high speed
high speed
2018年新築を機にオーディオ再開。 音の好み: ボーカルがスピーカーから離れた位置で明確にセンター定位すること。前後方向に広く、頭の後ろから壁の向こうまで音の定位を感じること。 リファ…

マイルーム

二階8畳正方形勾配天井の音作り
二階8畳正方形勾配天井の音作り
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
2019.6.24 In : Magico Q1 Out : Magico S1 2019.3.9 In : 吊り下げ式ボード 修理完了のため復帰 2019.1.28 In : …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

おMIX

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月31日

ハイレゾ音楽制作ユニット「BEAGLE KICK」の、EVERYTIMEという楽曲のMIX前の音源(マルチトラック音源、簡易体験版)が9月15日までの期間限定で公開されていたのでダウンロードし、数年振りにサウンドエンジニアの気分を味わっています。6時間くらいでとりあえず聞けるレベルの2chミックスtake1が出来ました。




ミックスとは、たくさんのソフトシンセや生録音された演奏を所定のチャンネル数(多くの場合は2ch )の音源にまとめる作業のことです。ミックス後の音源は最大音圧がやや低め(ピーク-6dBくらい)だと後工程が助かります。ミックスとマスタリングを同じ人が同じ日に行うことも可能ですが、音作りの観点から日を分けた方が無難です。


2005年くらいからパソコンやオーディオインターフェースの性能が充分になり、それを追ってDAWと呼ばれるソフト群が2007年辺りから2010年くらいにかけて急に充実してきたため、素人でも比較的容易にCD作製に手が出せるようになりました。多くはCD-Rに焼いた少量生産でしたが、中には銀盤でびっくりする位の数を売り捌く個人や個人の集まり(サークル)も現れました。



それはさて置き、使わなくなって手放すつもりだったCDプレーヤー。

不調が見つかり修理に出していたものが戻って来ました。不調が治っているか確かめるためとりあえず電源を入れてデジタルINにつなぎます。するとどうでしょう思ったより良い音で鳴ってしまいました。ざっくり比較すると、良いと思う順に、PCが本気モードのProTools > CDプレーヤー > PCがほぼデフォルトのProToolsでした。(うーん、暫く使ってみることにします。)


自作と言えばスピーカー、アンプ、ケーブル、Linuxディストリビューターなど話題に事欠かないPhileWeb、鍛練により自らを良質な音源にしてしまう御仁もいらっしゃます。オーディオ再生に耐え得る音源の自作も可能なのだとふと思いました。ジャンルとして成立するかは不明ですが。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんは。

    まさかphilewebでこの話題を見るとは思いませんでした。思わずコメントします。これは貴重な音源素材でしたね。私もこれは自分なりにミキシング作業をやってみました。

    ミックスをPhilewebでアップする方が出てくるとはなかなか思いませんが、超個人的にはオーディオシステムをまとめ上げるセンスと、ミキシング&マスタリングは通じるものがあると思っています。

    byyohine at2018-09-01 20:33

  2. yohineさん レスありがとうございます。

    そうですね、相互に通用する知見があって勉強になります。良い点もあれば悪い点もあり、オーディオだけでモニターしていると他の環境では残念な音になってしまったり。真面目にマスタリングするなら時々スマホのスピーカーや安いイヤホンでのチェックも必要と感じました。

    byhigh speed at2018-09-02 18:38

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする