high speed
high speed
新築を機にオーディオ再開。オフ会に誘われたい。 【機器変遷】 スピーカー: KEF Coda7 → B&W Matrix805 → YAMAHA NS-1000X → TANNOY Reve…

マイルーム

建築中
建築中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
庶民的な木造新築の2階部分に、低予算ながら音響対策を施した部屋を確保することができました。まだ完成していないのですが完成が楽しみです。
所有製品
  • スピーカーシステム
    MAGICO S1

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

お気に入り製品

日記

DEVIALETに関する備忘録的メモ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月06日

ここ数日DEVIALETについて調べていました。もっと詳しく知りたいと思っています。

スピーカーPHANTOMに広告費をかけている
国内ではD-PremierもしくはD-PremierAirのモデル名で2012年頃から複数の導入記録が残っている
2007年創業、フランス、D-Premierの初期モデルは2010年
ある記事によると「2014年には3500台を売り、1500万ドルを稼いだ」とのこと
DEVIALETのアンプは、本国サイトではEXPERTというモデル名で売られている
日本ではEXPERTという名前では流通していない、代わりにメーカー名のDEVIALETとモデルナンバーの組み合わせが用いられている

ネットワーク付きDAC付きプリメインであり、プリアウトがある
電圧増幅にA級を用い、電流増幅にD級を用いる
A級とD級の間になんらかのセンシング+DSP制御された高速フィードバック回路がある
DEVIALETの日本語表記はデビアレだったりデヴィアレだったり
Tはサイレント

ラインナップはよくわからない
110は120になり
170は200になり
200は220proになる
D-Premierは240になり
240は250になり
250は250proになる
800は1000になり、1000が2個で1000PROになるのか
200が2個で400
240が2個で500(250が2個でも500?)
サイズ 400x400x40mm 6.9kg
モデルナンバー=ワット数

バージョンアップを推奨している
単なるソフト更新にとどまらずハードにも手を入れている
手を入れているなんてものじゃなくて中身をモジュールごと取替えている

同ナンバーでの2個使いが推奨されており、導入例も多数ある
120と200を同じ電源で使用すると音質に悪影響があるからやめておけというネット記事があったが疑わしい

オーソドックスなセパレートアンプと比較し、遜色ないという意見とDEVIALETの方が上という意見とセパレートアンプの方が上という意見があり結論はない
一例をあげると250以上ではDEVIALETの方が上
別の一例をあげるとプリメインならアキュフェーズやラックスマンの方が上
2chはDAT落ち

モデルを問わなければ国内中古流通量はそこそこある、つまり保有している人が一定数いて、その中で手放す人がいる
黎明期、ダイナミックオーディオ専売、2010年2月開始、2011年11月ステラ取り扱い開始と共に専売終了
輸入代理店ステラ、2011年11月1日、取り扱い開始、2015年6月30日、輸入代理店契約を解消、その後正規代理店なし

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. high speed さん、はじめまして。

    DEVIALET のことよく調べられてると思います。
    経緯を見ると懐かしいです。

    EXPERT PRO や DEVIALET OS などまだまだ新しくなる製品ですね。

    byレパード at2018-04-06 21:22

  2. レパードさん はじめまして

    DEVIALETユーザーの方にレス貰えて嬉しいです。
    レパードさんの日記にあった情報を元に修正させていただきました。私もあのように見やすく書きたいものです。

    byhigh speed at2018-04-06 23:46

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする