ぺぶるす
ぺぶるす
Dolby Cinema下位バージョンのナンチャラー?シネマ、通称 チャラ?シネ環境が整いました。

マイルーム

気楽にBGM・ BGV
気楽にBGM・ BGV
持ち家(戸建) / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
自作サウンドスクリーンで2組のDOLBY ATMOS for Homeしています、主にプロジェクター EPSON EH-LS10500使用。   * ラージ・メイン(Dolby Atmo…
所有製品
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC K-01X
  • BDプレーヤー
    PANASONIC DP-UB9000
  • BDプレーヤー
    PIONEER UDP-LX800
  • その他ポータブルオーディオ
  • SXRDプロジェクター

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

廃番に

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月06日

パワーアンプの調子がイマイチなので何気にヒビノのサイト覗いていたら身近なニュースが、現用品の気になる項目が取扱完了品のページに。2インチコンプレッション・ドライバーと大型ホーンの組合せが
JBLのラインアップからほぼ消える日が来たんだなと、、ネオジムの1988年発売2450Jは残る。
まあ、2010年シネマスピーカー5742等がシリーズ化した時から解っていたことで8インチCMCD(Cone Midrange Compression Driver)やらイメージコントロールウェーブガイドやら小型軽量広ダイナミックレンジ化はデジタルソースを見据えたものだし、
コンプレッション・ドライバーは1.5インチスロートになり2つのコンプレッションドライバーを単一の筐体に結合したD2デュアルドライバー、ウェーブガイドが常用になっている。小・中型パワードを使用しているとその恩恵の幾つかは受けているわけでその内オールワイヤレス化すると聞き専には悩むことなど無くなりそう、、と今となっては大時代的なシステムの持ち主がつぶやいてみる。

廃番になったものたち

1993年発売スロート径38mm 
●2447H 在庫限り
●2447J ※メーカー生産完了品

1992年発売スロート径49mm
●2446H ※メーカー生産完了品
●2446J ※メーカー生産完了品

1986年発売スロート径 25mm/49mm ホーン
2370A/2380A/2382A/2385A ※メーカー生産完了品

2360A+2446H (現用・中高域用)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ぺぶるす さん、こんばんは。

    重量のあるフェライトを使ったユニットが無くなるようですね。
    ネオジウム磁石の2450Jが残るので一安心。

    しかし最近のホーンはショートばかりで物足りない(-_-;

    byVOTTA7 at2019-12-06 22:59

  2. VOTTA7 さん、こんばんは。

    以前2446か2450かで迷いましたがjazz系多めで2446に、クラ系だと
    2450でしょうか。
    ちなみに、交換用は
    D8R2450 ■ダイアフラム 2446H/2447H/2450H/2451H用
    D16R2450■ダイアフラム、2446J/2447J/2450J用になってます。

    Altec Lansing の流れのなかで現JBLはウェーブガイド理論にもとずくものにシフトしたようですが一聴するとこれがナカナカいいんですよね。

    byぺぶるす at2019-12-07 00:09

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする