yhh
yhh
団塊世代のオーディオ愛好者

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

プリアンプ現状写真

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月03日


 プリアンプ現状状況です。

 上面です。

 1.直流安定化電源を換装しヒーターバイアス電圧46V掛かりました。
 2.安定化電源入力電圧15.14Vで電圧差3Vはかろうじて確保しています。
 3.ヴォリュームも手持ちのアルプス製に換装し確認しましたが、ハムの量は変  は変わりませんでした。

 背面です。配線が酷いのでお目ざわりと思います。

 1.アース配線の変更 入力部よりスタートし、イコライザー、イコライザー次  段セレクター・ボリューム、出力段の順に配線を変更しました。

 2.イコライザー部です。初段12AX7カスケード接続 次段12AU7カソード接地回  路です。左右の基盤を平行に設置しています。

 3.終段 12AU7 カソード接地回路です。

 以上の状態で EQ 回路から盛大なハムが出ています。

 以上が現状の状況です。

 宜しくお願いします。

 yhh

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. yhhさん

    半田付は問題なさそうですね。

    EQ回路からハムが出る状況を教えて下さい。
    ①カートリッジに接続
    ②EQ入力を短絡
    ③EQ入力オープン
    ①と②なら良いですが③ならまずは入力を短絡してみて下さい。

    ※回路では入力に直列に帰還抵抗が入っていた??ようなので入力オープンの使い方は想定外になるかと?

    ヒーター回路の様な不意の接地が無いか確認を
    1)シャーシー接地のラグをシャーシーより浮かせます。
    2)アースラインとシャーシーの間の抵抗を測定します。
    3)ほぼ∞になります。
    4)∞にならない時は何処かがシャーシーに触れているので探すしか有りません。

    整流管をダイオードに変更してみる。
    若干電圧が上昇するかもですが真空管の定格内だと問題ないとと思います。
    これでハムの状況が変化すれば電源が怪しいです。(必ずしも良くなるとは限らないですが)
    ※両波整流だと思うので 整流管を抜いてプレートとカソードの間に1000V耐圧のDiを2本付ければOKだと思います。
     この時にヒーターの配線は外した方が良いかも?

    取り敢えず思いついた点を・・・

    byhelicats at2018-12-03 11:24

  2. helicats さん。

     早速のご指摘有難うございます。
    各項目チェックいたします。

     チェック後状況報告させて頂きます。

     yhh

    byyhh at2018-12-03 11:29

  3. yhhさん

    もう一点

    電源コンデンサーのアース母線の支持方法が写真では分かりません。
    シャーシーから絶縁されていますよね?

    byhelicats at2018-12-03 16:22

  4. helicats さん、今日は。

     ”電源コンデンサーのアース母線の支持方法が写真では分かりま せん。シャーシーから絶縁されていますよね?”

     この件は、一点アースよりシャーシアースを切り離して測定しま したが導通が有り約2Ωでした。何処で繋がっているか確認しま す。

     ”1)シャーシー接地のラグをシャーシーより浮かせます。
      2)アースラインとシャーシーの間の抵抗を測定します。
      3)ほぼ∞になります。

      この件も導通が有りました。
      現在使用中のRCAジャックが絶縁型では無いようです。配線を  一切接続しない状態でシャーシとRCAジャックアース側の導通  試験では導通が有ります。シャーシ貫通部をビニルテープで絶  縁し測定しましたら当然導通は有りませんでした。
      熱収縮チューブで絶縁する予定です。
      
      アース端子も現在の端子は裸でしてシャーシと導通します。絶  縁タイプに変更します。

      アース配線とシャーシ接続の関係が成り立っていないようで   す。全か所見直しを行います。

     
      お騒がせ、お手間を取らせまして申し訳ありません。

      yhh

      

    byyhh at2018-12-03 17:02

  5. yhhさん、こんばんは。

    既に気付かれたようですが、RCAジャック単体のシールド側とシャーシが絶縁されていることが重要で、このことを話したつもりですが言葉が足らなかったようですみません。

    穴のサイズが合えば、以下のようなタイプに変えてしまったほうが良さそうです。
    http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00065/

    あとは、helicatsさんが色々アドバイスされているので、落ち着いてから気づいたところを書かせていただきます。

    焦らずに、頑張ってください。

    byED at2018-12-03 20:29

  6. ED さん、今晩は。

     RCAジャックについては、全て絶縁されているものと思い込んでいました。導通チェックで導通が有り初めて絶縁なしと気づきました。RCAジャックはご紹介の商品で検討いたします。

     アース端子もアースだからシャーシと接触してもいいだろうくらいの考えでした。お恥ずかしい次第です。

     
     ”焦らずに、頑張ってください。”


     有難うございます。室温が下がりましたので、アナログは休止です。来年の春過ぎ位から再始動ですので、それまでの期間、気長に取り組ませて頂きます。

     これからも宜しくお願いします。

     yhh
     

    byyhh at2018-12-03 23:28

  7. こんにちは、yhhさん。

    ぬ~、楽しそうですね~
    でも、バチッとか言ったら、泣きそうになると思うので、ショートには気を付けられてくださいね。
    で、特に役立つ情報提供もできないですが、私は、FPC基板の回路を設計していたものですが、基板の表を通すか、裏を通すかで動いたり動かなかったり、グラウンドの取り方で動いたり動かなかったり、分け分からない現象が良く起きました。
    1cm、2cmのFPC基板に数百個のチップを実装するという高密度基板だったこともありますが、電気回路は、わけわかめです(汗)
    と、本当に役に立たない情報、失礼しますが、楽しそうであるのは伝わりますので、このまま完走されるのを祈っておりますね。
    そのうえで、将来、私が、アンプ製作を始めた際には色々とご教示戴ければとか調子の良いことを考えてたりしますがご容赦ください(汗)

    bykaku18 at2018-12-04 17:05

  8. kaku18さん、今晩は。

     メッセージ有難うございます。

     バチツとは言いませんが、アースラインとシャーシアースの絶縁が出来なくて四苦八苦しています。対策として、一点アース、ラインとシャーシアースの取り外し、セレクタースイッチの取り外し、ボリュームの取り外し、アースラインとシャーシの接触部確認、RCAジャックとアース端子の絶縁型に換装、平ラグ基盤の取り外しチェック等々、考え付く限りの対策を取りましたが、アースララインとシャーシアースは導通しています。原因が全く分かりません。一体何処でアースラインとシャーシが接触しているのでしょうか。

     あと半年有りますので、何とかなるのかなと楽観しています。
    諦めず頑張ります。

     yhh

    byyhh at2018-12-04 21:12

  9. yhhさん

    こうなると一度アースラインを全て取り外し後に1つづつ復元してその都度抵抗を測る方が早いかもですね。

    なんとなく電源のコンデンサーの2本束ねたメッキ線辺りが怪しいような?・・・写真で見ただけなので何とも云えませんが
    ここは電流が大きいのでシャーシーに電流を流すと一発ハムを拾います。

    byhelicats at2018-12-04 21:38

  10. helicats さん、今晩は。

     完全に煮詰まりました。ご指摘どうり再再度アース線をやり替えます。区間ごとに配線、測定を繰り返し原因か所の特定も行いたいと思います。アース配線を全て取り外しもシャーシとの導通が有るかないか、興味津々です。

     電源回路の錫メッキ線も廃止し、配線に切り替えます。
    平滑コンデンサーのハンダ付けは放熱クリップを使用していますが、繰り返しのハンダ付けで本体端子への影響がで少々心配です。

     小手先、素人考えで進めても完成しそうも有りません。根本的に再度バラシて出直します。

     春先までには何とかしたいと考えています。

    これからも宜しくお願いします。

     yhh

    byyhh at2018-12-04 22:46

  11.  EDさん、今晩は。

     前回 RCAジャックについて、非絶縁型ではないかと言いましたが、実際は絶縁型でした。私が取り付ける時、ワッシャと絶縁ワッシャの取り付け順を逆にしていました。その為芯ずれを起こし貫通部がシャーシと接触した模様です。同ジャックを念のため、貫通部に熱収縮チューブ取り付け絶縁し、再取り付けを行いました所結果完全に絶縁されました。

     yhh

     

    byyhh at2018-12-04 23:00

  12. yhhさん、こんばんは。

    RCAジャックの固定方法の誤りで、多点アースになっていたようですね。

    この問題は解決されたようなので、次はEQのアース配線の引き回しを点検してみてください。

    先ず気になるところは、EQユニットのRCA入力コールド側から筐体へのアースを配線していませんか。

    このように配線すると、EQ用真空管のプレート電流が、最も敏感なEQ入力回路を流れるので最悪です。

    EQユニットのアースは、EQ出力のホット側に密着させてセレクターやボリュームのあたりまで伸ばして、このあたりで筐体に一点アースすると上手く行きます。

    当然ですが、電源のアース側もこのポイントに接続することになります。

    詳しくは、私が作ったアース配線図で確認してください。

    それから、RCAジャックからEQ入力回路へ接続するアース配線は、入力抵抗68kΩに沿わせてループ面積が最小になるようにしてください。

    byED at2018-12-07 22:47

  13. ED さん、今晩は。

     早速のご助言有難うございます。

     ”先ず気になるところは、EQユニットのRCA入力コールド側から  筐体へのアースを配線していませんか。”

     全くそのとうりの配線をしています。ハムは一向に収まりません でした。シャーシアースは入力近辺との情報でそれを踏襲しまし た。回路図の順番どうりに配線したため、イコライザー初段   12AX7のカソードに接する位置となり本当にいいのかなと思いな が接続してしまいました。
     
     ”RCAジャックからEQ入力回路へ接続するアース配線は、入力抵 抗68kΩに沿わせてループ面積が最小になるようにしてくださ  い。”


      現状は、RCA ホット側から68kΩリード線で直接12AX7グリッ ドに接続していますのでホットとコールドは完全に離れていま  す。アース線は抵抗器にグリッド迄沿わせ配線修正を行います。

     御助言どうり早速修正を行います。

     有難うございます。

    byyhh at2018-12-08 00:31

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする