yhh
yhh
団塊世代のオーディオ愛好者

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Philips LHH A700

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月23日


 前回投稿しましたが、自作スピーカーを3WAYのマルチ駆動にしました。結果として休止していました、LHH A700が再登板となりました。今までラック最下段で埃まみれでした。

 そのまま使用したところ、アンプ本体温度が46℃迄上昇し、5秒と指で触れない状態でした。今更、石のアンプを新規購入するなど考えられませんので、末永くLHH A700 に働いて貰おうと、温度上昇を解決する事にしました。

 今迄、ラック最下段で、埃にまみれていましたので、最上段に移動し、アンプ下部を100㎜開け、空気流入スペースを作りました。

 下部空間に、PC用ファンを設置し強制空冷としました。LHH A700 は本体中央がヒートシンクで、形状はチムニー構造です。上部と下部が解放ですので、ファンをアンプ下部にFANを設置すれば、簡単に機械式強制冷却となります。

 結果ですが、31.9℃迄下降し、本体を触ってのほんのりと温かいくらいで効果は絶大でした。PC用ファンの僅かな風量でここまで下がるとは想定外でした。これで安心してLHH A700 を現役として使用できます。コンデンサーの熱影響を心配しなくて済みます。安心です。

yhh



 

 

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. yhhさん、

    LHH A700の復活使用、おめでとうございます。
    このアンプはずいぶん発熱が多いのですね。

    音の方がちょっと心配です。
    私が余計なことを言った結果が凶となったのでなければよいのですが…

    byK&K at2018-06-24 00:32

  2. K&K さん、お早うございます。

     お陰様でアンプの冷却が出来安心しています。LHH A 700がB級なのか、AB級なのか少し調べましたがまだ分かりません。
    いずれにしても、初期の特性で発熱が有るのか、経年で発熱が大きくなったかは不明です。ツイターは、4Ω、スコーカーは3Ωで同じアンプを2台で使っていますが、スコーカーの3オーム側が冷却前では、5℃ほど高くなります。全く2台同特性かどうかは分かりませんが、少なくともA級ではなさそうです。”AB級なのかな”とも思っています。メーカーサービス部門に確認したいと思います

     アンプの温度と音質に関しては、今の状態を現実問題と受け止め、このまま空冷で使い続けます。

    ”私が余計なことを言った結果が凶となったのでなければよいのですが…”

     とんでもない事です。今までK&kさんの助言をそのように思ったことは一度もありません。今後とも宜しくお願いします。


     yhh

     

    byyhh at2018-06-24 07:26

  3. 動作的にはA級じゃないでしょうか?
     
     オーディオの足跡で仕様を見ると40w×2(8Ω) 80w×2(4Ω)となっていました。 インピーダンスが半分になり、出力が倍になるのは電源部が強い証拠です。  消費電力が175wと控え目ですが、(この辺りは欧州の省エネ思想なのかな?) 発熱量とパワー値の対応を考えるとA級に近いのでしょうね。

    まぁー いくら熱くなろうが空間の確保さえ出来てれば心配は要りませんが、過保護か!と言われても可愛い愛機。 万全な対策はしたい物です (^_^)v  

    ウチもやたらにパワーアンプが多くて・・・  みな自然放熱のモデルです。 ラックに収めてるモデルに対しては、優しく扇風機で風を送っています。  以前、オーバーヒートが原因で堕ちてしまうアンプがあり、様々な対応を致しましたが、結果的に故障していました(笑)  原因は経年劣化であり、過熱によるダウンじゃなかったです。 でも長生きしてモラいたいので優しく風を送っています(笑)
     
     LHH A700 大事に使って下さい。
     

    byアコスの住人 at2018-06-24 09:02

  4. アコスの住人さん、お早うございます。

     やはりA級なのでしょうか。?メーカーは積極的にアナウンスしていないのでよく分かりませんでした。

     A級の設計であれば、発熱は当然ですから、メーカーは熱に対する対応は行っていると思います。

     ただアンプ本体の温度が上がりますので、ケーシング内の温度も上昇し、電解コンデンサーの温度も上昇するはずです。やはり電解コンデンサーの寿命が一番の心配事です。

     アンプは老体です。メーカーサービスの方からも”長く使用されたアンプですから、負荷は控え目に掛けて下さい”とのアドバイスを頂きました。冷却し極力労わって、長生きし働き続けてもらいます。

     有難うございます。

     yhh

    byyhh at2018-06-24 09:26

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする