しゅんかん
しゅんかん
PCとヘッドホンの環境で音楽を聴いてます この日記は環境向上の試行錯誤の記録です ただし、あまりお金はかけない方向で…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気にいられユーザー

日記

ノイズ対策 ~CPU用電源が発生するノイズ その18~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月08日

ノイズ対策 ~CPU用電源が発生するノイズ その17~」の続きです。
ノイズフィルタ試作6ですが、大きな問題点がありました。
試作5との比較です。
・薄いベールがかかっている様に聞こえる
・高音の艶が足りない

対策してみました。
「薄いベールがかかっている」、これは経験上(いろいろ試行錯誤したおかげで得た経験です)可聴領域外の高周波ノイズによるものっぽいかなと思いました。
なので対策は高周波用フィルターの追加です。
高周波ノイズ源はACアダプタだと思います。
高周波用フィルターを追加した結果、2点とも問題点が解決しました。

対策後の試作6です。



ノイズフィルタをもう一つ組むかどうか迷ってます。
試作6は1000μFのコンデンサをアレイ化したのですが、10000μFのコンデンサをアレイ化するのはどうかなと。
この場合チョークコイルは60mHが良さそうです。
カットオフ周波数は2Hzなんですよね。
ヘッドホンで聴く分には全く不要な超低音領域なので、たぶん組まないです。
何せ10000μFのコンデンサ10個で6000円。
たぶん20個程必要かなと思うので1万越えです。 無理です。

60mHのチョークコイルは15mHのコモンモードチョークコイルを使えば出来るなと思いました。
15mHのコモンモードチョークコイルは片側25Tで巻いてあるので、25Tにもう片方の25Tを繋いでやれば60mHです。
巻き方はW1JR巻き風になります。



実はこの巻き方は試してみたい事の一つです。
この巻き方は直流成分の磁束をキャンセルするはずなので、ファインメットに好都合なんです。
ファインメットは直流成分の磁束をかけると飽和しやすいようなので…



一応お約束の一言です。
本記事は個人的な実験の記録です。
機能を保証するものではありません。
また安全も保証できません。
試したい方は自己責任でお願いします。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする