yhh
yhh
団塊世代のオーディオ愛好者

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

紹介しそびれのアンプ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月24日

皆様 今晩は、yh です。

 今回は、前回紹介するのを躊躇したアンプです。
やはりアンプが可愛そうなので紹介させていただきます。

 写真は、今回スタジオ物撮り風に撮影しました。
アンプの母体はエレキットのアンプです。換骨奪胎し、電源トランスと出力トランスのみ使用しています。抵抗器は、東京光音電波品を使用しています。

 使用真空管は、EL84、5933、この球の初段は、6AU6 です。6L6GC、EL34、KT88
この球の初段は、12AX7です。

 機械類というものは、どうも焼きもちを焼き、他の機械に影響を及ぼすのかなと思っていますので、(新しい機械を購入するとすぐ壊れます。)手持ちの真空管が舞台に立てるようにと思い作りました。

 電源部はJJのコンデンサー、チョークコイル等で強化しています。
下の黒い部分が、電源部、上部の赤い部分がアンプ部です。アンプ部の配線はシールド線は一切使用していません。グリッド入力部直近にRCA端子を配置しています。
カソード抵抗、NFB抵抗は切り替え式にしています。
EL84 パラシングルです。発振が止まりませんので三結で組みました。
EL84は、300B シングルの予備球を買いすぎたので作りました。ソケットは使えなくなった 5933 のソケットを流用しました。 
5933 です。5933 PP の残りの真空管です。6AU6 も同じです。
キットオリジナル 6L6GC です。
EL34 です。
KT88 です。やはり存在感はすごい球です。

 各ソケットは、端子まで電圧は来ています。球を指せば回路が生きます。
真空管のプレート、カソードは常時電圧が計測できるように測定端子を設けいてります。

 真空管アンプど素人が何の知識もなくこうすれば良いのかなと試行錯誤をしながら作りました。煙も吐かず、火も吹かず、音は出るの心境で作りました。

 お笑いください

 

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. yhhさん
    こんばんは。

    この様なアンプを自作されるとは、かなりのマニアの方だとお見受けしました。

    いつか、聴かせていただきたいものです。。

    byはやぶさ at2017-09-24 21:42

  2. はやぶさ さま

     コメント有難うございます。

    私の部屋は収容人員1人ですので、ご招待は出来かねます。

    アンプをもって伺うことは可能かと思います。

    ただし感電の危険性の有るアンプですので、どうなりますか。

    byyhh at2017-09-24 22:27

  3. yhhさん

    これは面白そうな物ですね。

    真空管もペアチューブが多数が有ってもクアドは中々無いので、測定が出来て便利そう
    ペアチューブも古くなると果たしてペア??・・・なんて問題も一気に解決ですね。

    オーディオ用は「簡素に」がモットーなので、常用としては問題が多そうですね。

    byhelicats at2017-09-25 10:01

  4. helicats さん

     今日は、確かにご指摘どうり問題が多いアンプです。

     余剰真空管をなんとか利用できないかと思い作りました。

     高圧のプレート電源に切り替えスイッチはとても入れたくありま
     
     せん。野放図に各ソケット端子に電圧が掛かっていますので作っ

     た本人も怖さを感じています。常用アンプではなく真空管救済ア

     ンプの 位置づけで作成しました。

      改めてhelicats さんの日記を読ませていただきました。

     自作アンプの内部配線写真を拝見しましたが、実に美しい配線で

     驚きました。上杉アンプと同等以上の配線ではないか思います。

      少しは見習いたいと思いますが、私の性格では不可能です。

     今後とも助言よろしくお願いします。

     yhh

    byyhh at2017-09-25 12:36

  5. yhhさん

    昔は一発勝負で配線していたので、途中でラグが不足して空中配線と云った事も四六時中でした。

    最近はEXCELの機能が非常に充実していて、ラグを含んだ実態(仮)配線図が作成出来ます。
     ※(仮)は抵抗・コンデンサ類は実物大でなく記号のため

    記号(部品)をグループ化して置けば、部品を動かしてもイメージとして軌跡を表示してくれるので配置がとっても楽です。

    時間は掛かりますが、とっても配線し易くなり 間違いも避けられます。

    EXCEL 2010以降でしたら 一度試してみる価値は有ると思います。・・これより前のバージョンはやって出来ない事は無いですがかなり機能不足

    byhelicats at2017-09-25 14:33

  6. こんにちは、yhhさん。

    空中配線とか、懐かしい言葉が飛び交いますね~
    そういや、会社時代に表面実装の仕事をさせられていましたが、回路をミスると、デザインカッターで回路を切ったり、ジャンパーで飛ばしたり(これも空中配線?)、これまた懐かしい記憶です。

    そのうち自作派に鞍替えしたいところですが、福岡だと部品屋が少ないのが残念です。
    大阪、名古屋、東京と鞍替えしてきたのですが、これらにあって、福岡に唯一ないのが電気街だと思う、今日この頃。

    全然、違う仕事に転向してしまったので、なかなかまとまった時間は取りにくくなりましたし、集中力も衰えました。
    ・・・取り敢えず、自作は、引退後の楽しみにとっておくこととしますかね(汗)
    その時は、どうかご教授ください。

    bykaku18 at2017-09-25 16:28

  7. helicats さん

    今晩は、いつもありがとう御座います。
    私は現在が一発勝負で悪戦苦闘しています。少しでも計画的にメインの配線くらいは実体配線図を起こすべきですが、何せ気が短くすぐに始めないと気が済まない性格です。

     実態配線図どころか、何もない回路図を見ながら配線をしていますので、配線はクモの巣の状態です。
    キットを含め4台くらいですが、それなりに組み立ての要領がつかめてきます。ただ個人の手作りですので作る台数も限りが有り、すぐに制作打ち止めとなります。

     そのあたりが限界という所でしょうか。
    もう一台新規に制作する気力・体力が有れば、再挑戦するかもしれません。

     またいろいろと教えてください。

     yhh


      

    byyhh at2017-09-25 18:38

  8. kaku18 さん

     メッセージ有難うございます。
    現在アンプを組むときの部品調達は、カホ・サウンドパーク(カホ無線)です。揃わない部品は、ネット通販で入手しています。

     今回YAMAHA GT-2000 用外部電源に挑戦しますが、この部品は
    マルツパーツ博多店に依頼し、希望の部品は揃えてもらいました。
    まだ入荷の連絡はありませんが、入荷次第制作に着手の予定です。

     その辺りの事は、また日記に書かせて頂きたいと考えています。

     今後ともよろしくお願いします。
     
     yhh

    byyhh at2017-09-25 18:50

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする