miya
miya
あくまで音楽を聴くための手段としてオーディオを愉しみたい。 グルメ同様、評価基準は自身の感性との整合度。感性なんて十人十色。分析的な出音よりも響きが感じられて情緒的な耳当り優しい出音が好みです。 …

マイルーム

家族で愉しむリビングオーディオ
家族で愉しむリビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
肩肘張って対峙するのではなく、オーディオの奏でる音楽が生活の中に自然と溶け込む、そんなリビングオーディオを目指して2014年9月に完成した、天井高2.6m広さ20帖のリビング兼用オーディオルームです。…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

ネットワークトラポ夏仕様

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月15日

我が家のネットワークトランスポートとして活躍中のラズパイですが、全館空調で夏場の室温は26℃に維持されているにも関わらず、チップ温度が50℃を上回ることが度々ありました。ちなみにラズパイ3B+はサーマルスロットリングが60℃に設定されているので、これはちょっとした温度上昇でスロットリングによる処理速度低下が起きてしまう状況です。

そこで、これまでケースは見た目重視でanideesのSilver Case with Crystal Topを愛用していたのですが、放熱対策としてSilverStoneのSST-PI01に変更してみました。

SST-PI01は付属するヒートシンクと放熱パッドによりチップとケースを連接して熱伝導を促す事で、ファンレスでありながらも効率的にアルミニウム製のケース全体へ放熱させてスロットリングを抑制するというケースです。
そして今回は更に、熱伝導を受けたケースの放熱も効率化するために、追加でケース自体にもヒートシンクを取り付けてみました。

■材料
・ケース(SilverStone SST-PI01)
・ヒートシンク(Fire TV用10mm厚、M.2 SSD用3mm厚×2)
・導電性アルミ箔テープ(20mm幅)

■作り方
1.下準備
不要輻射を避けるため、ケース底部の壁マウント用の穴を内側から導電性アルミ箔テープで塞ぎます。

2.組立
ケースの底部にラズパイをネジ止めして固定します。続いてケースに付属するヒートシンクの上下に放熱パッドを取り付けてから、SoC及びLANchipに載せます。最後にケースの上部を嵌めてネジ止めします。

3.仕上げケース上面にはFire TV用ヒートシンクを(写真左)、ケース底面にはM.2 SSD用ヒートシンク2枚(写真右)を各々貼り付け、最後にM.2 SSD用ヒートシンクにフットを取り付ければ完成です。

数日使ってみていますが、チップ温度も最高でも45℃程度となったため、ネットワークトラポ君も快適そうです。
ラズパイを使っているけどスロットリングによる性能低下は気になる、でもファン付ケースは音が気になるから嫌だ!という方がいらっしゃれば、もしかするとヒートシンクを追加したSST-PI01で解決できるかもしれませんよ〜♪

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. miya さん おはようございます

    私のraspberryPi3B+は、TOPで見た感じ3%も使ってませんが
    27度気温で63度あります、37度の時は67度でした。
    limitsで70度設定になってますが、cpufreqでpowersaveなので
    下がりそうもありません、放熱フィンが良くないんでしょうね
    負荷は何だろうAPにしてるからかなぁ

    早く夏が終わって欲しいです

    byYuho... at2019-08-16 06:28

  2. Yuhoさん こんにちは

    私も久し振りにtopで見てみましたがmpdとupmpdcli併せて3%程なので恐らくほぼ同負荷なのだと思いますが、60℃越えは確かにちと高温ですねー。

    なおlimitsがtemp_soft_limitの事だとすると、デフォルトの60℃から上限70℃まで設定可能ですが、70℃にすると不安定になる可能性があるようなので私はデフォルトのままにしています。

    https://www.raspberrypi.org/documentation/configuration/config-txt/overclocking.md

    ちなみに私もチップに放熱フィンだけも試してみたのですが、ファンを入れるか蓋を外すかしない限りケース内で熱の逃げ場が無いせいか、ほんの僅かな効果しか得られませんでした。

    という事で、SilverStone SST-PI01やイチゴ缶などのチップとケースを連接してケース外に放熱するタイプのケース、なかなかいいですよ♪

    bymiya at2019-08-16 11:23

  3. miyaさん、おはようございます。

    ラズパイオーディオも色々と楽しめそうですねえ。
    私なら10mm〜20mm位のアルミの板を使ってケースを自作してしまいそうです。
    小さいから費用は少なくて済みそうですし、放熱と外来ノイズの遮断にFGの強化および剛性アップ、振動対策と複合的なメリットが得られそうです。
    見た目も迫力が出ます。
    内部には電磁波吸収シートの貼り付け必須ですね。
    いやはや妄想するだけで楽しくなるわ。(笑)

    byCENYA at2019-08-18 08:21

  4. CENYAさん こんばんは

    ラズパイオーディオ、楽しいですよー♪
    ハードは安いし、ソフトはブラックボックス化されていないLinux。正に大人のオモチャ箱です。
    迷ってる間にポチっとするだけで、翌日には何故か手元にありますよー(笑)

    ちなみにもし私がケースを自作するのであれば、電波の減衰損と反射損、熱伝導率を考えてアルミではなく銅製でチャレンジしてみたいですねー。
    N-07Aの天板みたいな小箱だったら、見た目もカッコ良さそっ(≧∀≦)

    早速銅板、調達しよっかなー(笑)

    bymiya at2019-08-18 22:42

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする