yhh
yhh
団塊世代のオーディオ愛好者

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

プリアンプ部品マウント終了

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月16日


 プリアンプ部品類のシャーシマウントが終了しました。

 最初の取り付け部品は何にしようかと迷いました。まあどうでも良い事でしょうが何となく拘りました。アンプは電源が命でしょうから電源トランスを最初にとも考えましたが、セオリーでは最後の取り付けとなっています。では----
整流管用ソケットを最初に取り付けました。

 以降順次取り付けを行います。
シャーシ内部です。電源平滑用フィルムコンデンサーが背高のっぽですので相当シャーシ内部に埋め込まなければなりません。

 部品取り付け終了です。この時はシールド付き真空管ソケットの取り付け位置の間違いには気づいていませんでした。配線貫通穴も拡大しました。

 取り付け終了時のシャーシ内部です。

 アンプ正面です。写真は天地が逆になっています。
写真中央上段の端子類は、チャンデバ用クロスオーバー周波数切り替えに使います。右上電源スイッチ横の穴4個は、PL用です。パネル面が寂しいのでヒーター用、B電源用左右それぞれで4個付けます。

 アンプ背面です。ヒューズは使わず、2Aのブレーカーを入れました。この時失敗が有り、最初は正面で電源スイッチと兼用する予定でしたが、いざという時に電源トランスの底と干渉し、取り付けが出来なくなり、泣く泣く背面に移動しました。他にも二か所の不具合が有りました。

 これからが本番の配線です。部品の取り付けだけでこれだけの検討不足が出ました。実体配線図でどれだけ検討不足が出るか、油断せづ配線しなければと思っています。

 yhh 

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 電源平滑用コンデンサはフィルムなんですか?電解コンのように見えますが…。極性は無いのでしょうか?

    byベルウッド at2018-09-16 09:24

  2. ベルウッドさん、お早うございます。

     平滑用コンデンサーですが、1段目のみ電解コンデンサーです。
    2段目以降は 東一電機製 フィルムコンデンサー 47μF×2 3個です。

     yhh  

    byyhh at2018-09-16 09:47

  3. なるほど。こういう外観をしているのですね。ブロック型電解コンと置き換え可能ということでこのようにデザインされてるんですね。

    失礼しました。

    byベルウッド at2018-09-16 10:07

  4. 外径は33φです。電解と其の儘交換できます。

     ソーレンのアルミ缶のフィルムコンデンサーも33φであれば良いのですが。東一電機のフィルムコンデンサーが好きで、よく使用しています。

     yhh

    byyhh at2018-09-16 10:15

  5. yhhさん

    ホルソーも油圧パンチも使用せず 3mmのアルミをこれだけの加工は素晴らしいです。
    どれだけ時間を掛けたのかと・・・感動ものです

    工業品よりは工芸品に近いかも
    最後に木枠を取り付ければ完璧ですね。

    byhelicats at2018-09-16 11:07

  6. helicats さん、お早うございます。

    メッセージ有難う御座います。

     穴あけはやはり大変でした。電動ドリルでしたので如何しても墨出し芯から僅かずれ、組み上げたら誤差が出ていました。

     それ以上に悪かったことは、根がせっかちで、塗装で失敗しました。十分に乾燥さなかった事が原因です。
    それに輪を掛けて、表面が乾いた段階で部品付けをしたものですから、取り付け部品の周り表面に渦巻きが出ました。塗装後4~5日乾燥させるべきでした。

     情けない‥‥

     修正する気力は有りません。後の祭りです。

     いよいよ配線に入ります。思いがけない事が間違い無く発生すると思います。一つづつ丹念に解決し完成させます。

     よろしくお願いします。

     yhh

    byyhh at2018-09-16 11:56

  7. こんばんは

    いよいよ、神経を要する配線ですね!
    イモにならないように注意が必要なので気を使いますよね。

    配線作業となると、トランス等の重い部品、背の高い部品が取り付けられているので
    トランス、コンデンサ等には、カバーで養生装着することをお勧めします。
    更に、シャーシの一番高い部分(裏側も含め)にも、同じように養生をされるとよいのでは、
    フロント、リアパネルもメンディングテープなどでマスクしてしまう。

    作業しているとき、うっかりと半田ごて等で傷付けてしまうことがあるかもしれません。
    昔ですが、タンゴとラックスの綺麗な塗装のトランスの天辺を擦り傷だらけで完成させたことがありました(~_~;)

    楽しいので、つい次の工程に入りたくなるのですが、じっくりと勝負してください。

    楽しみに続きを拝読させていただきます。

    by at2018-09-16 18:21

  8. 昌 さん、今晩は。

     メッセージ有難うございます。

    いよいよ配線に入ります。

    人様にお見せできる配線を目標に、蜘蛛の巣配線にならぬ様、じっくり取り組みます。

    タイミングを見計らい、次の投稿をさせてもらいます。

     yhh

    byyhh at2018-09-16 20:18

  9. yhhさん、こんばんは。
    レスが遅くなってすみません。

    全体的な大物部品のレイアウトを拝見しましたが、良い音が出そうな雰囲気がありますね。

    特に、VRとフラットアンプを右端に持ってきたのが良い結果に繋がりそうです。

    もう遅いかもしれませんが、一つだけ気を付けていただきたいのは、真空管ソケット横の信号線を通す穴?は配線が2本通るようにしておいてください。(既に考慮済だったらすみません。)

    ここは、VRからのアース線と信号線を並行に配線して、信号路のループ面積を最小にすべきところなのでね。

    byED at2018-09-17 22:13

  10. EDさん、今晩は。

    メッセージありがとうございます。

     ”真空管ソケット横の信号線を通す穴?は配線が2本通るようにしておいてください。”


     鋭いご指摘恐れ入ります。その穴はイコライザー回路よりの出力線でセレクターに接続します。穴は一本用しか開けていません。
    ボリュームのアース線を忘れていました。今から大きくします。

     ご指摘有難う御座います。

     yhh

    byyhh at2018-09-17 23:49

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする