たかけん
たかけん
AVが大好きな技術系の窓際ダメ社員です。(汗) プロフィール写真は福島県飯坂町の西根神社「鷽(うそ)鳥」でアニメキャラなみの可成りインパクトのある姿で現物が中々入手できません(笑)

マイルーム

はじめまして。視聴環境の紹介です。
はじめまして。視聴環境の紹介です。
持ち家(戸建) / リビング兼用 / ホームシアタールーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / 8ch以上
【映像機器】 ・AVアンプ=Pioneer SC-LX901&サブウーファ用パワーアンプ=M-90a ・9年間使用したSC-LX81が映画鑑賞中に突然音が出なくなり、LX901の展示処分品を税込2…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

日記

スタジオモニターをアルトに装着してみた‥

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月19日

【このブログのご案内ページへ】
 一昨日、無事、奥様に新型ハスラーが納車され、わたくし目も奥様が大切に乗ったアルトを譲ってもらうことになりました。そこで、車内のオーディオ環境を充実させるべく、かつ極力お金を使わないで‥かつ、毎週、両親を買い物に連れて行く必要もあるため、取り外しが簡単な構造でFOSTEXのスタジオモニターを「安全」に固定できる方法を模索し、あるアイディアを思い付いて実践してみました。

で、総費用は18mm厚のメーブル集成材をカットしてもらい、ゴムバンドやゴムパッドを追加して5,000円くらいで、ホームセンターの工作室で組みながら部材を追加し4時間ほどかけて完成させました。たぶん、下の写真だけでは何をする道具か分からないと思います。

 この写真で何に使うモノか理解できるでしょう。ヒントも写っているし‥ スピーカーを取り付けると、こんな様子です。
両親を後席に乗せる際、ケーブル類を外せばスピーカーを取り付けたままリヤシートから引っこ抜いて後席の後ろに仕舞うことができます。

 室内から見るとこんな感じで意外と迫力あります。たまたま、アルトのリヤシートの背もたれが薄っぺらい1枚構造なため、板で挟み込むように上から装着できるようにしました。万一の衝突時には重たいスピーカーが宙を舞い凶器になるため、挟み込む板を二重にして念のためにシートベルトで抑えています。

 理想的にはスピーカー本体をPC用のセキュリティーワイヤーで繋いでおけば、命綱として衝突時に脳天を襲う確率は減らせると思うのですが、スピーカー側に固定できる部分がなく2つあるバスレフポートを使ってセキュリティーワイヤーを通すしかないでしょう。

 現在、トラブル等に備えて廃車予定の古いアルトに装着してますが、後ろから見るとガラス越しに予想以上にグロテスクな姿が‥何となく後ろから近づきたくないと思われるかもしません‥

 電源はDC/ACインバーターでポン付けで聴いた限り、純正オーディオのように大きな音を出すと音が割れることもなく悪くありませんが低域のボン付きや室内で高音域が吸収されてハイ落ちに聴こえます。

 セッティングで煮詰める方法もありますが、安直にPA用の2chグライコを付加して調整していこうと思っています。

 これから新しいアルトに移設してPA用2chグライコ捕獲の旅に出ます‥(汗)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. たかけんさま

    おはようございます♪

    『ぉ・・・』
    近づいてみちゃいます (^^

    byMotoko at2020-07-19 11:06

  2. Motokoさま、レスありがとうございます。

    本日は約400km彼方の単身赴任先に戻るのも兼ねたグライコ捕獲の旅で盛岡市内で税込8,800円のブツを見つけました。

    KENWOOD GE-1001 ¥38,000(1995年頃)
    https://audio-heritage.jp/TRIO-KENWOOD/etc/ge-1001.html

    低音域のボンつきは2つあるバスレフポートの片側を塞ぐと消え、あとはパラメトリックイコライザーでかなり細かく調整ができ、かなり理想の音質を得る事ができました。

    車のシガライターのDC12V電源から交流100Vに変換するDC/ACインバータを使って家庭用機器を車内に持ち込むのは一種の反則ワザで手持ちの機材や中古で入手した機材を使って組めるため、余計な費用がかからないのが利点ですが固定方法がネックですね。

    byたかけん at2020-07-20 00:57

  3. 楽しそ-!

     発想と器用さが際立ちますね。 

    オマケの様な純正カーステに比較されると格段に良いでしょうね。 (^_-)-☆


     まぁ- どちらにしても凶器と化さない様に 安全対策もバッチリとお願いしますよ。  最近は自分が安全運転でも 何処からともなく「突っ込んで」来るケースが多いので 外は怖いです(笑)



     後悔 (*_*;   たかけんさんの前日記にEW&Fが (^^)/
    私は「天空の女神」が試聴盤の定番として持て囃されていたいた頃の晩年に 何者かもわからず購入。  もちろんレコード!  この1枚で オーディオに開眼した様なもの・・・  「レコードには こんなに良い音が・・」  それまでは いわゆる「歌謡曲」のレコードしか買っていませんでしたが こんな出会い後は 「オーディオ的な優秀録音盤」を買う事に。 クラシックは無理でしたが・・ (笑)

    byアコスの住人 at2020-07-22 20:33

  4. アコスの住人さま、返信ありがとうございます。

     車に取り付けたスピーカー台はあれから1000km以上走行しても問題ありませんでしたがゴムバンドは半分くらい千切れてしまい現在はスピーカーをリヤシートにシートベルトで固定してます。

     スピーカーに穴を空け固定する方法もありますが、艶々ホワイトボディに無粋な穴を開けるのも忍び難く、今度は娘が使っていたミニコンポ用の軽量スピーカーを固定しようかと思っています。(背面に冷却フィンの付いたスピーカーは社宅駐車場でも少し話題になってしまい自粛しようと思いました。)

     EW&Fのアルバムは長岡秀星氏のジャケットを中心にウチのリスニングルームに展示してあり存在感抜群ですね。「天空の女神」は何と言っても"Let's Groove"が印象的で、以前、都内出張の帰りにディスクユニオン吉祥寺店に寄って、"Fall in Love with Me"の45回転盤を入手しB面に"Let's Groove"が収録され、そのお下品すぎるドンシャリサウンドにシビレたりしてます。

    「天空の女神」は、名エンジニア、ジョージ・マッセンバーグ(George Y. Massenburg)氏が手掛けたアルバムではありませんが、そのサウンドは、さらに進化して1983年の「創世記」(Powerlight)でサウンド的なピークだったような気がします。

     自分的にはEW&Fでジョージ・マッセンバーグ氏を知り、氏の手掛けたリンダ・ロンシュタット嬢の歴代アルバムや総じて音質の良くないTOTOのアルバムで唯一、氏が手掛けた好音質盤「The Seventh One」を入手したりして自己満足に浸ってます。

    byたかけん at2020-07-24 05:53

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする