ぺぶるす
ぺぶるす
Dolby Cinema下位バージョンのナンチャラー?シネマ、通称 チャラ?シネ環境が整いました。

マイルーム

気楽にBGM・ BGV
気楽にBGM・ BGV
持ち家(戸建) / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
 2組のDOLBY ATMOS for Home  * チャラ?シネ・システム(Dolby Atmos 6.0.4) PIONEER UDP-LX800➡AVプリIntegra DRC…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

調整終了

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月01日

30日去年より1日早く梅雨入りしました、湿気払い用に小野リサのジャパニーズソングブック・ボサノバ風味をBGMとして棚だしです。
前回の通り雨的駆け足調整から土日じっくり調整に明け暮れました。
アナログプレーヤーPro-Ject XTENSION 12RS/BK の調整に用意したものたち、ベルドリームの針圧計BD-DS10(0.001g)、アンチスケーティングには片面プレスのAlbert Ayler/ Bellsのblank 面。前回、直付けだったシェルコネクター部にゴムリングを入れ水平バランスの取り直し、ウエイトを固定すると都度ずれるので何度もやり直し漸く針圧調整に、つまみに目印を付けて左右に回し指先に感を覚えさせジッと我慢の繰り返しで得たのが画像の数値。
アンチスケーティングは0~5までの間でブランク面を飽きるまで滑らして滑り出すまでの間に快適値みたいなものがありそこに決めました、自分の身体リズムに合うというかオカルト値ですね。

CD・LP同じ曲を聴き比べましたがCDにはクリアーでセパレーションの良さ、アナログには弾むような力強さ時に複雑に混じり合う響きを感じました、アナログ畏るべしです。現CDプレーヤーMARANTZ
SA-11S3の買い替えを思い浮かべました、気楽にBGMのグレードアップ悩ましいですね。
かけた曲
1曲目Irene/アイリーン
1曲目Haitian Fight Song/ハイチャン・ファイト・ソング
1曲目Bra Joe From Kilimanjaro以下/ブラ・ジョー・フロム・キリマンジャロ
調整終了と共に特に聞いてみたいLPタイトルが無い問題をどうしようかな、、

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする