ぽんず
ぽんず
学生時代に菅原正二氏のジャズ喫茶ベイシーの選択を読んでオーディオに興味を持つ。吉祥寺のメグ、A&F、サムタイム、赤いカラス等に通い大音量のジャズを楽しんだ。卒業後オーディオメーカーに就職し、オーディオ…

マイルーム

月影シアター
月影シアター
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / 8ch以上
2017年12月完成 5角形のシアタールームを作成しました。 7.2.4chのドルビーアトモス/dts:X対応スピーカー配置となっています。 床を基礎まで落とし込んだ結果、3m以上の天井を確保し…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

リファレンス音源

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月29日

皆さんがどのようなソース、ディスクを使って部屋をチューニングしているかはとても興味深いところです。

私が、いつも使っているディスクはドルビーアトモスのデモディスクをはじめいろいろあるのですが、その中でも、NHKの音楽番組のエアチェックは是非お勧めしたいところです。
エアチェックは圧縮音源(AAC)の為、いまいちとの印象が強いですが、再生環境によっては、それがなかなか侮れない音を出してくれます。(中には圧縮し過ぎて音が酷い衛星放送チャンネルもありますから。)

殆どいじっていない5.1chサラウンド(実際LFEチャンネルは空っぽ)
ナチュラルでワイドレンジ
適正な録音レベルとダイナミクスレンジ、そしてヘッドマージン
毎週放送しているオリジナルコンテンツ
演奏者が有名/一流
(受信料を除けば)無料

等がよいポイントです。

クラシック音楽館でのN響定期公演、言わずもがなの長寿番組ですがそれ故にマイキング、カメラワークなどが完成されており、安定したクオリティーのコンテンツとして提供してくれます。NHKホールとサントリーホールの音の違いも比べるのが楽しいです。

これは2013年に放映されたチョンミュンフン指揮、NHK交響楽団のベートーベン交響曲第2番です。






東京JAZZは昨年から、マルチチャンネルの収録となりました。
昨年の国際フォーラムでの録音は本当によかったです。メインの演奏がしっかりと前方に定位し、ホールの反響音や観客の拍手がふんわりとサラウンドに周るため、本当にその会場にいるかのような錯覚を味わえます。

2016年国際フォーラムでのパットメセニーとクリスチャンマクブライドのデュオ
本当に色付けの無い自然な録音が素晴らしいです。




2018年の12月にはスパーハイビジョンの放送開始が予定され、22.2chという難易度の高いであろうコンテンツ作成が要求される為、5.1chの番組作りも若干心配なところはあるのですが、引き続きNHKの音楽番組には期待したいです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ステレオCDは何枚かのリファレンス的な存在はあります。

     私はスピーカーを動かす事が好きなので、気に食わぬ事が出て来ると、色々と変えます。 その時には定番のソフト(CD)を聞きながら位置を決めてゆきます。  と言っても現状では動かせる範囲にも制約が多くなってしまい僅かしか動かせませんが、直近の改修ではステージ面(スピーカーのある所はこちら側と切り離されている)をスッキリさせる事で大きな改善があったと思います。 もちろんこれは負の要素もあるのですが、今では+の方が上回っている感じですね。


     サラウンドの方は「結果だ!」と思っているので、ステレオスピーカーの配置(ステレオ視聴で決める)から 他のスピーカーの配置を考えて「対称である事が大前提」データーを正確にアンプにインプットする。 この結果が全てだと思っています。   好きなソフトは何枚もありますが、何かを基準に追い込んで行く事は無いですね。 

     NHKには期待しています。 音楽物はアマリ聴かないのですが素晴らしい作品が多いですね。 そう言えばTOKYO JAZZは録ってあったな~ ディスク化しておかないと。   ただ、野球中継を見た時、サラウンド(後方)の音が左右逆でガッカリしました。 ホームからバックスクリーンを見た定位(ライトが右)なんですが、今のカメラアングルはセンターからホームを映してるので逆だろ--って感じですね。  せっかくの5.1chもこれでは台無しですね。 

     放送局デモでは4k/8kはウルトラ多チャンネルの音声ですが(笑)実稼働ではどうなりますかね? 

    ..

    byアコスの住人 at2017-12-30 05:56

  2. アコスの住人さま

    おはようございます。
    サラウンドは結果であると!アコスの住人さんのサラウンドの追い込み方、とても参考になります。左右対称はオーディオの基本ですよね。2chのリファレンスのCDの存在、とても興味があります。

    NHKの22.2chは最初から5.1chのダウンミックスを前提に製作されることが必須事項として決まっていますので、今の我々の再生環境ですとAVアンプがそれをハンドルすることになるでしょう。

    サラウンドの左右逆は酷い話ですね。笑

    音楽でも、さすがにオーケストラの左右が逆になることは無いですが、ドラムのセッティング(ハット、スネア、タム)の位置や、ピアノの鍵盤の位置が気になる音源はたまにあります。こちらは演奏者目線か、観衆目線かで決まる為必ずしも間違えてとはいえ無いのですが。

    byぽんず at2017-12-30 08:15

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする