MacWinFan
MacWinFan
簡単明解で安価なPCオーディオでの高音質システムをめざしています。最もシンプルなfoobar2000とLinuxラズパイのデュアルPCにしました。

マイルーム

MacWinFan
MacWinFan
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
最上階メゾネットですが吹き抜けではないので響きが弱く、どちらかといえばデッドなモニタールームのような部屋で、定位や音場の広がりに敏感です。foobar2000@Windows&MacプレイヤーとLin…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

MacとLinuxで簡単高音質PCオーディオ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月09日

foobar2000 for Macの UPnP MediaRenderer Outputコンポ―ネントが完成しました。機能的にはWindows版と同じで、ネットワーク上にあるUPNPデバイスを自動検出しストリーミング形式で送出することができます。Linuxの無料音楽再生ソフトをレンダラーとすることもできます。


Linuxの音楽再生ソフトは特化した軽量の専用OSで動くため、たいへん簡単に高音質レンダラーにできます。例えばVolumioはUSBメモリにイメージファイルをインストール、Windowsが動くPCのUSB端子に刺したままPC電源を入れると自動で起動します。


ダウロードするファイル名は PC(X86/X64) ですから間違えないようにしてください。PCのBIOSで「標準オーディオを無効」に設定すると、USB出力だけになり音質向上するそうです。

操作画面も分かりやすく UPNP Renderer> Active にするだけです。


LinuxはMacと兄弟にあたるOSですから相性も抜群、レンダラーに最適なラズベリーパイという名刺サイズの超小型ファンレスPCで進化しています。USB変換せず、GPIO端子からIC間の通信に使われるI2S信号を直接DACに送れるため、たいへん鮮度の良いクリアーな音になります。

お勧めしたいのはMoode Audio Playerです。詳細な設定ができます。


I2SでつなげるDACによっては、デジタルフィルターを選ぶことができます。
Configue> Audio> Devices> EDIT OPTIONS

4種類あるうち最上段が初期設定です。私は音像がくっきりする最下段のフィルターが気に入ってます。
Audio buffers> Buffer fill before play >Disabled にすると、さらに効果が上がるように感じます。

MacのSafariなどのブラウザーで moode.local と入力、リターンキーで設定画面が出ます。ラズベリーパイにはLAN端子をつなぐだけで、すべての操作はMacからできます。
ラズベリーパイの設定方法は以下のHPをご覧ください。Macだけで完結します。

 ラズパイで音を楽しむ。 | サンワダイレクト

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする