miya
miya
あくまで音楽を聴くための手段としてオーディオを愉しみたい。 グルメ同様、評価基準は自身の感性との整合度。感性なんて十人十色。 分析的な出音よりも響きが感じられて情緒的な耳当り優しい出音が好みです。…

マイルーム

家族で愉しむリビングオーディオ
家族で愉しむリビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
ADP : LUXMAN PD-171A + ViV laboratory TS-SUS1 MCC : Phasemation PP-300 + CS-1000 CDP : C.E.C. CD3N…
所有製品
  • その他アクセサリー
    VIV LABORATORY TS-SUS1
  • その他アナログプレーヤー/関連機器
    PHASEMATION CS-1000
  • カートリッジ
    PHASEMATION PP-300
  • ADプレーヤー
    LUXMAN PD-171A
  • DAコンバーター
    CHORD Qutest

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

アモルメットコア導入でスピーカーのくぐもり軽減

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月27日

我が家は設計時にスピーカーから離れたソファー脇にラックを配置した関係で、スピーカーケーブルが10m以上の壁内配線となっています。その影響なのか、それともこの部屋の音響特性なのか、スピーカーの出音が少しくぐもって聴こえます。

そこで少しでも改善されたらと思い、中村製作所のアモルメットコア(NS-221)を導入してみました。(スピーカー側ケーブルのシースを取り去った部分のプラスマイナスを束ねるように設置。)

設置後に普段どおり曲を聴いてみると、音が出ている時のバックグランドノイズが減った(聴感上のSN比が改善された)ように感じられ、くぐもっていた感じが大分すっきりすると共に、弦の倍音がより豊かに響き、臨場感が増して聴こえるようになりました。

アモルメットコアがコモンモードチョークコイルとして作用し、本当に高周波ノイズのみを効率的に低減出来ているとしても、可聴周波数帯域に影響を与えて認識されたことは正直不思議です。しかし、少なくとも私の感性では、特段エネルギー感の減衰や歪みの増加のような悪影響もなく、良い方向にのみ変化したように感じられたので、理論的な納得より自身の耳で聴こえたものを優先し、今後もこのまま設置継続することにしました。

環境や音質の趣味によっても感じる効果の程は様々だとは思いますが、我が家のようにスピーカーのくぐもりでお悩みの方は、是非一度試されてはいかがでしょうか?

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする