

    by平蔵 at2018-01-10 17:53

  2. はじめまして

    私の場合は下手の横好きですね。簡単にいい音に出会えるのは楽でいいんですがすぐに飽きてしまうんで素人なりに色々いじって遊んでいる、そんなところです。

    bytakobozu at2018-01-10 18:26

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする