MacWinFan
MacWinFan
簡単明解で安価なPCオーディオ・ネットワークでの高音質システムをめざしています。シンプルにfoobar2000とLinuxラズパイ、DirettaとTuneBrowserのデュアルPCにしました。

マイルーム

MacWinFan
MacWinFan
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
foobar2000@Windows&MacプレイヤーとLinuxラズパイMoodeAudioレンダラー、およびDirettaとTuneBrowserのデュアルPCで満足できる環境にできました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

日記

Diretta + foobar2000 でCD再生を高音質に

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月27日

私見ですが、音源からスピーカーまで論理的物理的に最短で、できるだけデジタルでつなぐのがベストと考えています。専用室ではアナログのボリュームやセレクターでの劣化を避けるため、プリアンプは省いてDACとパワーアンプを直結しています。

音量調整は32bit DACのデジタルボリュームを使いますので、DirettaのPCM Requestも32bitに合わせます。

CD再生はfoobar2000で行います。
あらかじめ Preferences: Decoding の CDDA DecoderとCDDA Full-Disc Decoderにチェックを入れておきます。

CDディスクをSATA接続の内蔵ドライブに入れ、File >Open audio CD... をクリックすると曲名やアーティスト名が空白になっています。そこで選択画面下部から Rip をクリック、Information欄が空白なら Source: Lookup を試してください。freedbの方がヒット率が高いようです。アルバムやトラックの情報が自動で入ったら、いったんウィンドウを閉じます。

曲名やアーティスト名など表示されました。
操作はファイル再生と何ら変わらず、音質もWAV再生と違いが分かりません。タグ処理がないためか、透明感はこちらが上にも感じます。

HDCDを再生する場合は HDCD decoderコンポーネントをインストールしておいてください。

Pre-emphasis CDを再生する場合は De-emphasis postprocessorコンポーネントをインストール、Playback >DSP Manager でオンにしてください。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする