MacWinFan
MacWinFan
簡単明解で安価なPCオーディオ・ネットワークでの高音質システムをめざしています。シンプルにfoobar2000とLinuxラズパイ、DirettaとTuneBrowserのデュアルPCにしました。

マイルーム

MacWinFan
MacWinFan
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
foobar2000@Windows&MacプレイヤーとLinuxラズパイMoodeAudioレンダラー、およびDirettaとTuneBrowserのデュアルPCで満足できる環境にできました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

TuneBrowser レイテンシーとファイル互換性の向上

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月21日

音源アーカイブのファイル形式は圧縮率半分程度のFLACが一般的だと思います。TuneBrowserのCDの取り込みの初期設定もそうなっています。しかしいかにデコードが高速とはいえ、再生時にはその伸長時間がCPUに負担となり音質低下します。WavPackやALACではFLACの10倍近くデコード時間が嵩むこともあります。

さらに他のリッピングソフトで取り込んだファイルとの互換性の問題があります。foobar2000では問題ないファイルでも、ランダムに楽曲のダブりと楽曲名表示のエラーが出る場合が多々あります。

例えば以下のように、14曲目がダブり右端の時間表示は異なる、1曲目は長さ0:00と表示。このまま再生すると1曲目と2曲目は同一曲のリピート、3曲目から正常再生となります。つまり曲名表示が1曲分ズレてしまっています。

これらを解決するには「WAV変換」を使います。
Album Viewのタイトル部分をクリック、全曲選択した状態で右クリック、コンテキストメニューから「変換...」をクリックします。

WAV変換は高速で30秒くらいで終わります。表示も直っています。

WAV変換されたファイルからは歪感が消えます。
私には違いが判らなかったのですが、タグを除去するとそれだけデコード時間が短縮されます。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする