MacWinFan
MacWinFan
最短経路の最少接点で簡単明解なPCオーディオでの高音質システムをめざしています。Diretta + TuneBrowser + Album Player および foobar2000 + Linuxラ…

マイルーム

MacWinFan
MacWinFan
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
専用室は音質最優先で DirettaとTuneBrowserおよびAlbum PlayerのデュアルPC、リビングは気楽に foobar2000@MacプレイヤーとラズパイMoodeAudioレンダラ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

Diretta + TuneBrowser:新ファームで最高速Super25000Hz

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月12日

これは私の環境において Diretta最新ドライバ89_6 でベターと感じた設定です。HostPCのスペックや音色の好みに応じてパラメーターを変更してください。音源は外付HDのFLAC/ALACをTuneBrowserでWAV変換してから出音しています。私の環境はマイルーム詳細を参照ください。

アリス=紗良・オットのショパンでSuper25000に上げてみます。私の環境ではCPUの力不足か、40000ではエラーとなり再生できません。

透明感のある安定した出音で歪み感が全くありません。
Super20000の上は30000ではなく25000になっており、何かマジックナンバーのように感じます。前ドライバでは10000以上では改善が感じられませんでしたが、新ドライバでは着実に進歩しています。

スループットも完全にフラットです。プロセッサの電源管理も初期設定(最小5%・最大100%)のまま、すべてDiretta任せです。

デコードバッファは初期値から詰めて 100 にしました。詰めるほどディテールがよく出ますが、環境によっては歪みがちになります。

Super25000+Buffer100が最もバランス良く、以下のアバドのベートーヴェンが実に堂々と、そして繊細に響き渡ります。

2020年09月16日追記:
ドライバ91_1になりSuper40000で再生できましたがログをチェックするとタイムオーバーが多発、出音も歪っぽいので20000に下げ、新設のASIO/Direttaバッファを最小にしました。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする