コージー
コージー
京都市在住で、オーディオをはじめたばかりの新参者です。 6畳ほどの専用室でニアフィールドリスニングの究極形をめざして奮闘中です。気楽に音楽をと考え、エソテリックRZ-1とタンノイ・Precision…

マイルーム

よりよいニアフィールドリスニングをめざして
よりよいニアフィールドリスニングをめざして
邦楽・洋楽のヴォーカルものをよく聞きますので、それに特化しすぎた構成かもしれません。クラシックなども作業用に聴きますが。。。。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

LAN接続を見直してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月19日



ハイレゾの音源で高音が刺さるものがあったということで、その対策としてパナソニックのUSBコンディショナーを使用して失敗したというのを前回の日記に書きました。

パナソニックの名誉のために言っておけば、おそらくノイズのことなど考えていないパソコンなどを使っている場合は効果ありだと思います。ノイズ対策のしっかりしている機材に使用するとマイナスの方が大きくなるというだけです。

いずれにせよ、ハイレゾのノイズ対策を再度講じねばということになり、いろいろ試した中で、非常に効果があったのがアコリバのRLI-1GB-TRIPLE-Cでした。結局、貸出品を二個も買い取ってしまいました。

私はオーディオルームのネットワーク回線を無線LANで構築しており、バッファローの中継器で有線化してフィダータに接続していました。

ハイレゾデータはこの中継器を通じてフィダータに蓄積されていたわけです。しかし、よく考えてみれば(皆さまには当然のことなのでしょうが)いくらネットワークプレーヤーやNASを高品質のものに変えても、この中継器には全くノイズ対策がなされていなかったのです。水瓶をいくら高価なものにしても、蛇口がさびていれば、赤茶けた水しか溜まりません。

そこで中継器にRLI-1GB-TRIPLE-Cを取り付けて、刺さる曲のハイレゾデータをダウンロードしてみたところ、少し刺さりが軽減され、声に艶が出てきました。これはよいと思ったところ、アコリバはやってくれます。一台しか貸し出しをお願いしていないのに、RLI-1GB-TRIPLE-Cが二個も貸し出し袋に入っていたのです。まんまと術中にはまったということでしょうかね。

せっかくだからとNAS側にも設置して、入り口と出口の双方にRLI-1GB-TRIPLE-Cを付けて、再度ハイレゾをダウンロードしてみました。

すると・・・・高音の刺さりが大幅に減少し、声の艶やかさが大幅に増加していたのです。曲全体がまろやかになり、よりアナログライクになりました。

私の試行錯誤した中では一番ハイレゾの高音質化に寄与したアクセサリーであると思います。
ネットワークオーディオはまだまだ経験知の蓄積が少ないので、発見が多いですね。そのうちオーディオグレードの中継器なども現れるかもしれませんが、当分は試行錯誤の日々です。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. コージーさん こんばんは

    いろいろ試されているようですね。
    うちはネットワークオーディオのみで比較対象がないのでなんとも言えないですが、データを扱う環境で音が変わるのを体感した事がありません。違いが分からないだけなのかもしれませんが…
    ただし、LANケーブルだけはかなりの変化なのでこだわっています。
    出来ましたらこの辺りの事を話しをしてみたいと思います。

    byタルガ at2018-09-20 00:16

  2. こんにちは。

    中継器をACアダプタタイプにし、ACアダプタをアナログ電源や、iFiのローノイズタイプにすると更に有線LANに入るノイズが減って高音質化が可能になります。

    RLI-1GB-TRIPLE-Cとの併用で更に良くなります。うちでも別のLANノイズフィルターで確認しました。

    (1)ノイズをださない
    (2)入ったノイズをフィルターする。
    の併用です。

    (3)ネットプレーヤの受信LAN信号部分を、高性能クロック オーディオ専用ハブ経由にすると更に良くなります。

    ご参考まで。

    byYongJoon at2018-09-20 05:11

  3. コンセント直刺しのWifiルーターというのが、ちょっとぞっとしませんね。そこから有線でオーディオ機器につなぐというのは見ただけでもノイズまみれという先入観が拭えません。

    LANのノイズフィルターの効果は確かにありますね。こちらは逆にOA用の安価で一般的なもので十分効果があると思います。

    ところで、ストレージされたファイルの音が変わるのでしょうか?

    A. 変わる。すべてリッピングし直しだぁ!
    B.ノイズ対策したら以前リッピングしたファイルも音が良くなった。いままでは何だったんだぁ!

    実際にNAS周りのノイズ対策をされてみて、上記AorBのいずれでしょうか?


    デジタルファイルは生まれ落ちの良し悪しで一生が決まる。リッピング条件が悪ければ、コピーをしても何をしても悪いものは悪い。本当にそうなんだろうか???というのが、私の現在の疑問というか悩みです。

    byベルウッド at2018-09-20 10:20

  4. タルガ様
    LANケーブルで音が変わるというのは私は実感としてはありますし、それは何故だと言われても難しいですよね。送信データのバイナリーをいくら調べても変化はない。
    私見では、二通り考えられると思います。一つはハイレゾデータそのものが良質化するということです。https://allabout.co.jp/gm/gc/463798/の岡田説が正しければ、バイナリーが同じだから音質も同じとは言えないということになりますので、閾値内のノイズ除去にアコリバのRLI-1GB-TRIPLE-Cが寄与したと考えられます。
    もう一つはLANケーブルを通じてコンセントやネットワークケーブルからのノイズがオーディオ機器のアナログ部に悪影響を与えていたが、アコリバのRLI-1GB-TRIPLE-Cがそこを遮断したとも考えられます。実際、懇意のショップでハブの良否で音質が決まる実験をして見事に変わりましたので、たぶん電源やネット接続由来のノイズが与えるアナログ部の問題は大きいだろうと考えています。

    YongJoon さま
    見かけの問題で、コンセント一体型はすっきりしているのでやっていましたが、アコリバによる改善を目の当たりにしたので、電源部分離によるハイレゾ高音質化を進めてみたいと思います。ルーターはオーディオグレードがないので音質的に大きな要因とはならないと高をくくっておりました。。。勉強になりました。

    ベルウッドさま
    フィダータやデラのよいところは、ハブが不要にでき、さらにCDのリッピングも直接プレーヤーを接続して行えるという点にあります。ラトックシステムのケースに入れたパイオニアのBDプレーヤーをクリプトンのUC-HRの50センチ版で直接つないでリッピングしましたから、CDは高音質でフィダータに蓄積されており、そこから直接LANケーブルを通じてネットワークプレーヤーに接続しているので、リッピング音源に関してはルーター環境の良否には左右されていません。ハイレゾのみ、ダウンロードしていましたのでルーターとLANケーブルを通じてフィダータに蓄積されていきます。ですから、音質が変化したのはハイレゾを中心とするもので、ハイレゾはすべてダウンロードしなおしました。つまるところ音質が向上していたわけです。リッピングデータもルーターを通じて行うというなら全部ダウンロードしなおしになるでしょうね。

    byコージー at2018-09-21 15:24

  5. コージー様

    回答ありがとうございました。

    リッピングは無関係として、つまりはB.「デジタルファイルは(アナログと同様)生まれ落ちの良し悪しで一生が決まる」ということですね。

    つまり、ダウンロードファイルは、全部、買い直し…ということになります。人によってPC/ネットワーク環境が違うので、同じ音源でもそれぞれに音質レベルが違うということにもなります。かなり深刻なお話しですね。

    byベルウッド at2018-09-21 15:42

  6. ベルウッド様

    買いなおしとなると大変ですが、イーオンキョーなら10回までダウンロード可能ですし、ダウンロードファイルは他のクラウドなどにバックアップ兼ねて保存しておいて、ネットワークを良好化させてからナスに移してもよいかと思います。それなら金銭的に大きな問題にはなりにくいです。

    byコージー at2018-09-21 17:47

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする