yhh
yhh
団塊世代のオーディオ愛好者

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

プリアンプ・イコライザーアンプ完成

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月31日


 今迄取りくんできましたプリアンプ、プリアンプ完成後急遽作成した外部イコライザーアンプ、色々いきさつが有りましたが、完成しました。

外部イコライザーです。


 外部イコライザーアンプの電源をプリアンプ電源兼用としました。
パイロットランプは内部イコライザーと外部イコライザー用に分けました。

内部イコライザー、赤がヒーター、青がB電源


外部イコライザー、オレンジがヒーター、緑がB電源


 外部イコライザー電源をプリアンプより取り出した為、プリアンプ内部に外部イコライザー電源配線を張り巡らしました。その為かプリアンプ本体にノイズが発生しました。

 ノイズの原因を特定する為に、一度プリアンプを元に戻し確認しようとしましたが、手間暇が掛かるので配線を分離する方法で再度組み替えました。

 ヒーター配線は12.6Vの為影響は少ないかなと思っていましたが、電流が多いので結果的に電力としてはB電源より大きいと判断し、ヒーター配線とB電源配線を分けました。B電源はシャーシ内部、ヒーター配線はシャーシ上部に配線しました。結果はとしてノイズは消えました。ボリューム全開で真空管の残留ノイズのみとなりました。

 内部イコライザー初段真空管はフィリップスの12AX7で真空管残留ノイズが多めでしたので、RCAの12AX7に交換した所大幅にノイズは下がりました。

 プリアンプ、外部イコライザー共満足のいく結果となりました。

 皆様のお陰で完成する事が出来ました。

 今からは、アンプの事は考えず音楽を楽しみたいと思います。

 yhh

 

 

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. yhhさん

    プリアンプ完成おめでとうございます。

    残留ノイズはフィリップスよりRCAの方が小さかったですか?
    たぶんテレフンケンとかシーメンスが有ればもっと小さくなると思いますが・・・実用の範囲なら問題無いですね。

    定電圧を組み込むと真空管メーカーによる音質の差は小さくなるかもですね。・・・

    くれぐれも内部EQと外部EQの切り替えには注意をして下さい。・・・何かのトラブルで焦った時が一番危ないです。

    byhelicats at2019-08-31 23:17

  2. helicvats さん、今晩は。

     メール有難うございます。

     お陰様でプリ本体のイコラーザー部のハムノイズは消えました。5670Wイコライザーは、最初からノイズは出ませんで心配は無用になりました。

     ノイズは消えましたが、じっくり聞いていますと、左右の音量がおかしく、再度点検です。増幅段ごとに真空管の左右差し替えを行い、音量不良の確認を行います。

     ”残留ノイズはフィリップスよりRCAの方が小さかったですか?
    たぶんテレフンケンとかシーメンスが有ればもっと小さくなると思いますが・・・実用の範囲なら問題無いですね。”

     現状としまして、まずテレフンケンの12AX7はまず入手不可能かと思います。もしNOS管が有っても目玉が飛び出るほど高価ではないかと思います。

     ジーメンスは4本所持しいますが、あまりにも安かったので”なんちゃってジーメンス”ではないかと疑っています。

     イコライザー初段のRCAも疑わしいので、最悪JJの新管を使わなければならないかと思っています。

     アンプは出来ても真空管で悩まされそうです。

     ”くれぐれも内部EQと外部EQの切り替えには注意をして下さい。・・・何かのトラブルで焦った時が一番危ないです。”

     有難うございます。切り替えは十二分に注意します。頻繁に切り替えないようにしたいと思います。


     まだ何かに挑戦するかもしれません。その時はお手数をお掛けしますが宜しくお願いします。

     yhh




     

    byyhh at2019-08-31 23:50

  3. yhhさん、こんばんは。

    自力でプリアンプの配線を直して、問題を解決されたそうで素晴らしいですね。

    今度は真空管自体の問題が出ているようですが、無帰還アンプは球のバラつきがそのまま出るので選別が必要になります。

    選別するには測定が必要になりますが、テスターはお持ちのようですね。

    あとは、PCをWaveGeneというフリーソフトで発振器にすれば、簡易な測定環境ができます。

    ただし、一般のテスターは高域特性が悪いので、扱う周波数は数100Hzまでにしたほうが良いです。

    参考にしてください。

    byED at2019-09-01 21:12

  4.  EDさん、今晩は。

     何時も詳細なご助言有難うございます。
    完成したと思っていましたが、左右の音量差が有りましたので真空管を差し替えたり色々と手を入れていました所、今度は天敵のノイズが発生してしまいました。真空管の差し替えだけで配線は触っていないのに何でハムが出るの。????? 振り出しに戻る。!!

     今迄使っていたプリアンプが邪魔しているのでしょうか。?
    外付けの5670wイコラーザーは全くノイズは出ませんので、5670wを使う手も有りますが、暫く、前のアンプを使い頭を冷やし再考してみます。

     ”あとは、PCをWaveGeneというフリーソフトで発振器にすれば、簡易な測定環境ができます。”

     以前オシロスコープキットを組み立てましたので WaveGene とWaveSpectraはインストールしています。選別の研究をしたいと思います。手持ちの真空管も新旧混じってしまい、新旧の選別も必要な状態です。何とか頑張ってみたいと思います。

     いつも有難うございます。

     yhh

       

     




     

    byyhh at2019-09-01 21:50

  5. yhhさん

    再度確認です。
    前々回に
    >ヒーターGNDは、渡り配線を介して、プリ本体のヒーターGNDに接続しています。

    ここでの「ヒーターGND」は本体か外部イコライザーのどちらの事でしょうか?

    プリアンプ内部と外部イコライザーのヒーターの巻線が別なら問題無いですが

    もし巻線共通で外部イコライザーの事なら既設の本体のヒーターと外部イコライザーでそれぞれGNDを取る事になり2点アースになるのでは???

    この場合は外部イコライザーのヒーターは本体側でGNDされているのでGNDの必要は無いのでは??

    byhelicats at2019-09-02 10:08

  6. helicatsさん、お早うございます。
     
     メールありがとうございます。

     ヒーターGNDの件ですが、私がGNDとヒーターマイナス配線を理解していないのかもしれません。前回GNDと表現したのはヒータ配線マイナス配線の事です。ヒーター用12V定電圧回路のマイナス側に渡り配線で接続しています。

     イコライザー信号はカップリングコンデンサー、渡り配線を介して入力セレクターに接続しています。

     ”プリアンプ内部と外部イコライザーのヒーターの巻線が別なら問題無いですが”

     プリアンプに設置している電源トランスヒーター巻き線ですよね。それで有れば巻き線は外部イコラーザーヒーターと共用と成っています。
      
     ”もし巻線共通で外部イコライザーの事なら既設の本体のヒーターと外部イコライザーでそれぞれGNDを取る事になり2点アースになるのでは???”

     ヒーターGNDとはヒーター配線末端でGND線に接続する事でしょうか。もしそうであればヒーターバイアスを掛けていますのでGND接続は行っていません。

     分からないことだらけです。

     よろしくお願いします。

     yhh

     

    byyhh at2019-09-02 11:58

  7. yhhさん

    ヒーター回路(-側)が1点のみでバイアス点に接続されていれば問題有りません。
    ヒーターにバイアスを掛けると真空管のトラブルが発生し易くなります。

    たぶん抵抗で分圧した回路だと思います。
    抵抗分圧だと回路インピーダンスが上昇してノイズに弱くなるので10μF程度のコンデンサーを入れた方が良いかもです。

    または今回付けた定電圧回路に150V(ツェナ電圧)出力が有るのでここに落とす方法も有ります。・・・このときはヒーター回路がGNDから浮いているのを確認後に接続して下さい。

    byhelicats at2019-09-02 13:09

  8. helicatsさん。

     御助言有難う御座います。

    再質問差せて下さい。

      ”ヒーター回路(-側)が1点のみでバイアス点に接続されていれば問題有りません。”

     現在B電源を抵抗分圧で電圧を発生させて、発生電圧をヒーター直流プラス側に接続しています。バイアス接続はマイナス側でしょうか。?ヒーター用電源とバイアス用B電源分圧電源はトランス巻き線が別ですのでバイアスプラス電圧をヒーター電圧マイナス側につないでも電流は流れず電圧印加のみと判断して良いのでしょうか

      ”たぶん抵抗で分圧した回路だと思います。
    抵抗分圧だと回路インピーダンスが上昇してノイズに弱くなるので10μF程度のコンデンサーを入れた方が良いかもです。”
     
     前にも書きましたが、抵抗器で分圧しています。
    10μFのコンデンサーはバイアス電圧マイナス側につなぎヒーター回路路マイナス側に接続でしょうか。?”

     ”または今回付けた定電圧回路に150V(ツェナ電圧)出力が有るのでここに落とす方法も有ります。”

     上記位置に何を落とすのでしょうか。? バイアス電圧の電源を取る箇所でしょうか。?

      ”このときはヒーター回路がGNDから浮いているのを確認後に接続して下さい。”

     ヒーター回路のGNDの意味については、前に書きましたヒーター配線末端をアンプアース線に接続する事でしょうか。?

     全くお恥ずかしい再質問ですがよろしくお願いします。


     yhh


     

    byyhh at2019-09-02 13:55

  9.  helicatsさん。間違いが有りました。

     バイアス電圧 プラスをマイナスと表記しました。

     (誤)
     10μFのコンデンサーはバイアス電圧マイナス側につなぎヒーター回路路マイナス側に接続でしょうか

      (正)
     10μFのコンデンサーはバイアス電圧プラス側につなぎヒーター回路路マイナス側に接続でしょうか


     よろしくお願いします。

     yhh

    byyhh at2019-09-02 14:17

  10. yhhさん

    >バイアス接続はマイナス側でしょうか
    独立した電源だとプラスでもマイナスでもどちらてもOKです。
    ただヒーターの定電圧回路は-コモンだと思いますが?・・・ならコモン側を固定するのが一般的???(動作上はどちらでも同じ)

    >抵抗器で分圧しています。
    何KΩで分圧したか分かりませんが・・・
    10μF(程度の)のコンデンサーはこの分圧した点と0Vの間に入れて見かけのインピーダンスを低くします。・・・分圧の抵抗が十分低ければコンデンサーは不要ですが電源の電流容量が不足するかも
    それとコンデンサーの耐圧には十分注意して下さい

    >定電圧回路の150V
    この150Vはインピーダンスが低いので こんな方法も有ると云う程度に考えて下さい。
    内容を理解せずに実施すると定電圧回路を壊すので・・・

    byhelicats at2019-09-02 18:10

  11. helicatsさん。

     早速の回答有難うございます。

    ”独立した電源だとプラスでもマイナスでもどちらてもOKです。
    ただヒーターの定電圧回路は-コモンだと思いますが?・・・ならコモン側を固定するのが一般的???(動作上はどちらでも同じ)”

     現在プラス側に接続していますのでそのままにしたいと思います。

    ”10μF(程度の)のコンデンサーはこの分圧した点と0Vの間に入れて見かけのインピーダンスを低くします。・・・分圧の抵抗が十分低ければコンデンサーは不要ですが電源の電流容量が不足するかもそれとコンデンサーの耐圧には十分注意して下さい”

     バイアス電源は、一次抵抗68KΩ、二次側抵抗18KΩの中点より取り出しています。同所のパスコンデンサーは、既に電解47μF250Vを入れていました。

      ”この150Vはインピーダンスが低いので こんな方法も有ると云う程度に考えて下さい。
    内容を理解せずに実施すると定電圧回路を壊すので・・・”

     この件はパスさせて頂きます。

     
     有難うございます。

     yhh

    byyhh at2019-09-02 19:04

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする