みゅーふぁん
みゅーふぁん
クラシックを中心に聴いています。最近はハイレゾを聴く環境を整え中です。オーディオ環境はゆっくり改善していこうと思います。

マイルーム

壁と床のあるマイルーム
壁と床のあるマイルーム
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
壁を見ながら音楽を聴いています。 部屋は17畳なのですが、リビングに通常いるであろう人たちがいないため、うち10畳分を使って何もないスペースにスピーカーを設置しており、写真のようなリビング感のな…
所有製品
  • 音場調整材
    YAMAHA ACP-2
  • オーディオボード
    KRIPTON AB-500
  • その他オーディオ関連機器
    DENON DA-300USB
  • プリメインアンプ
    MARANTZ PM-13S1
  • スピーカーシステム
    B&W 703

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

お気に入り製品

日記

Soundgenicにエーワイ電子アナログ電源

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月15日

Soundgenic付属のACアダプターからアナログ電源に変更しました。
選択肢は、エーワイ電子アナログ電源12V3A・EIAJ4仕様とiFI-Audio 「iPurifier DC」 with Red Barrel Cable だったのですが、iPurifier DCはどこも品切れでした。今月に入ってiPurifier DC2が出ましたね。

Soundgenicとエーワイ電子アナログ電源の組み合わせに限らず、NASの電源を変えることの音質変化のレビューを見ると、解像度が増す、音数が増える、付帯音が減って音が滑らかになるというのが多いですね。いわゆる聴感上のSN比が上がるもしくはSN感がよくなるということですね。音場の透明感が増す、音像の実体感が増すというレビューはSN感がよくなった効果ですね。

実はアナログ電源導入前に「BUFFALO 簡単無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C」を使って、Soundgenicを無線LAN接続にしました。これは利便性が目的で、音が悪くなるようなら有線に戻そうと思っていたのですが、予期しない効果としてSN感がよくなりました。それまではAirMacExpressに有線接続でしたが、AirMacExpressを親機として5GHzで無線接続になりました。SN感の向上による音場の透明感、音像の実体感はクセになる気持ちよさですね。

反田恭平のシューベルトを聴いていると、ピアノの響きがダイレクトに伝わってきて心臓がドキドキするのに、アナログ電源導入でさらにSN感がよくなると一体どうなるんだろうと、ドキドキしながらエーワイ電子からの配送を待ちました。

結果はというと…

む?変わらない?
いや、うるさくなった。
そんなバカな!落ち着け俺。

とりあえずSoundgenicを持ち上げてみました。
→うるさくない。
Soundgenicを置いてみる。
→明らかに低音がうるさい。
Soundgenicの下にインシュレーターを入れてみる。
→少しよくなった。
付属ACアダプターに戻す。
→変わらない。
Soundgenicのインシュレーターを外す。
→変わらない。

分かりました。
Soundgenicとアナログ電源のトランスをつなぐコードが短いため、ラックにSoundgenicとトランスを並べて置いたので、Soundgenicのハードディスクの振動がトランスに伝わってノイズを発生させてるということですね。

アナログ電源のトランスを床に移動してトランスの下にインシュレーターを入れました。この作業は音を出しながらやっていたのですが、トランスを床に置いた瞬間、キッチンでご飯を食べていた彼女が「今、いきなり音がよくなった。音がすっとぬけた。」と呟きました。リスニング位置に戻って自分で確認するより前に解決しました。

今回のことで分かったことは、Soundgenicのハードディスクは音は気にならないが、結構振動しているということ。
→SSDモデルにするべきか?
電源の振動対策が重要なこと。
→流行りのウェルフロートを敷くべきか?
ですね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Soundgenicの足の部分のゴムパーツは小さくてちょっと固めのものなので他の重要な部分に振動が伝わることはあると思います。

    自分の場合はオーディオボードの上にアコリバのCP-4というゴム系インシュレーターを敷いて使っています。弱い接地面だと確かに音が濁るかも。オーディオボードは必須だと思います。もちろん高くないもので十分ではないかと思いますが。

    byうつみくん at2018-06-15 07:50

  2. おはようございます。まずはエーワイ電源おめでとうございます。
    HDDの振動が別の機器に影響したという事ですね、なるほど。
    うちのSoundgenicは御影石アンダーボードにカーボンインシュレーター、Soundgenicの上にTAOCと水晶インゴットです。Soundgenicと電源は別置きです。

    ウエルフロートをSoundgenicに使うとHDDが前後左右に動くので故障のリスクがあるかもしれませんね。電源には良いと思いますが、インシュレーターでも良いかと。ただSoundgenicの低価格との価格バランスも気になりますね。

    価格効果が高いのはSoundgenic二代使いでサーバーレンダラー負荷分散かも?しれません。ただハブがポイントです。

    また色々レポート期待しています。

    byYongJoon at2018-06-15 08:36

  3. みゅーふぁんさん こんにちは

    電源導入で思わぬ所が、悪影響を与えてたのが解って
    よかったと言うべきなんでしょうか?
    HDD recorderが振動するので、私は百円均一で耐震マット厚手の
    をレコーダの下に貼り付けています、耐震マットなので振動はかなり
    無くなっていると思います。ゴリゴリ言わなくなったし。
    埃がついたら洗えば再利用出来ますし、安いのでお試しになることをお勧めします。

    byrabbit_yuho at2018-06-15 08:54

  4. みゅーふぁんさん

    回転体のなかでもHDDはかなり振動しますね。いつぞやいたちょうさん宅でその振動が伝わって隣の部屋の鴨居の上から聞こえたのにはビックリしました。糸電話効果(固体振動伝達)はげにオソロシイ。

    フロートやゴム系の緩衝材は振動の遮断効果はありますが、振動が機器内にもどったり、逃げずにこもってしまったりします。やはり振動はダイレクトに抜いてやってしかも他に伝えないということが大事です。

    その方法が「アーシングメソッド」です。これをキーワードにしてコミュ内を検索すると諸氏のいろいろなアプローチが出てきます。なかなか奥深いものがあるようです。

    byベルウッド at2018-06-15 10:13

  5. うつみさん

    Soundgenicの裏側を見てみたら、確かに足の部分のゴムパーツが小さくて固めですね。ラックに入れるオーディオボードがないので、とりえず、オーディオラックの1段分をSoundgenicだけにして、様子を見ます。

    YongJoonさん

    ウェルフロートはそういう可能性もあるのですね。
    低価格との価格バランスは大事ですね。Soundgenicの魅力は低価格ですしね。サーバーレンダラー負荷分散はYongJoonさんの記事を拝見しています。いつか試してみたいとは思います。

    yuhoさん

    はじめまして。楽しい日記をいつも拝見してます。
    そうなんですよ。今回の試行錯誤で、いろいろなことが実感として分かってよかったということを伝えたかったのです。
    百均の耐震マットは、今度お店で探してみます。

    ベルウッドさん

    「アーシングメソッド」で検索してみました。奥深すぎます!
    今回、振動がどのように音質に影響を与えるかのパターンの一つが分かったので、振動対策を色々調べてみようと思います。

    byみゅーふぁん at2018-06-15 23:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする