MacWinFan
MacWinFan
簡単明解で安価なPCオーディオでの高音質システムをめざしています。最もシンプルなfoobar2000とLinuxラズパイのデュアルPCにしました。

マイルーム

MacWinFan
MacWinFan
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
最上階メゾネットですが吹き抜けではないので響きが弱く、どちらかといえばデッドなモニタールームのような部屋で、定位や音場の広がりに敏感です。foobar2000@Windows&MacプレイヤーとLin…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

LinuxレンダラーでシンプルなデュアルPCオーディオ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月19日

Linuxの進化は爆速です。無料の音楽ソフトをレンダラーにWindowsやMacのfoobar2000プレイヤーから再生すれば、たいへん楽にUSB出力を高音質化できます。プロセスカットしてある専用OSですから不要な機能をオフにするだけで、Windowsのような細かく面倒な手順は一切不要です。自己責任というような危険性もありません。

USB出力できる主なLinuxレンダラーには、Windowsが動くPCを使うVolumioとDaphile、ラズパイを使うMoode Audio Playerがあります。超小型ファンレスでコスパ抜群のラズパイをお勧めします。
ラズパイ最新型3B+でUSBが改良されていますので、消費電力は増えたのですがこれを使ってください。バッテリー駆動にするとACアダプターより格段にクリアーになります。

最初に画面右上の m をクリックして Config> Audio> UPnP/DLNA> UPnP Client for MPD をオンにします。


Configue> Audio> Devices> I2S audio device> None に設定します。

次に Audio> Devices> EDIT OPTIONS> Audio device> USB audio device にします。

イーサネットは下図のようにIP固定します。AirplayやSpotifiと連動したWiFiやAPなど不要な機能をオフにします。
最後に System> Modifications> Wait for eth0 address> on を確認します。

プレイヤーPCのIPも 192.168.2.1(末尾が1)に固定します。そしてイーサネット直結するだけです。クロスケーブルの方がストレートタイプより音質は良くなるようです。短いクロスケーブルと延長アダプタでストレートタイプをつなぐと簡単です。

foobar2000プレイヤーPCの設定は、2018年7月19日「イーサネット最適化とディフェンダー無効による音質向上」2018年8月5日「サーバー不要の簡単デュアルPCオーディオ」を参考にしてください。

ラズパイではなくWindowsが動くPCを使いたい場合、デュカロンDAC製造会社がDaphileを紹介しています。レンダラーにするには Advanced Media Server Settings> UPnP/DLNA Media Interfaceプラグインにチェックを入れます。

 PCで音楽 Daphile 驚きの高音質

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする