MacWinFan
MacWinFan
最短経路の最少接点で簡単明解なPCオーディオでの高音質システムをめざしています。シンプルにfoobar2000とLinuxラズパイ、DirettaとTuneBrowserのデュアルPCにしました。

マイルーム

MacWinFan
MacWinFan
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
専用室は DirettaとTuneBrowser のデュアルPC、リビングは foobar2000@MacプレイヤーとラズパイMoodeAudioレンダラーで満足できる環境にできました。 専用室…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

TuneBrowser 性能に関する設定:スレッドとクロール

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月06日

これは私がDirettaと組み合わせた時に最も音質が良いと感じる設定です。
CPUはCore i7-2700、Windows10Proで不要アプリをアンインストールした程度の標準状態です。

基本の設定 >性能に関する設定 >表示の性能に関する設定 >ストイックな表示 をYesに、画面更新頻度のレベルは最低の「1」にします。画面表示を奢るとそれだけリソースを割かれますので、なるべく控えめにします。

タスク/スレッドの設定 >タスクのスレッドの優先度 >高 にします。タスクのスレッド数の係数は「1」です。リソースをここに集中します。

Crawlerのパラメータ >定期クロール >しない にします。必要な時に手動でやればいいのであって、再生中に勝手に動いてリソースを割かれないようにします。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする