high speed
high speed
2018年新築を機にオーディオ再開。 音の好み: ボーカルがスピーカーから離れた位置で明確にセンター定位すること。前後方向に広く、頭の後ろから壁の向こうまで音の定位を感じること。 リファ…

マイルーム

二階8畳正方形勾配天井の音作り
二階8畳正方形勾配天井の音作り
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2018.7.1 In : 3cm厚無垢フローリング、吊り下げ式ボード、DEVIALET 200、GPD Pocket Out : CEC TL51XZ、200V→100Vダウントランス、Bow …
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

パパリウス邸訪問記

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月24日

秋のhigh speed遠征 第二日


パパリウス邸

Symphonic mpdという名前の、オーディオ再生に特化したLinuxディストリビューション の作者パパリウスさんのお宅にお邪魔させていただきました。きっかけはPhile Webです。レス欄で気の利いたコメントを頂いて以降、気になっていました。

symphonic mpdの記事はいつも活況。レスが100を超えることも珍しくなく、中には183というのもあります。過去最多は存じ上げませんがかなり多い方なのではないでしょうか。私はラズパイ/Linux勢ではありませんが勉強の為、閲覧させて頂いています。

記事化ついでにmpdとは何か調べてみました。Music Player Deamonの略でNAS+ネットワークプレイヤーの仕組みをLinux上で動かすためのLinuxプロセスのことのようです。



システムを非常にざっくり紹介。
Raspberry Pi 3 + symphonic-mpd

ES9018S ガレージメーカー製DAC(Arcadia)

SHARP 1bit AMP

DALI Helicon 400

※写真では外振りに見えますが平行法です。


ここでOSのチューニングがされていると思うと胸が熱くなります。


上流の変化にきちんと反応する素直な(オーディオの)チューニングがされていて、特に高域のキラキラした音が良く聞こえました。聞き慣れた音源で「こんな音が入っていたのか」と久しぶりに気付かされる場面もありました。

どちらが正解かは置いておくとして、音の配置、前後関係が微妙に違うのです。ある音が前に出てくる、または繋がりを感じやすい、そういう再生でした。

前半は持ち込んだ音源を。後半はパパリウスさんの普段使いの音源を聞かせて頂きました。と、ここで終われば普通のオフ会。



実は上の写真にはパパリウスさんの機器ではない物が写りこんでいます。事前の承諾を得て拙宅のゴニョゴニョを持ち込み比較させていただいたのです。

それほど作り込んでいない私のPC。クロックやらプロセスの状態をお伝えすると、出るわ出るわ(OSの)チューニングに関するアドバイスの連続。MFさんとは異なる切り口のものもあります。パパリウスさんWindows機でもそうとう作り込めるのでは?

その場で出来る範囲でいじって早速聞き比べをしました。再現性や普遍性がわからないのでどこをいじるとどう変わるとかこの場で記事にすることはできませんが、収穫の多い訪問でした。


パパリウスさん 長時間の対応と送り迎え、ありがとうございました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. high speedさん、こんばんは。

    遠路はるばるお越しいただきありがとうございました。

    拙宅にお客様をお通しするのは初めてのことで、至らない点もあったかと思います。

    機材やチューニングへの知見が豊かなhigh speedさんのお話しは大変刺激的で、あっという間の4時間でした。

    お持ちいただいたオーディオインターフェースとの比較視聴など、面白い経験をさせていただきました。
    まず最初に音量合わせをされるところなど、さすがオフ会慣れしているなぁと一人で関心しておりました(笑

    拙宅のDACは、FIDELIXのCAPRICEやAIT DACが話題になったころ(6〜7年前?)にES9018Sの音が聴きたくて、当時◯万円弱で購入したものです。

    当時はDACの支配度はアンプやスピーカーに比べて小さいものだという先入観があり、他の機材とのバランスを考えて安価なDACを選択してしまったのですが、結果的にはその選択がトラポとDACの重要性を気付かせてくれ、symphonic-mpdの開発というライフワークを得るきっかけとなりました。

    もしそこでAIT DACを購入していたら、トラポの粗をFPGAが吸収してしまい、私がI2Sトラポの探求にのめり込むことも無かったものと思います(笑

    ※参考までに、、、拙宅のDACの基板はこちらのサイトでレビューされているArcadiaDACと同一のものです。(http://innocent-key.com/wordpress/?page_id=2697)

    byパパリウス at2018-09-24 23:48

  2. パパリウスさん こんばんは

    DACの事、詳しく紹介頂きありがとうございます。リンク先の記事と同じようにオペアンプを交換されているであろう事は想像にかたくないのですが、電源部分はどうでしょうか? こちらも手を入れたり強力な外部フィルターを奢ったり。

    先入観は大事ですね。ある先入観(仮説)を持って突き詰めた先に成長が有るのだと思います。

    と大きな口を叩いておきながらちょうど今日の午前中に先入観を打ち砕かれたばかりな私でした。成長?まだ先です。課題が分かっただけ。

    オフ会でケーブルやインシュレーターの持ち込みはよく有る話ですが、機器持ち込みはなかなかやらないですよ。小さい軽いと思って持って行ったら駅の中の移動だけでも結果な運動量になりました(笑)

    byhigh speed at2018-09-25 00:45

  3. high speedさん、こんにちは。
    ご返信ありがとうございます。

    ご推察の通り、DACのオペアンプ交換と、電源ライン・I2Sラインにファインメットビーズを使ったノイズ対策をしています。
    ご指摘の通り電源部分に手を入れれば、まだ伸び代がありそうですね。

    確か午前中に埼玉のショップに立ち寄った際に、ルームチューニングの課題に気付かされた、、、ということでしたよね。
    これから左右の平行面の処理に取り組まれることと思いますが、私も勉強をさせていただきたく、レポートの公開を楽しみにしております。

    high speedさんの来訪を受け、オーディオへの取り組み方やオーディオ趣味のルーツ、現在の設定に至る経緯など、記憶から消えつつあった思い出を振り返るきっかけとなり、今この瞬間もわたしの心を揺さぶっています(笑

    機器の購入や機器配置の見直しは、半ば諦めつつあったところでしたが、拙宅の様々な制約事項の中でも工夫していけるところや、弱点をうまく補えるような機器・セッティングを探したいという欲求が湧き上がっております。

    この度は本当にありがとうございました。

    byパパリウス at2018-09-25 12:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする