yhh
yhh
団塊世代のオーディオ愛好者

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

トランス漏洩磁束測定

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月19日


 電源トランスの漏洩磁束の確認を行いました。

  最初に左側
 電源OFF で 0.000v 電源 ON で 0.001v
 
  上部 電源OFF で 0.001v 電源 ON で 0.002v


  右側 電源 ON で 0.001v

下部 電源OFF で 0.001v 電源 ON で 0.003v

の結果となりました。

 電源トランスはシールド付きですので漏洩磁束影響は殆ど無しと考えています。

 又、電源トランスとフォノ入力部まで250mm程度開けていますので、電源トランスの影響は無いと判断しました。

 真空管ヒーター点火電源の直流安定化電源です。細かい部品集めが面倒でしたのでキットを採用しました。

 前回の検討を踏まえ、全体のレイアウトを決めました。大きさはA3判相当です。朱書きの器具は、ヒーター電源です。これは、発熱しますのでシャシ内ではなくアンプ上面に設置します。

 この計画レイアウトで実体配線図を進めていきます。

 yhh

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. yhhさん、

    フォノ・イコライザーを含むプリアンプの場合には電源トランスの漏洩磁束はちょっと気になりますね。
    私の場合はトロイダルトランスを使用して、フォノ部とは一番遠いところに置いたので漏洩磁束の測定まではしませんでしたが…

    漏洩磁束の検出にトランスを使用されているのでしょうか?
    もしそうだとするとトランスは磁気回路が閉じられているので磁束を拾うのには適していないように思います。
    エナメル線などで空芯コイル、または鉄心を入れる場合でも磁気的に閉じられていないコイルを作って検出器として使う方が良いと思います。

    それと測定される電源トランスの方の2次側の負荷はどうされていますか?
    実際の使用条件に近い電流を流さないと実質的な測定ができないと思います。電流を流さないと磁束が生じませんので…

    byK&K at2018-08-19 14:02

  2. yhhさん、
     テスターでは可也測り難いと思います。
     PC内蔵のA/Dでも、FFTで可也傾向が分かります。 
     AC系統(ACケーブル、タップ、トランス等)との位置関係に依っては結構、ノイズが飛び込んで来るのが分かります。

    byナショナルキッド at2018-08-19 14:39

  3. yhhさん

    教科書に載っている磁束分布図と同じですね。

    私の作ったEQアンプは縦長ケースに本測定の縦方向を長手方向に設置(もしかして最悪の方向?)して真空管とトランスの距離は10cm程度で、ハムを拾うと云った事も起こりませんでした。
    ※真空管にしてはケースが小さ過ぎて 高密度実装ですが・・・小さ過ぎて温度が上がる(50℃以上)ので後からファンを付けました。

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/4381/20161002/53044/

    生態信号を扱う様な特殊な性能を要求しない限りあまり関係ないかもです。
    ただ外付けのMCトランスをトランスの横に置くとハムを拾いますが、少し離すと止まります。

    byhelicats at2018-08-19 16:12

  4. K&K さん、今日は。

     メール有難うございます。

     漏洩磁束測定の件は、インターネット記事の受け売りで行いました。電源トランスは無負荷で電圧のみで電流は流れていません。受け側のトランスも電源トランスで100V-20Vで負荷を掛けていません。電源トランス二次側に負荷用の抵抗を入れて電流を流してみます。

     ネットワーク用の鉄心入りのコイルを所持しています。
    受け側に利用してみます。
    もう少し詳しく調べて再度挑戦してみます。

     ご指摘有難うございます。

    これからもよろしくお願いします。

     yhh

    byyhh at2018-08-19 17:18

  5.  ナショナルキッドさん、今日は。
     
     メール有難うございます。
    テスター以外では、オシロスコープキット(島津製)しか所持していません。オシロキットで測定できるか試してみたいと思います。

     ご指摘有りが問うございます。

     これからもよろしくお願いします。

     yhh

    byyhh at2018-08-19 17:26

  6. helicatsさん、今日は。

     いつもお世話になります。

     電源トランスの漏洩磁束の測定を行ってみました。
    測定法が完全ではないようですので、再度測定法を見直し再測定を行ってみます。

     実体配線図も前回3度行いましたので、今回は全体の実体配線図を作図しています。前回相当検討しましたので、今回は少しは楽になりました。

     これからもよろしくお願いします。

     yhh

     

    byyhh at2018-08-19 18:09

  7. yhhさん、こんばんは。

    実態配線図を見させていただきましたが、肝心のアースの引き回しが良く分からずコメントできませんでした。

    アース配線は、できればアース母線ではなくて、ダイエイ電線等で配線するほうが良いかと思います。

    EQの入力回路は、ホット側とアース側の配線でできるループ面積が最小になるようにしてください。

    B電源のアース側は、フラットアンプ初段のカソード抵抗のアース側へ接続して、ここからシャーシへ一点アースすれば良いと思います。

    EQ回路の左右chアースも、このポイントへ接続します。

    ついつい、聞かれても無いことを書いてしまいました。
    既にご存知でしたら、無視してください。

    byED at2018-08-19 23:43

  8. EDさん、お早うございます。

     メールありがとうございます。
    投稿しました実体配線図は、検討図の位置づけで途中経過として投稿させて頂きました。

     現在4回目の図面作図中です。アース配線については、どうするかまだ迷っています。アース配線については諸説あます。

     アース接続ポイントは、リップルの最少となる、最終段平滑コンデンサー部説あるいは電源トランスグランド部説が有ります。
    これは実際にに配線し試さないと分からないのでしょうね。

     色々ご助言頂きまして有難うございます。

     ”ついつい、聞かれても無いことを書いてしまいました。
     既にご存知でしたら、無視してください。”


     とんでも有りません、4回目の配線図も出来上がりました投稿いたします。その時も宜しくお願いします。

     yhh

    byyhh at2018-08-20 07:18

  9. こんにちは。

    ちょっとコメントを。
    トランスの位置や向きによって漏洩磁束は異なりますが電流に余裕のある大きなもの選定すればそう問題になることはないと思います。
    それよりもワイヤリングが重要だと思っています。
    このサイトは最も参考になります。
    http://www.op316.com/tubes/vinyl/phonoeq-v2.htm
    困ったら「自作BBS」に質問ができますよ。

    byマイペース at2018-08-20 13:33

  10. マイペースさん、今日は。

     コメント有難うございます。
    今回の電源トランスは、必用電流30mAに対し、真空管ヒーター電流の関係で100mAのトランスを用意しています。

     回路図より実体配線図を起こし、プリアンプを作成する事は最初の経験です。暗中模索で進めています。

     ”このサイトは最も参考になります。
     http://www.op316.com/tubes/vinyl/phonoeq-v2.htm
     困ったら「自作BBS」に質問ができますよ。”


     貴重な情報有難うございます。

     これからもよろしくお願いします。

     yhh

    byyhh at2018-08-20 14:06

  11. yhhさん

    ヒーター電流は30mAですか?
    小さすぎませんか、12AX7 あたりでも6.3Vのときに0.3Aですが。

    byマイペース at2018-08-20 14:16

  12.  マイペースさん。

     30mAは、B電源電流です。

     ヒーター電源は6.3Ⅴ×2A が3回路有ります。

     整流管整流で行い、12AX7 × 2 本、 12AU7 × 5 本です。

     6.3V 回路が 2回路では不足しますので、6.3V 3回路のトランスとし、結果としてB電源回路 100mAのトランスを選定しました。

     説明が足りずに失礼しました。

     yhh


     

    byyhh at2018-08-20 15:02

  13. yhh様
     オシロキットではDレンジが狭いので測れないと思います。
     PCのライン入力(A/D)でも下手なサウンドボードやUSBのA/DよりS/Nが良い事もあります。
     

    byナショナルキッド at2018-08-20 19:03

  14. ナショナルキッド さん、今晩は。

     メールありがとうございます。

     折角頂いたアドバイスですが、手法が理解できません。
    以前フィルムコンデンサーの極性確認用に、テスター感度を上げるアンプを作りテスターで極性チェックを行いました。
    そのアンプで測定感度を上げようかと思います。

     手持ちの物で再確認を行います。

     yhh

    byyhh at2018-08-20 21:09

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする