MacWinFan
MacWinFan
簡単明解で安価なPCオーディオでの高音質システムをめざしています。これまでずっとMacで、ポップス向きワンクリックのシステムは完成したのですがクラシックはWin10がよさげなので、先輩がたのご指導を願…

マイルーム

MacWinFan
MacWinFan
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
フロア毎に1所帯の最上階メゾネットですから爆音です。吹き抜けではないので響きが弱いのが悩みですが、これは構造上どうしようもありません。ポップス用とクラシック用に分けてシステムを組みたいと思っています。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

フリーソフトで高音質PCオーディオはできるか

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月17日

このブログ内容は私の見解であり動作の保証はありません。また、登場する企業や個人とは何の利害関係もありません。

Windows10 設定変更ツールでアップデートとメンテナンスの嵐を避け、少し落ち着くと優秀なフリーソフトが見つかりました。コンポーネント追加で機能拡張できる無料の音楽再生アプリケーションfoobar2000です。


このように多数のコンポーネントがありますが、ASIO supportとKernel Streaming supportが音質向上につながります。ASIOがmacOS CoreAudioでKernel StreamingがAudirvanaのダイレクトモードに相当するようです。

Preferences>Playback>Output>DeviceでKS(Kernel Streaming)を選び、Buffer lengthを最低にします。次にASIO driversで該当するDACドライバをダブルクリックすると設定パネルが現れますので、USB streaming modeをMinimum Latencyにします。Win10ツールバーのサウンドの設定を必ず確認してください。

これでWin10でも音源をワンクリックして即再生、音質はダイレクトモード並みとなります。さらに使いやすく音質向上させるためにはネットワーク化します。これがとても簡単で驚くほどです。

UPnP/DLNA Renderer, Server, Control Pointというコンポーネントをインストールし、Media Library>Music holdersで音源フォルダを指定すれば初期設定のままKinskyで操作できます。foobar2000がサーバーとレンダラー両方になりますので特に追加するソフトはいりません。KazooはなぜかOpneHome Playerでしか動かず、Audionet Remote Control Point RCPがたいへん良いと感じました。

今はサーバーもレンダラーもコントローラーも1台のPC上に置いていますが分ければもっと音質向上します。その前にまずはプロセスカットですが、Win10 Anniversaly Update 2016が50台で落ち着いていますのでのでそこから始めようと思っています。Fall Creatorsは120以上もあって腰が引けました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. MacWinFan 様
    ⚫私も、ここ4年、win 7のpc で、Foobar2000を愛用しています。
    ⚫文句なく高音質だと思いますし、多機能でもあります。例えば、疑似的ながら、CD音源をDSD化しながらの同時再生機能まであります。
    ⚫動画映像も扱える多機能、高音質の有料ソフトもありますが、音に特化したfoobar2000が一番ではないでしょうか。
    ⚫ご存知かも知れないませんが、無料アプリ(Foobar con pro)をインストールしたスマホ(アンドロイド機)で、着座したままで、自由自在に再生できます。
    これで、PC オーディオの不満(逐一、無粋なマウスを弄ること)から解放されました。
    ⚫このアプリにiphone 版があるかは調べていませんが、試す価値ありだと思います。

    byシェルティーのパパ at2018-05-18 12:33

  2. 初めまして MacWinFan さん Tada-Min という者です。

    MacとWin両方でPCオーディオをやっているんですか?

    私は2004年にMacを始めてそれ以降ずっとMacです。Windowsもソフトの関係で4台持っています。

    レコードリッピングはWindows, 再生はMac mini です。

    巷間よく言われるように「Mac使いがやむなくWinを使ったら音質が歴然と劣り、唖然とした。」との事は未だに有るのでしょうか?

    現状では再生システムを組むのにMac, Winのいずれが音質が良いシステムを組めますか?

    byTada-Min at2018-05-18 18:05

  3. シェルティーのパパ様、さっそくのご指導ありがとうございます。

    調べるとiOS用コンポーネントもあるようで、これほど拡張性があり高性能で無料というのはすばらしいです。私も有名無名の市販ソフトと音質比較してみましたが、まったく遜色ありません。むしろ必要最低限のコンポーネントだけで動かすと最もクリアに感じます。無料でも配布元に再生楽曲や使用状況といった個人情報が勝手に送信されてしまうソフトがあり、そういうものは避けています。

    今後ともよろしくお願いいたします。

    byMacWinFan at2018-05-24 09:25

  4. Tada-Minさん、初めまして。

    Win10だと思います。音質に直結するサウンドドライバがMacでは純正のCoreAudioを使うように仕向けられているのに対し、Win10には選択肢があります。加えてWin10からカスタマイズ手順が変更されており、まるでMac OS9のように簡単になりました。
    現在プロセスカットして音質向上に努めておりますので、次の日記に書いてみます。

    byMacWinFan at2018-05-24 11:19

  5. MacWinFan 様

    レスありがとうございます。
    新参者の私が「ご指導」などとは、お恥ずかしい限りです。

    ●PCオーディオは大変奥深く、様々な試行や機器の見直しによって音が化ける(高音質化する)ことは実感しているものの、私のスキル不足から、ソフトや機器選定、それらの設定等で間誤付くことが多々あることも痛感しています。

    ●さて、つい先日、世間で話題の「JPLAY」という有料再生ソフト(ポーランド人2名が開発者?)の試用版(無料)をインストールしました。
    少し間誤付きましたが、何とか試用再生にたどりつきました。
    (スマホでの宅内WIFIを使ったコントロール設定は、間誤付いたままで未完です)
    拙宅PCは、同ソフトの推奨ではないWIN7機ですが、再生はスムースです。ただ、WIN7だと、スマホでの宅内WIFIを使ったコントロール設定が不調ですので、WIN10は必須でしょう。
    ●なお、試用版ゆえ、約3分おきに再生が停止し、数秒後に再開しますのでこれは不快ですが、音質は正規版と同じだそうですから甘受しましょう。(99ユーロをPAYPALで払って正規版をDLするかは未定です)

    ●推奨からは劣った環境下での再生ですが、JPLAYはなかなか優秀です。
    コレでCDリッピング音源(DECCAのオケ物で優秀録音)を再生しながら、当該CD盤の再生音と瞬時切替比較をしましたが、全く劣化は感じられず、コレで聴く音は、一層音楽の実体感が増す感じ(定位感、音場感も少し優る?)です。

    ●ネットで探していたら、コレ(JPLAY)のコンポーネントを
    FOOBARのOUTPUTに入れたら、FOOBARでコレを用いた再生ができてしまうそうです。
    早速、FOOBARの設定を変更して、やってみましたが、一発で上手くできました。
    音質面では本来のJPLAYの良さを損なっているのかも知れませんが、私の聴感では差異は分かりません。
    FOOOBAR CON PROのコントローラー(スマホ)で、JPLAYが再生できるのですから、今のところは大満足です。

    ●あとは、99ユーロを払って正規版のインストールをして、一層の高音質を狙った2台PC(要:WIN10機2台を新調)によるJPLAYの再生に挑むのか、大変迷うところですね。(間誤付きつつ、「魔界」に入っていけるのか、チョッと自信が足りません・・・。)

    byシェルティーのパパ at2018-05-26 12:18

  6. シェルティーのパパ様、さっそくのレスありがとうございます。

    私は簡単明解で安価なPCオーディオでの高音質システムをめざしていますが、無料のFoober2000でサーバーとレンダラー(プレイヤー)の2台のPC直結がいちばんすっきり感じます。日記本文にもあるように設定がとても簡単で、コントローラーAudionet Remote Control Point RCPにはスマホ用もあります。有料ソフトには設定が難しく要求スペックも高く、推奨パーツを積んでいくと高級ネットプレイヤーと変わらない金額になってしまうものもあるようです。企業として収益を上げようとすれば当然のことだと思いますが、そういう意味でも「魔界」かもしれません。

    プロセスカットしていくとCPUが静かになり、各プレイヤーでの音質の違いが分からないほどクリアになるように感じます。2018年04月03日の日記にある「第3回MJオーディオフェスティバル」でのプロセスカットminiPC体験が原点となっています。

    byMacWinFan at2018-05-26 14:20

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする