Yuho...
Yuho...
PCオーディオ始めました。 いつでもおいでませ。 改名しました (C)GMO Internet, Inc. 再使用禁止

マイルーム

好きな物は、あんぱんだ!
好きな物は、あんぱんだ!
持ち家(戸建) / その他 / その他 / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~4ch
アニソンが中心で、深夜アニメを見るのが目的です。 ubuntuのリアルタイム化カスタマイズをして、MPDとupmpdcliを使った。 openhomeネットワークオーディオです。 NAS…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

日記

似非PCおーでぃお upmpdcliを使ったMPD設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月12日

完成かなと思います。
audio_buffer_sizeは8192にしていたら、システムがいい所だと歪がひどくて
聴けたものではありませんでしたので、変更したらかなり良くなりました。
割り込み高すぎいいんです、0とかノイズが入るんじゃ、入りませんけど?
頭出し出来ないでしょ? 止めて一呼吸あければ前の曲掛かったわ笑

ubuntu16.04にrtパッチを当てて、upmpdcliでopenhomeになっています。

10/13 22:30 オプションの変更
stack_reserveの値を128にしました、ベースの鳴りがいまいちでした。
音がイマイチに感じたので、0に戻しmemlockをyesにしました。
stack_reserveを増やすより、滑らかな気がする・・・私がだけど。
やや、頭出しが出来るようになった、memlockにいいね!をしました。
15日
最終調節をしました、環境によってはノイズが出るかもしれません。
それでは皆さんサラダバー
2018/11/3中域に鮮やかさが無いので、stack_reserveを変更2048にした。
2018/11/10残響表現がおかしかったので、heap_reserveを16384にした。
2018/11/24アタックが弱く残響が大目なのでheap_reserveを11520にした。
mpd-0.20.18にyan氏のrtパッチを当てた物を使用しています。
#
realtime_option {
memlock "yes"
stack_reserve "2048"
heap_reserve "11520"

main_priority "FIFO:63"
player_priority "FIFO:99"
decoder_priority "FIFO:79"
io_priority "FIFO:95"
update_priority "OTHER:0"

}

audio_output {
enabled "yes"
type "alsa"
name "ALSA Device"
priority "FIFO:99"
timerslack "1"
dsd_usb "no"
dsd_native "yes"
dsd_native_type "3"

device "hw:0,0" # optional
mixer_type "none" # optional
buffer_time "185760"
period_time "46440"
audio_buffer_size "0"
buffer_before_play "100%"
auto_resample "no"
auto_channels "no"
auto_format "no"
use_mmap "yes"
replaygain "off"
# mixer_device "default" # optional
# mixer_control "PCM" # optional
# mixer_index "0" # optional
}


stack_reserveは多いと高域がザラつきますが、中域が解放され伸びやかに。
heap_reserveは、残響の鳴り方とほんのりとまろやかになるようです。
memlockはバスドラム低域に、付帯音がつきますので使わないつもりが
組み合わせで、付帯音がしなくなるようで、使う事にしました。
timerstackでCPU負荷が上がります、拍手が喝采に変わります。
audio_buffer_sizeは、増やすと情報量が減って聴こえて歪みます。
歪みねぇ 方が好みです、優しい豊かな音になるとか言う人もいます。
私は邪魔なので切りました。
バッファタイムとピリオドタイムは、1/4の関係を崩さないように
してあります。

こう言う情報載せても興味ないか、簡単にテストできるから、
誰か聴いてみてくれないかなぁ。

AVアンプのレンダラーより透明感と奥行きが少し増えただけで
あんまり変わらないから、市販品のほうが安上がりかも知れず。
違いはあるので追い求めるなら、オススメしないけど色々弄れるし・・・。

色々なディストリが出てるから、そのディストリの方法を試す人が多いのかな
最初は音楽用ディストリじゃないほうが、色々試せるから良いと思うのだけど。

androidにsshクライアントが有った、syncしてHDDがリトラクトするのを
待ってたけど、shutdown出来るじゃん、これあればPC要らずにメンテも出来るし
もっと早く知ってれば、歪み治せたのに残念。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 自己レスする事になるとは、あんまりMPDは人気ないかな
    聴いてみた方の感想聴きたかったけど残念。
    自分の所では良い感じなんだけどなぁ。

    そう言えば、昔PMDでFM音源decplayでMIDIをやっていたけど。
    MPDなんか響きが似てると思ったら、並び順の違いだった。

    byYuho... at2018-10-13 16:38

  2. rabbit_yuhoさん、おはようございます。
    私はMPDを常用してますがドノーマル(リアルタイムカーネル不使用)です。
    すべてのフォーマットを96k32bitに変換してpipeで自作ソフトに出力
    (alsa不使用)という特殊環境なのでバッファサイズ、WAV・FLACで
    差がわかりません。

    いまはRaspberryPiなんかでSymphonicMPDなどの音楽用の
    ディストリビューションを使用している人が多いのでは無いでしょうか。
    私は素のraspbian liteですけど。

    byassi at2018-10-14 09:55

  3. assiさん おはようございます

    レイテンシを下げると立体感がまして
    圧縮音源のトランスコードで、立体感が少し減って
    バッファを多くすると、歪みが増えてアタックが減る
    調節をしやすいのがRTバージョンだったので
    MPDのノーマルと聴き比べたのですが、ほとんど変わりません
    wavとflacの差は音の感じが少し違うみたいです。
    ブラインドテストでは90%wavになりました。
    alsaとossしかわからないので、音が想像つきませんが良さそうですね。
    変換はあまりしないほうが、音としては正しい出音のような気がします

    rasberrypiはNASとして使ってるので、音出しはしてないのです
    同じオプションがあるのであれば、試して欲しいところです。

    ノーマルでもaudio_buffer_sizeとbuffer_before_playは
    変えられるので0の100%の音を聴くことが出来ます。
    max_output_buffer_sizeとか影響があるのかも知れませんが
    これは未調整です、RTパッチでbuffer_timeとperiod_timeが
    設定できるのと、プライオリティーが設定出来るので
    良いかなぁと、安易な考えで入れてます。

    私もNASはlite使ってます。shutdownボタンが欲しくなるので
    casperを使ってRAM化しようかなと、思いつつ面倒くさくて
    そのまま電源切ってます・・・

    byYuho... at2018-10-14 10:53

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする