toWano
toWano
自作や改造などの記事を書く気力があったら書きます。 基本的には備忘録的なやつです。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入りユーザー

  

お気にいられユーザー

日記

ステレオ時代vol8 A-10 SG 検討編

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月24日

ステレオ時代vol8 A-10 SG 検討編

大掃除していたらA-10SGの基板が付録のステレオ時代を見つけました。
以前から作成しようと思いつつ、パーツ集めが面倒で(港北やエレショップは高い)放置していたのを忘れていました。

港北ネットワークサービスのパーツリストで作成するのがもっともオリジナルのA-10に近づくと思いますが、
特に思い入れもないのでオリジナルのパーツリストで作ります。

<アンプ部>
・千石電商で販売しているKOAの1本10円の抵抗を使います。
・コンデンサは適当に音質評価が高くて安い物をできるだけ使います。
・オペアンプは適当に手持ちのものを使います。

<電源部>
・コンパクトさを重視してスイッチング電源のACアダプタを使用します。
・ステレオ時代の記事や作成された方のレビューからアダプタ1個では力不足な印象を受けるので2個構成にします。
・ノイズ対策として村田のBNXを使用します。

<その他>
・ボリュームは安物でも音質へ影響が出にくい回路らしいです。とりあえずLinkmanで作ります。駄目ならVishy P9あたりを使います。
・RCAジャック、DCジャック、スピーカーターミナルは絶縁型を使用します。
・内部配線はエナメル線の1.2mm(電源系)と0.5mm(音声系)を使用します。
・基板の制約上アンプICに直接ヒートシンクを接続できません。フラットバーが必須となりますがホームセンターで購入し、ドリルで穴あけします。
・ヒートシンクは秋月の100円くらいの一番大きいものを2個使います。冷却能力が足りるかどうかはあとで判断します。
・スイッチにはトグルスイッチを使用します。
・ジャンパー線は抵抗の足を再利用します。太さが足りなさそうなので裏と表の両面に実装します。

<パーツリスト>
上記から選択したパーツをリスト化しました。本家の面影なし!


実はもう作成済みなのですが、このパーツリストには問題がありました。
どのパーツでしょう?

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする