Tatsuya
Tatsuya
はじめまして。 子供の時に大須で聴いたピュアオーディオの音が忘れられなくて、30代になりようやくオーディオを趣味とする事が出来ました。 それからと言うもの、オーディオに夢中になり納得するサウンドを…

マイルーム

マイルーム
マイルーム
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカーの配置をしょっちゅう変えてます
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

真空管による音の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月02日

純正EL34球からSvetlana EL34 (Sロゴ)に交換してみました。
球アンプは昔ギターアンプを自作した時以来で、そもそもオーディオ機器でも無く
球で音が変わるなんて事は全く考えてもいませんでした。
今ギターアンプ作ったら、線材からキャビネット材まで拘りのアンプが出来そうです。
話がズレましたが、一本あたり3千円位の球でしたが、しっかり音質の違いを感じ取る事が出来楽しかったです。
このアンプは、KT88等異なる種類の球も無調整で交換出来るので、他にも試したいですね。まあ8本マッチを用意するのは中々大変ですが。。





次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Tatsuyaさん

    球転がしに足を突っ込まれたようですね。
    それもパラプッシュのモノアンプだそうですが、これは大変です。

    パワー管は高価なので大変ですが、初段管は比較的安価で音質に与える影響も大きいので、これを転がすのが面白いと思います。

    ロシア管は癖が少ないものが多いのでそのままにして、初段管を欧州系や米国系にすると曲の雰囲気が変わって楽しめます。

    これで、底なし沼にお一人様ご案内で~す。

    byED at2018-09-04 23:12

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする