motocue
motocue
ガレージ兼書斎でオーディを楽しんでいます。

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / その他 / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー      COASTAL ACOUSTICS Boxer T2 アンプ類 プリアンプ      Spectral DMC-20 S2   パワーアンプ     QSC P…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Fedelix LIRICO

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月04日

8月9月頭に海外出張などもあり仕事が忙しくオーディオ弄りも停滞気味でした。9月下旬にやっと仕事も少し落ち着くとまた弄りの虫が騒ぎ出しましてフェデリックスのMCヘッドアンプ"LIRICO"を導入。
購入の理由は先日から導入しているZYXのカートリッジがその前のHelikonより少し出力が小さく、ボリュームの位置が上がったせいで少しバックグラウンドノイズが気になることがあり、トランスかヘッドアンプを通してもう少し増幅してノイズを減らせないかなということで今回選んだのがこのLIRICOです。
選んだ理由は最新の機器であることとバッテリー駆動であること。メインのIMMEDIAはSpectral DMC-20のフォノイコライザー を使っていますが、もう一つのプレイヤーWell Tempardの方はサザーランドのハッブルというバッテリー式のフォノイコライザー を使用しています。現用のハッブルの前も同じサザーランドのPH-3dやNagraのBPS、他にもTRIGONのADVANCEとバッテリー駆動のフォノイコライザー を色々と愛用してきているので今回もその流れでこちらを選んでみました。
ネット経由で注文して2日後には到着、説明書通りに手持ちのケーブルで接続を済ませ充電してから試聴開始。その前にプリアンプの方もセッティング変更で入力負荷抵抗を上げてゲインを下げました。

充電のためのACコードのスイッチを切り、本体のスイッチをオンにするとなんと盛大なハム音が・・・・イコライザーの位置が悪いのかと動かしてみますがほとんど改善なし、アースを疑ってみるもそこも関係なし、試しにプレイヤーとイコライザーのケーブルを他の物に交換したところ一気にハム音は改善されてとりあえず聴けるレベルになりました。
ケーブルに関しては拙宅では全て自作で、線材は同じもののその都度少しづつ作りやプラグや配線パターンが色々あり、多分最初のケーブルはノンシールドで交換した方はシールドが落ちている作りになっていて、その辺りの違いであったと思われます。それにしてもケーブルには敏感なタイプのようです。

さて、音を出せるようになって試聴した感じは一聴高域方向の伸びが大きいかなという感じ。チャンネルデバイダーのツイーターのレベルを少し下げて試聴を続けますがどうも高域が気になり、LIRICOの方の入力負荷抵抗のセッティングを変えてみました。フェデリックスのお勧めはギガΩ受けのセットですがこれを330Ωに変更、音的にはこちらの方が好みな感じでしばらくこのまま聴き続けました。

時折ハッとする音を感じることはあるものの、自分が聞いている音源に関していうと中域がちょっと弱いような立体感に欠けるような少々違和感を感じる音というのが大体の印象です。
それと気になったのがボリュームへの何かしらの影響です。ヘッドアンプで増幅したものをプリアンプのフォノで受けるので以前より増幅量が上がって同じ音量ならボリュームの位置が下がるのは分かるのですが、ボリュームを操作する際に出るガリ音がなんというか太く大きな音で、ヘッドアンプを通さない時と大分違いがありあまり気持ちがよくありません。元々、Spectralのプリはボリュームにガリが出やすく、使っている個体も数年前にオーバーホールしてそれからはガリとは無縁な数年間を過ごしてきたが、このところ少しまた微小ですがガリが出ることがあってその辺り気をつけて使っていました。

今回LIRICOを繋いだ際に出るガリ音は今までとはちょっと違う感じで、何故そのようになるのか素人には分からない原因があるのか不安になる現象です。

そこで一旦元のスペクトラルのみのセッティングの戻して聴いてみますとやはりこちらの方が違和感なく、ハム音も無いためS/Nも良くこちらの方が好みかなという結果になってしましました。そしてガリも元に戻り問題ありません。

多分ケーブルに適正な物を使って普通のM Mイコライザーを使うとまた違う評価になると思うのですが、機器が増えて操作も少し気を使うのならうちの環境ではこのヘッドアンプを使うアドバンテージは無いかもという判断で残念ながら短い間の試聴のみで退場という結果となりました。

そして再確認したのはDMC-20のフォノの性能です。今ままでも良いと思って使ってきましたが、今回の件で改めてこのアンプへの信頼が増してこれからもよろしくという気持ちになりました。

といったことでフォノ関係はまた振り出しに戻る、いや、浮気心も無く落ち着いていけるかなとというのが今回の収穫ではありました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. motocueさん、今日は。

    LIRICO お持ちのシステムと相性が合わなかった様で残念です。
    私も気になっていた製品ですので参考になります。
    同じフィデリックスのLEGGIEROを常用していますが、こちらはケーブルよりも電源アダプターとの位置関係や本体の場所でハム音が出る印象なので、真逆の様な印象でした。

    ウチでは、PH3dも使っていますが、フィデリックスの方がローノイズなだけに、この結果はねー、相性って難しいですね。

    ところで、お持ちのIMMEDIA。12、3年前でしょうか、当時WellTemperedでしたが、それに憧れまして、買おうと決心がついた時、輸入業者から「主催者のアラン・パーキンス(でしたっけ??)は何ヶ月も工房に入ったきりで、いつになる事やら・・」という回答で結局手に入れる事が出来ませんでした。
    これも相性なんでしょうか?(つまらない事を、、すみません、)

    ZYXに相性の良いイコライザーが見つかれば良いですね。

    byTON2 at2019-10-06 13:23

  2. TON2様
    コメントありがとうございます。
    充電などの運用でちょっと洗練されていないところはご愛嬌で拙宅で相性は良く無かったものの多分条件によってはとても素直ないいヘッドアンプなのではとは思いました。
    PH3dはとても良いですよね。自分が手に入れた時はレビンソンのJC-2のフォノモジュールが逝ってしまって慌てて繋ぎに買ったのですが、とても良くて気に入ってしまい現在使っているハッブルに繋がっています。
    IMMEDIAは現実的なデザインの中にマッシブなプラッターを納めているところがとても気に入っています。
    アラン・パーキンスさんはひょんなことから個人的に知り合いになって日本に来た際に飲みに行く間柄です。
    とてもいい人でその頃は多分輸入元と上手くいってなかったかもしれません(細かくは・・・・・)
    イージーメンテナンスとは言えない癖のあるプレイヤーですが縁があったら是非にと思います。
    ZYXはこのままスペクトラルに繋いでシンプルイズベストで行こうかと思っています。まあ、そう言ってもまたトランスは・・・とかなるのかも知れませんが(苦笑)

    bymotocue at2019-10-06 22:08

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする