MacWinFan
MacWinFan
最短経路の最少接点で簡単明解なPCオーディオでの高音質システムをめざしています。Diretta + TuneBrowser + Album Player および foobar2000 + Linuxラ…

マイルーム

MacWinFan
MacWinFan
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
専用室は音質最優先で DirettaとTuneBrowserおよびAlbum PlayerのデュアルPC、リビングは気楽に foobar2000@MacプレイヤーとラズパイMoodeAudioレンダラ…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

Diretta Sync ASIOバッファー、レイテンシー、ノイズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月11日

Direttaリファレンス・ドライバー0.92で追加された Sync ASIO を試したところ、澄んだ柔らかい音を味わえました。アバド指揮BPO演奏シュロモ・ミンツのバイオリンが、円やかで芳醇なたいへん好みの高音質にできました。

Sync はASIOバッファーに同期したサイクルでHostが送信するもので、初期設定のHighやLow、Variableの非同期送信に比べてTargetの負荷が軽減されてノイズ低下します。ASIOバッファーの値に応じてサイクルが自動設定されます。
例えば ASIO Buffer1なら Cycle=44100/48000Hz とサンプリング周波数と同じになります。

Sync でバッファー64、デプス16(Depth=Direttaのバッファー)が最も柔らかくなります。サイクル689Hz@44.1kHzと低くなるため、スループット送信量は減少、グラフには微小な波が現れますが聴感上の影響はありません。

Targetレイテンシーはオリオスペックがドライバー92をリリースするまで Prefer(DACの指定値)より短くできませんが、ASIOバッファーを詰めれば硬い音にできます。ロックなら16くらいまで詰めても悪くないと思います。

Sync ASIO64設定で、キングクリムゾンの2010年リミックスを FLAC24/96k 音源で楽しんだのですが、アナログの雰囲気がよく感じられて素晴らしかったです。FLACのデコード負荷によるジッターが程好いスパイスのように効いたのでしょうか。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. MacWinFanさま
    こんにちは♪
    いつも貴重な情報を有難う御座います^^

    う〜〜〜、帰っていじりたい〜〜〜

    byMotoko at2020-10-12 14:09

  2. Motokoさん、こんにちは。

    TargetPCのS/Nがとても良いことが前提だと思うのですが、PCオーディオならではの音質調整がここまで進歩したのですね。オールインワンの機器では絶対にいじれないパラメーターを好き勝手にできるところが大好きです。
    旧ファームを使ったり工夫次第ですがたとえば出音を、硬のB&Wから柔のタンノイ、激のJBLにも変えられると思います。

    byMacWinFan at2020-10-13 09:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする