しゅんかん
しゅんかん
PCとヘッドホンの環境で音楽を聴いてます この日記は環境向上の試行錯誤の記録です ただし、あまりお金はかけない方向で…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ノイズ対策 ~LANケーブルを交換~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月20日

LANケーブルをCAT7 2重シールドSTPケーブルに交換しました。
それまではCAT5eのUTPケーブルだったのですが、試しに交換してみました。

結論からいいますと、USB-DACからの出音に大きな影響がありました。
低音の出方が良い方向にいきます。 音場が広くなりました。
変わり方が大きいです。

使用しているハブです。
アライドテレシス AT-GS910/8

交換したケーブルです。
ミヨシ LB-701 CAT7 2重シールド 1m
ミヨシ LB-758 CAT7 2重シールド 0.5m
製造はミヨシですが、販売はビックカメラで、ミヨシのカタログに載っていない製品です。
ミヨシの製品は3重シールドSATAケーブルを使っていたので、これはどうかなと思って使ってみました。
他社製は使ってないので比較は無しです。

ケーブルへの追加加工内容です。
LANケーブルのPCに接続する側のシールドへ絶縁処理を追加しました。
具体的には、コネクタの金属ハウジングの上に絶縁用としてポリイミドテープを張っただけです。
PCはノイズ源になるので、そのノイズをハブへ伝えたくなかったのでした。
効果は未確認です。



当方のPC環境は、本当は1台のみで完結しており、ネットワークは不要なのです。
ですが、残念な事にPCを操作するのに必要なLCDモニタを繋げると音に悪影響が出ます。
そのため、ネットワーク化してます。
ネットワーク経由で他PCからリモートで操作する様になりました。
USB-DAC用PCにはLCDモニタを繋げません。

USB-DAC用PCは操作の為にネットワークに繋ぎます。 それでLANの通信速度は10Mbpsに制限しています。
操作の為だけならそれで済みます。
ちなみに通信速度を100Mbpsや1Gbpsへ上げると音に悪影響が出ます。
たぶん、USB-DAC用PCのマザーボード上のLANコントローラの出すノイズの影響だと思います。

いずれ、これも対策しなければいけないのでしょう… 
マザーボードのEMS対策になるのかな…

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする