miya
miya
あくまで音楽を聴くための手段としてオーディオを愉しみたい。 グルメ同様、評価基準は自身の感性との整合度。感性なんて十人十色。分析的な出音よりも響きが感じられて情緒的な耳当り優しい出音が好みです。 …

マイルーム

家族で愉しむリビングオーディオ
家族で愉しむリビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
肩肘張って対峙するのではなく、オーディオの奏でる音楽が生活の中に自然と溶け込む、そんなリビングオーディオを目指して2014年9月に完成した、天井高2.6m広さ20帖のリビング兼用オーディオルームです。…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

Accuphase special sound selection 4

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月30日

先日アキュフェーズの製品を購入したところ、お店の方からいただきました。

どうやらディーラーによる機器のデモや視聴会での配布、購入者へのプレゼントなどの為に作られた非売品のサンプラーのようで、クラシック、ジャス、ポップス等幅広いジャンルの2015年前後の比較的新しい録音から、良質な音源を選りすぐって一枚にまとめたものとなっています。

前半は主にクラシックから構成されており、1曲目は軽快さとダイナミックさが聴く者の心をその世界の中に引き込むゲルギエフによるロシアの踊り。4曲目にはモーツァルトらしい華やかさ溢れる世界の中で音色の異なる木管楽器の掛け合いを楽しむことができるLSOのグラン・パルティータなど、なかなか面白いコンピレーションです。

このように前半は主にクラシックから構成されており、とても心地よく音楽に浸っていたのですが、ジャズなど普段あまり聴かないジャンルが収められている後半になると一曲毎に様々な不満が頭の中に駆け巡りました。

この女性シンガーの声ってもっと艶っぽいはずっ!このピアノのタッチはもっとエモーショナルなはずっ!ライブの熱気ってこんなもんじゃないっ!

普段聴いているクラシック以外の音源を聴いてみると、普段気にしなくて済んでいる自身のシステムの粗が嫌が応にも突きつけられる。
うーん、こりゃ心地良く聴きたきゃもっとオーディオに真摯に向き合えっていう啓蒙ディスクなのか?ふむ、受けて立とうじゃないか(笑)

という事で、なかなか面白いディスクに出会う機会を下さったオーディオスクェア相模原本店のMさん、どうもありがとうございました♪

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする