ぺぶるす
ぺぶるす
Dolby Cinema下位バージョンのナンチャラー?シネマ、通称 チャラ?シネ環境が整いました。

マイルーム

気楽にBGM・ BGV
気楽にBGM・ BGV
持ち家(戸建) / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
 2組のDOLBY ATMOS for Home 6.0.4です クラシック、ロック系は苦手ですが、広く浅く気になったり気にいったりしたソフトなど晒していきます。 お気に入りに…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

DDからBDに

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月26日

DenonのD.Dユニット、サーボが同時期にいかれて処分する事に、DP-7000、DP-6000共に中古入手の個体だけど調べると1976年発売の同級生ならではですね。ここ十数年レコードをかけることもなくスイッチオンして回転を確認して針先をコシコシしてガサガサ音を出すだけの未だ大丈夫確認法でこなしてきた。カートリッジも1本しかなくてそれに合わせたレコードプレーヤーを探したところ丁度いい具合に1台あるじゃないですかほぼ専用アーム風搭載で、ポン置き派としては即決ものでした。今更アナログプレイヤーなんてったって再生機器を必要としているソフトがあるうちはないとねー、只音が出るだけで充分なんですが、LD、VCD、カセット、VHSこれ等の再生機も10年近く確認していないような。
今回入手したのはこちら。
プロジェクト Pro-Ject XTENSION12RS/BK 
ミドルクラスの価格製品としては申し分ない、縁のない単体100万円超がハイエンド品と心得ている者の言い草ですけど。
調整に手間取るのかと思いきや高域のサーノイズも ハウリングマージンもポン置きで問題なくクリアーであっさりしたものだ。マグネットフローティングベースと9kgのダンプされたプラッターが効いているようだ。
ヨレヨレのSPU GEで音出し確認、ヴォーカルはヘレン・メリルのアントニオの唄(PAP-9246)これはOK、ハンプトン・ホーズとチャーリー・ヘイデン(GXP-6006)でピアノとベースの再生困難、高カッティングレベル盤、この手はダメダメです、同曲CDではAs Long As There's Music で未発表テイクも聴けますが音源はどうあれチャーリー・ヘイデンのベースの再生は超ムズです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ぺぶるすさん、

    新しいアナログプレーヤー導入おめでとうございます。

    DENONはどこがおかしくなっちゃったんでしょうかねぇ。
    新しいプレーヤーはDENONと比較していかがですか?

    ひとつ気になったことがあって…
    最初の写真なんですが、この感じだとアームのオーバーハングが足りないような気がするのですがいかがでしょうか?
    このモデルのことをよく知らないのですがアームの取り付け位置の調整でオーバーハングを変えられるのでは?
    何分にも角度が付いた位置からの写真なので私の目の錯覚の可能性がありますが…

    もしかしてダイレクトカット盤再生の問題に関係ないかなと気になりました。
    私の勘違いでしたらゴメンナサイ。

    byK&K at2020-05-26 17:02

  2. K&Kさん こんばんは。

    モータの駆動・制御回路のエキスパートの方からすると何故手離すのか合点がいかないのでしょう、メンテに出すことも考えましたが
    最新のプレイヤーも実感してみたくて購入する事にしました。元々オルトフォンRMG-309一筋で使用していましたからXTENSION12RSはロングアーム付きでピッタリだった訳です。アームの疑問についてはメーカーの職人がキッチリと組み上げているので触れないようにと注意書きありましたのでご理解ください。全て組みあがった状態で頑丈なチップボード箱で運送屋二人がかりで届きました。
    DENONとの比較ですが元の置き場所に同じ条件でポン置きしましたがハウリングは出ませんでした、発生する前にサーノイズが少し目立ってしまいます、ゲイン調整でSNも聴感上DENONよりずっと良いです。
    ダイレクトカット盤再生についてはピアノは問題なく鳴ります、ベースについても上手く鳴らせるだろうと余裕の構えでしたが惨敗でした、チャーリー・ヘイデンの少し緩めの調弦と小さくふわふわした剛性感のない手から生み出されてるのかなーと漠然と思ったりしています、彼の他の色んな音源を聴いてきた限りでは低弦の録音された出音はボワボワと掴みどころがなくこれで決まりと正解の見出せないものが多いようです、K&Kも挑戦されて下さい。

    byぺぶるす at2020-05-26 23:54

  3. ぺぶるすさん、

    私の勘違いでしたね。大変失礼いたしました。

    Pro-Ject XTENSION12RS/BKについて確認いたしました。
    これはOrtofonのダイナミックバランス型のトーンアームを標準装備ですからSPUGEとはベストマッチなのですね。

    プラッターのマグネットによる重量緩和策に加えてシャーシーフットもマグネフロートとは…すごい構造。
    100万円超のプレーヤーにもなかなか見られない凝ったもののように思います。
    シンプルで美しい佇まいでカートリッジと共に永く寄り添えそうな一品ですね。

    ウチのお遊びのアナログでは女性ヴォーカルがメインでピアノは怖いのでなるべく聴かないようにしています。(笑)
    アームのダンピング機構のおかげでベースは比較的得意そうに思いますが、ダイレクトカッティング盤なんてお宝は私にはとても手がだせそうにありません。

    byK&K at2020-05-27 01:34

  4. ぺぶるすさん、

    Pro-Ject XTENSION12RS/BKの導入おめでとうございます。
    私もK&Kさんと同じようにオーバーハングが短すぎるように見えたので、カタログで確認しました。このアームの記述は興味深いですね。

    有効長 : 311mm (SPU使用時 : 315mm)となっています。
    GシェルのSPUの時は4mmも長く有効長を取るように設計されているようです。私には理由が分かりません。

    そこで、SPU-GEを調べてみると、SPUシリーズのデータシートに以下の記述があります。
    https://www.ortofon.com/media/150593/ortofon-spu-series-datasheet.pdf

    When antiskating adjustment is possible, we recommend a 50% higher value, when using
    SPU-cartridges with the Ortofon Replicant stylus, compared to normal setting at recommended tracking force.
    SPUシリーズでアンチスケーティングを使用する場合は、推奨値の50%増しとせよ、とのこと。

    私はSPU-AEを所有していますが、常用していないこともあり、このようなことは知りませんでした。SPUユーザーであれば常識なのでしょうか? 

    byのびー at2020-05-27 06:54

  5. K&Kさん、 こんにちは。

    此方にもライナーをよく読むと 勘違いを訂正してお詫びする箇所がありました、ダイレクトカット盤ではなくカッティングレベルを通常より髙めて重量も155gと重くした盤というものでオクで¥1000前後でした。最終的な聴感上のバランスは女性ヴォーカルで決めていまして低域は出ないものは出ない、鳴ら(せ)ないものは鳴ら(せ)ないと割り切るようにしています、そういう判断をさせる盤のようです。

    byぺぶるす at2020-05-27 10:28

  6. のびーさん、こんにちは。

    レスありがとうございます。お二人からの思いもしないご指摘でしたので旧RMG-309のセッティング用ゲージを当てた所スピンドルとアームベースセンターとピッタリでしたのでオーバーハングは問題ないとおもいます、アームにはシェルが付属しており他のカートリッジを使用する場合取付位置をビスで調整する仕様のようです。針圧も未だ調整中で決まらず、アンチスケーティングについては針圧の半分前後で少なめの量にしています、今のところヴォーカルの定位もいいですしトレース中の状態を目視していてもどちらかに偏るふうも無いというかわかりません。旧RMG-309にはこういう仕組みはないですからゼロか幾らかは使い続けるうちに最適値を求めることになるのでしょうか。旧RMG-309でヴォーカルが必ずちょっと右だけに偏って聞こえまた戻るとか経験したことがありアンチスケーティングはその改善策なのかもしれません。

    byぺぶるす at2020-05-27 10:38

  7. K&Kさん、こんばんは。

    最初のレスの最後の方に敬称<さん>が抜けていまして申し訳ありません。K&Kさんも挑戦されて下さい。にお詫びして訂正いたします。

    byぺぶるす at2020-05-27 21:20

  8. ぺぶるすさん、こんばんは。

    Pro-Jectのターンテーブルにオルトフォンのダイナミックバランスのアームの組み合わせはいいですねー。

    ユニバーサルアームなら取り合えずSPUは装着できますがアンチスケーティングは3gまでしかないので適正値だけでも難しいです。

    byVOTTA7 at2020-05-27 22:19

  9. VOTTA7さん こんばんは。

    ほぼ完全放置していたアナログですが新しいプレイヤーを入手することになるとは!未だ2枚しか視聴していませんがイイ感じで音出し出来そうです、付属のアームのアンチスケーティング量(0~5)は針圧と同じを推奨していますが適正値があるとすればこれからですね。

    byぺぶるす at2020-05-28 00:11

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする