ぺぶるす
ぺぶるす
Dolby Cinema下位バージョンのナンチャラーシネマ、通称 チャラシネ環境が整いました。

マイルーム

ポン置きポン下げBGM BGV
ポン置きポン下げBGM BGV
持ち家(戸建) / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
マイルーム/簡易防音/ *スモ-ルシステム図です。 スモ-ルパワード、JBL Pebbles 他 *ラージシステム 2.2ch 図です。 いつの間にか汎用JBL 3WAYが継ぎ足し…
所有製品
  • BDプレーヤー
    PANASONIC DP-UB9000
  • BDプレーヤー
    PIONEER UDP-LX800
  • その他ポータブルオーディオ
  • その他スピーカー
    JBL PROFESSIONAL LSR308
  • その他オーディオプレーヤー
    OPPO UDP-203

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

日記

DTS:X

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月04日

アトモスだけでDTS:Xには無関心だったのでちょいっとおさらい風してみた。
苦節10年、2015年マルチディメンションオーディオ技術「DTS:X」を発表 11.1chまでサポート DTS:Xの持つ高い柔軟性と自由度、初の米国DTS:X対応タイトル「Ex Machina」。Dolby Atmos(ドルビー・アトモス)は2012年に発表。チャンネルベースからオブジェクトベースへ、ハード的なアトモス環境にソフト的に柔軟に乗っかったのがDTS:Xみたいな感じ?、、

手元にあるDTS:X音声 のソフトをネット情報を頼りに探すと以下の6枚だけ。
「クリムゾン・ピーク」2016年日本初DTS:X対応
「ジェイソン・ボーン」
「キング・オブ・エジプト」
「ジュラシック・ワールド/炎の王国」
「ファントム・スレッド」
「ラスト・ウィッチ・ハンター」

ハリー・ポッター、ワイルド・スピード等DTS:Xで再発のタイトルもボツボツですけど、DVD、BDからの買い替えするほどでもないのでこの先も購入したものがDTS:Xであれば、ああそうなんだぐらいだろう。

先行して3D音響構築された方達はハード、ソフト等だいぶ苦労されたようですが後発組としてはトップ(天井)SP取付にちょっと悩むだけでAVプリ等の選択で考慮するのは価格帯だけでした。

新型発売によるディスコン価格で4月入手の初AVプリIntegra DRC-R1(発売日2016/9/下旬、製品サイクル短いですね)はシンプルな構成でセッティングも楽々で、この先高性能DSPがこなれてくると各機種より良くなるのかも、でも今の各社筐体の大きさにはうんざりです、せめて2Uサイズですね。

3D音響インプレとしてはAVプリにリスニングモードプリセットがありお気楽なドルビーサラウンドかNeural:X、でも楽しめるし、ストレートデコードはどうかというとやはりソフト次第で同一ソフトでもシーンに応じて良し悪しの感じは気まぐれであるようで好みのセッティングで楽しめれば概ね吉かと。
SP配置的にはサラウンドバック2台追加の予定で物足りなさは少し解消するかもです、6.2.4化。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. DTS:XとAuro3D 何時の間にやらタッグを組んでいた・・・ と、言うか吸収。

     案外しっかりとりルール付けをしてるAtmosに比べ いい加減さ(良い意味で・・)が売りだったDTS:X。   いつもはDTSが後出しで 美味しいところをかっ拐って行くのが常套手段だったものが 今回ばかりは不発に終わっていますね。 経営的にも・・・ (T_T)

     BD登場から圧倒的に有利だったDTS。 しかし3D音場ではDOLBYに逆転されてしまいましたね。  確かにマイコレでもAtmosは増加傾向だが:Xはなかなか増えません。 実際にタイトル数も少ないですしね(-_-;)   

     ヤマハを使い出して知ったDTSの縛り! イヤぁー 大人気ないよな~と思いながらも 背に腹は代えられない事情があるんだろうな~と(笑) 

     システムが落ち着きソーなので ソフトを漁り中!  DTS:X盤を見つけるとニヤッ!として仕舞う昨今。  

    byアコスの住人 at2019-09-04 09:30

  2. アコスさん、こんばんは。

    システムの調子安定したようでなによりです。
    今予約待ちしているのはアリータ:バトル・エンジェル 4Kです、監督はQ・タランティーノの盟友ロバート・ロドリゲス。DTS-HD Master Audioの音声はドルビーTrueHDよりやや厚みと上下の伸びがありソフトの内容によっては時には出過ぎな感もありますので
    中庸のTrueHDが物足りなくなることもあります。

    byぺぶるす at2019-09-04 21:13

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする