high speed
high speed
2018年新築を機にオーディオ再開。 音の好み: ボーカルがスピーカーから離れた位置で明確にセンター定位すること。前後方向に広く、頭の後ろから壁の向こうまで音の定位を感じること。 リファ…

マイルーム

二階8畳正方形勾配天井の音作り
二階8畳正方形勾配天井の音作り
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2018.7.1 In : 3cm厚無垢フローリング、吊り下げ式ボード、DEVIALET 200、GPD Pocket Out : CEC TL51XZ、200V→100Vダウントランス、Bow …
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

床補強 DIY

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月06日



カリンの床を彼方此方で勧められたのにカリンに行かずパインに行った人のやっちゃった日記です。

これで効果があったら将来カリンに向かえば良いのです。効果が無かったら解体して壁用音響パネルの材料にでも再利用出来る筈です。この様に自分に言い聞かせ気持ちを落ち着かせています。南無南無。

部屋の約半分に厚さ30mmの欧州パイン無垢フローリングを自主施工しました。施工したと偉そうな事を言っても、実際は釘も接着剤も使わずたださねを嵌めて置いてあるだけ。横着仕様なのです。

途中、寸法を間違えたり、反りが出てしまって嵌らなかったりとそれなりの苦労が有りましたが、予定より約一週間遅れでようやく形になりました。

フローリングの下には125x125mmの厚さ3mmのゲルシートが中央と両端に1列ずつ。それからゲルとゲルの間の空間を埋めるための適度な厚さのスポンジシート。


横方向のフローリングの隙間には互い違いになるよう切り欠きを設けました。簡易ラビリンス構造です。このような加工を行うには柔らかいパイン材は有利。それからリノベーターという電動工具が大活躍でした。

当初の計画ではフローリングの上にウッドカーペットを敷く予定でしたがそれ無しで一度音出しまでしてみたいと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. やってますね〜 新築のお宅とは思えない(笑)

    よほど…「弱さ」を感じられたのでしょうね。 まだ始まってもいないのに!(◎_◎;)

    まぁー 嵌めて置いてあるだけと言われていますが、ココまでキレイに仕上げるのは大変なご苦労と思います。 結果が出るのはこれからでしょうが、無しの状態が分からないのにこの英断は拍手ものです! 大丈夫ですよ! きっと上手くいっています。 30mm厚の板材だけでも、相当な重量の加算になっていますしね。


    メインのお引越しもあるでしょうし、コッチの方も大変ですが、お体を壊すことなくご留意して頑張って下さい。

    byアコスの住人 at2018-06-06 13:53

  2. アコスさん こんにちは。

    そこまでの弱さは感じなかったのですが、壁や天井に比べて相対的な弱点は床だなと。

    こういうことは気持ちの乗っている時にやらないと、上モノの位置が固定されてしまってからでは人間なかなか動きだせないのでいまのうちにと思いました。(本当は引越前に完了させるはずだったのです。無事にメインの引越しを終えました。ありがとうございます。)

    ちなみに、床補強無しの状態の音わかりますよ。引越前に1週間ほど鳴らしこんでいましたし、オフ会も行いました。

    床が整ったのでやっとオーディオ再開できます。

    byhigh speed at2018-06-06 14:49

  3. こんにちは、high speedさん。

    ・・・本当にハイスピードですね(汗)
    過去の日記に遡って拝見させて戴きましたが、通常の3倍・・・失礼、凄まじく早いペースでビックリです。

    そんでもって、うちは、現在、賃貸マンションなので、そのうち家を購入することがあるかもしれませんが、その時にカリンにいくか、パインにいくかを悩むと思いますので、この後の結果報告、楽しみにしてますね。

    ではでは。

    bykaku18 at2018-06-06 19:14

  4. kaku18さん こんにちは。

    3倍はいいすぎです。赤い人に怒られます。

    なしよりはありの方が良いですが、低音以上に高音が変化して戸惑っています。詳しくは本日の日記に。

    いずれ導入するかもしれないのでしたらサンプルだけでも先に手に入れておいて損はないと思います。手触り、質感etc

    ではでは。

    high speed

    byhigh speed at2018-06-08 13:39

  5. high speedさん、色々考えられていて面白いです。

    このお試しはどうだったのでしょうか?
    先の吊り下げ式オーディオボードとの比較ではどんなものなのでしょうか?

    byヒジヤン at2018-06-25 21:56

  6. ヒジヤンさん こんばんは

    ちょうど日記を書こうか思案していたところでした。昨夜、吊り下げ式ボード改良のためスピーカーを降ろしまして、久しぶりにリジッドになったところです。

    片方下ろしたところでバランス調整機能を使って、右左聞き比べました。

    吊り下げた方が低音の量を多く感じます。奥行き方向も大きいのですが音域により違和感が感じられる箇所もあり。全体にピーキーな印象。

    リジッドの方が低音の量感や立体感の最大値を多少犠牲にしつつ、音の配置や音像の安定感、それから音域ごとの奥行き方向バランスが整う印象。

    扱いやすさのリジッド vs 最大化の吊り下げ
    といったところ。完全に使いこなせば吊り下げなのかもしれません。

    byhigh speed at2018-06-25 22:20

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする